FC2ブログ

ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

SHELLY 2

Category: 1/12 BMW R80G/S   Tagged: パリダカ  R80G/S  BMW  1/12  タミヤ  
黒バックで写真を撮ってみました。

BMW R80G/S 

全体を見るとこんな感じです。
展示台を作るのにあたって考えたのは、躍動感を強調したいなってコトでした。
なので、展示台は極力小さく、展示台からバイクが飛び出しているようなレイアウトにしました。

いつも使っている四角い台ではちょっとつまらないので、東急ハンズで買ってきた
木の枝を斜めにカットしたものを基礎とし、その上に地形を作ります。
スタイロフォームで大まかな地形を削り出し、木の枝に木工ボンドで接着して、その上から
「ふわらいとプライム」という粘土を盛り付けます。

BMW R80G/S 風紋 

砂漠の表面には竹べらで風紋を彫り込みます。
この時どうしても風紋の溝の両側に、めくれ上がった粘土の盛り上がりが出来てしまいますが、
指に水を付けて表面をなでてやると、きれいになじんでくれます。

で、一番悩んだのは砂煙をどう表現するかでした。
埃や煙をディオラマで表現するには、ふつう綿を使いますが、なんか綿以外で出来ないかと
いろいろ考えましたが、どうにも思いつきません。
そんなとき仕事で使いかけの「ふわらいとプライム」を使おうとしました。
水分が飛ばないようラップでくるんで袋に入れて保管していたのですが、かなり水分が飛んでいて
ちぎろうとしても粘りがなくペキッと割れてしまうような状態でした。
その割れた断面!
モコモコした感じやギザギザした感じがとてもいいじゃない!
これだよ、これ。これが欲しかったの!
これ砂煙になる!
一度にこんな形状には出来ないので、いくつかの塊にちぎってそれを組み合わせ
舞い上がる砂煙にみえるよう形を整えます。
塊どうしの接着は、くっつけたい部分に水を付けてこすり合わせてやると、粘土が溶け出し
くっついてくれます。

BMW R80G/S  

バイクの後輪は回転しないよう瞬間接着剤で固定して、タイヤとホイールに2ミリの銅線を
打ち込んで、展示台に固定しています。

BMW R80G/S フレーム 

かなり製作が進んだ段階で、フレームに1カ所パーティングラインの消し忘れを発見しました。
しもたあ!
今更削って塗って汚してなんて面倒なので、そのままです。
ま、言わにゃあ分るめえ。

BMW R80G/S ライダー 

ライダーのフィギュアですが、さすがにこのサイズになると塗りやすいですね。
顔の大部分はフェイスガードやゴーグルで隠れてしまうので、目さえしっかり描き込めれば
OKです。
西洋人っぽくするため、瞳はブルーグレーで塗り、瞳孔とアイキャッチまで描き込みました。

BMW R80G/S  

デカール作業になってトラブル発生!
30年以上前の古いキットなので、予想はしてましたが割れちゃうんですね、これが。
タンク後部の3色ストライプから始めたのですが、タンクの表面で位置を調整しているときに
デカールが3つに割れてしまいました。
どうにかつなぎ合わせてごまかしましたが、こんな調子ではマルボロのロゴなんか
絶対割れちゃうぞ。
ましてやライダースーツに貼るスポンサーロゴなんて粉々になっちゃうぞ。

こういうときにはマイクロスケール社のリキッドデカールフィルムの出番です。
おじさんは持ってなかったので、ネットで買おうと調べてみたら、地元岐阜市の模型店
ビッグマンにも在庫があり、早速買ってきて使いました。
いいですね、これ。
水に浸す前のデカールにひと塗りすれば、もとのデカールの上に薄いデカールの膜が形成され、
割れる心配なく安心して作業を進められます。
ただ、元のデカールよりやや硬めになるので、曲面に貼るにはマークソフターが要ります。
それでも軟化しない場合は、ドライヤーの温風を10秒ほど当ててやるとシナッと柔らかくなり
ディテールにもなじんでくれます。

BMW R80G/S ライダー 

デカールの印刷面ギリギリでカットして貼りますが、腕のマルボロのロゴは関節の曲げ具合に
合わせて一文字ずつカットして貼っています。

フィギュアの塗装ですが、基本の白、肩の赤、ポーチの青を塗り分けてデカールを貼ったら、
影色としてスモークグレーを体の下方向から吹いて、スーツのしわを強調します。
その上からクレオスのMr.ウェザリングカラーステインブラックを、薄く溶いて全体に塗り、
軽くティッシュで拭き取り凹部に残るようにします。
これで全体に薄汚れた感じになりました。
さらに、Mr.ウェザリングカラーサンディウォッシュを筆に取り、足回りを中心に
エアブラシのエアーを吹き付けて、泥が飛んだ様子を再現します。
仕上げにタミヤアクリルのデザートイエローを全体にうっすら吹いて、
埃をかぶったようにします。
バイク本体のウェザリングも、ほぼ同じことをやっています。

今回、何枚も写真を撮りましたが、お気に入りの4枚をご紹介して終わりにします。

BMW R80G/S 

BMW R80G/S 

BMW R80G/S 

BMW R80G/S 

それでは、また!
次は、M1070&M1000重装備運搬車に戻ろうかな。


スポンサーサイト

SHELLY 1

Category: 1/12 BMW R80G/S   Tagged: 1/12  BMW  R80G/S  パリダカ  
えーっ、びっくり!
9月から更新していませんでした。
そんなに長いことご無沙汰してたんですね。
そういえば、明けましておめでとうのイラストも載せてなかったし。(笑)

久しぶりに模型の完成品が出来ました。
こいつです。

タミヤ 1/12 BMW R80G/S 

タミヤ 1/12  BMW R80G/S パリダカ仕様。
いやあ、カッコいいですね、我ながら。

え?AFVじゃないの?
そうなんです。
実は今年の池田迷作会の展示会のテーマが「バイク」なんです。
おじさん、バイクも飛行機も嫌いじゃないので、カッコいいと思ったらつい買っちゃうんですね。
このキットは30年以上前に一目惚れして買ったものです。
30年熟成してようやく日の目を見ました。(笑)

タミヤ 1/12 BMW R80G/S 

今回は途中写真は無しで、いきなりの完成披露です。
正直、途中写真撮るのが面倒だったから。
それに、おじさんバイクは専門じゃないので、もしかしたら未完成の恐れがあったもんで。

タミヤ 1/12 BMW R80G/S タンク 

というのは、マルボロレッドの塗り分けがうまく出来るか、自信なかったんすよ。
マスキングテープは直線が簡単に出せるけど、塗料の染み出しの恐れがあるし、マスキングゾルは
確実だけど、直線をきれいにカットするのは難しいしで、さんざん悩みました。
結局、マスキングテープを使いましたが、見事に大失敗!
ライダーのヘルメットも合わせて10カ所以上でマルボロレッドが染み出してしまいました。
心折れそうです。
一旦塗装を全部落として塗り直しも考えましたが、ここまでの作業を無駄にしたくなかったので、
染み出した部分を耐水ペーパーで丁寧に落として、それでも落としきれない部分は、
レッドの部分を今度はマスキングゾルでマスキングして、ホワイトを吹いてなんとか
リカバリーしました。
完成すれば失敗は全然分かりません。
最初っからマスキングゾルを使えば良かったわい。

タミヤ 1/12 BMW R80G/S ストーンガード 

ストレート組みでいくつもりで始めたのですが、気になる部分は結局手を入れてしまいました。
ヘッドライトのストーンガードは、真鍮線と真鍮メッシュで作り直しました。
真鍮線を真円に曲げるのが難しいかと思いましたが、サインペンの軸に押しつけて曲げたら、
案外簡単にできました。
カウルの右下の塗装が少し欠けてるのが分かります?
実はウェザリングの作業中、手を滑らせて落としちゃったんです。
でもここは、実車でも小石が飛んで傷が付きやすそうな場所なので、かえってリアルかと思い
そのままです。(笑)

タミヤ 1/12 BMW R80G/S エアフィルター 

エアフィルターはキットの仕様では、円筒形のクリアパーツの周りにドット柄のデカールを
貼って表現するのですが、エッチングパーツを巻いてみました。
何か使えるモノはないかとジャンク箱をあさったところ、タミヤ 1/35Ⅲ号突撃砲の
使わなかったエッチングパーツが奇跡的にジャストフィット!
実車とパターンは違うかもしれませんが、デカールよりずっとカッコいいっす。

タミヤ 1/12 BMW R80G/S フロントフェンダー 

フロントフェンダーの内側に四角い穴が開いてますが、キットの箱絵を見ると、
ここにはメッシュが貼ってあるようなので、真鍮メッシュを貼っておきます。

タミヤ 1/12 BMW R80G/S ボトル 

車体フレーム後部に赤いボトルがくくりつけてありますが、取り付けベルトのモールドを
削り落とし、両面テープを貼った黒い紙のベルトに置き替えます。
これ、いったい何のボトルなんですかね?

タミヤ 1/12 BMW R80G/S タンク 

キット付属のビニールチューブはいかにも太すぎるので、モデラーズのプラグコードに
換えました。
フロントフォークの取り付け部分には、ちゃんと穴を開けて通してますよ。

タミヤ 1/12 BMW R80G/S 背中 

ライダーにもちょっと手を入れてます。
キットでは背中と胸のゼッケンはデカールが用意してありますが、フィギュア本体には
ゼッケンのモールドはありません。
なので、0.5ミリの鉛板をゼッケンの大きさに切り出して、瞬間接着剤で貼ってあります。
ゴーグルのストラップは、両面テープを貼った黒い紙にデカールを貼ったものです。
あ、それからね、キットの説明書では、ヘルメット後部のプレイボーイのロゴを
指示し忘れてます。
このキットを作る人は、ここにプレイボーイのロゴを貼るのを忘れないようにね。

タミヤ 1/12 BMW R80G/S ライダー 

ゴーグルには塩ビ板でレンズを入れました。
塩ビ板は力ずくで曲げると白く曇ってしまいます。
どうやって作ろうか悩みましたが、まず塩ビ板を曲げることにしました。
レンズより大きめの長方形に切り出した塩ビ板を、ゴーグルパーツの曲率に近い円筒形のもの
(今回はペットボトルのキャップ)にテープで巻き付けて、熱いお湯に5秒ほど漬けます。
面白いくらい簡単にアールを付けることができました。
これをゴーグルパーツにあてがって、油性サインペンでレンズの形状を写し取り、ニッパーと
カッターと棒ヤスリでカタチにしました。
ゴーグル本体もそのままでは顔にフィットしないので、おでこと鼻のあたる内側部分を
少し削るといいです。

タミヤ 1/12 BMW R80G/S 

この作品、タイトルを「シェリー」としました。
そう聞いて、
「ああ、ふんふん。」
と頷いた方は、おじさんと同世代です。
80年代に青春時代を過ごしたおじさんたちには「パリダカ」と言えば、
どうしたって尾崎豊の「シェリー」が流れるカップヌードルのCMが、脳裏に焼き付いています。
あんなにカッコよく、ちょっとジーンとくるCMは、今ではあまりお目にかかりません。
70年代や80年代のサントリーやJR東海のCMには、名作がいっぱいありましたよねえ。



フェイバリットブックス3

Category: 読書  
デビル500応答せず スティーブン・クーンツ  冴木淳 訳
講談社文庫

 
久々のフェイバリットブックス、おじさんのお気に入りの本の紹介です。

デビル500応答せず 

デビル500(ファイブ・オー・オー)応答せず
原題 FLIGHT OF THE INTRUDER

この小説が出版されたのは87年、もう30年以上前なので本屋では流通していませんが、
古本ならアマゾンで100円くらいで買えます。
もっとも、送料が250円かかりますが。(笑)

この本はその後、「イントルーダー 怒りの翼」というタイトルで映画化されましたが、
2時間程度に収めねばならない映画の宿命、原作の素晴らしさは表現し切れていない
といった印象でした。
また、小説のほうはシリーズ化され、主人公ジェイク・グラフトンが活躍する本が
何冊も出版されましたが、おじさんは第一作のこの本が一番好きです。

さてこの物語、何がいいと言って、まずは圧倒的な面白さ。
出だしから緊張感あふれる爆撃任務の描写にぐいぐい引き込まれ、気がつけば
読んでいる自分も空母航空団の一員になったような錯覚がしてきます。
もう一つは軍事的興味を満足させてくれる点です。
何しろ作者クーンツは、ベトナム戦争にも参加した元海軍のイントルーダー乗り。
自身の経験を基に書いているので、コックピット内の描写、飛行隊の運用、軍事用語や
スラングなど、想像や取材だけでは書けない具体性があり、
「へえ、そんなふうになってるんだ。」
と思わせる空母航空団の仕組みや日常が綿密に描かれ、アメリカ海軍機ファンは必読です。

ベトナム戦争が泥沼化していた1972年。
A-6イントルーダーのパイロット、ジェイク・グラフトンは、無意味とも思える任務の最中
被弾し、相棒の爆撃航法士モーガンを喪う。
親友の戦死によって、彼の心に以前からわだかまっていた疑問が大きく膨らむ。
北ベトナムにはもっと重要な軍事目標があるのに、なぜ俺たちは無意味な目標を
破壊するために命を賭けねばならないのか?
やがてジェイクは新しい相棒コールと共に、命令を無視して密かに単独でハノイへ空爆に向かう。

とこう書くと、ハリウッド映画によく出てくる、好戦的でスタンドプレーの好きな
マッチョマンが活躍するお気楽アクション小説のように聞こえますが、
そんなことは全然ありません。

がんじがらめの軍隊という組織の一員として、矛盾に満ちた戦争を戦い、
任務のために人を殺す自己嫌悪にさいなまれ、仲間を失う苦痛に耐え、
傷つき打ちのめされ、それでも自分の中で筋を通そうとする主人公に、
とても共感してしまいます。

というのも、主人公ジェイクが単独攻撃に向かうまでの過程が
とても丁寧に描かれているからです。
映画なんかでの空母への着艦シーンは、とても格好良く描かれていますが、
実際は神経をギリギリまですり減らす過酷なことであることが、読んでみるとよく分かります。
また、戦闘を行なうわけでもない通常の空中給油の任務も、実は常に死と隣り合わせである
ことなど、実際に経験した者でなければ書けない迫真性があります。
そんな厳しい日常の中で、時に見せるアメリカ人らしい悪ふざけに大笑いしたりしている内に、
ジェイクや飛行隊の仲間たちに感情移入してしまいます。
そのため普通に考えれば、はねっ返りのスタンドプレーにしか見えない
ハノイへの単独攻撃も、
「オレだって、その気持ち分かるよ。」
と言いたくなってしまいます。

おじさんは個人的には、ベトナム戦争においてアメリカに正義は無かったと思っています。
だからといって、北ベトナムが100%正しいとも思いません。
戦争は人間の業のようなものだし、正義なんて見る角度によってオセロのように
変わってしまいます。
ただあの時代、海軍パイロットだった一人のアメリカ人が懸命に、
そして自らに誠実に生きようとした姿に、おじさんは共感します。
彼の信念が正しいかどうかなど、命を賭けてもいない後世の部外者であるおじさんには
どうこう言う資格はありません。

物語の最後、ジャングルから立上る霧のベールに神々しささえ感じます。
ぜひ、ご一読を。



M1070&M1000重装備運搬車 6

Category: M1070&M1000重装備運搬車   Tagged: 海兵隊  フィギュア  
海兵隊ビネットだよ

お待たせいたしました。
前回作った展示台にフィギュアを配置してみました。
写真をクリックしてみてください。
より大きくて鮮明になりますよ。

海兵隊ビネット 

どうすか?
ええ感じじゃありません?

海兵隊ビネット 

製作中は作り直したチンストラップがオーバースケールに見えましたが、
完成してしまえば全然気になりません。

海兵隊ビネット 

後ろ姿もカッコいいでしょ?

海兵隊ビネット 

銃の塗装は、リトルアーモリーカラー、パーカーガンメタリックを使いました。

海兵隊ビネット  

Mr.ウェザリングカラーのステインブラウンとマルチブラックを混ぜたもので、
スミ入れをしました。

海兵隊ビネット 

その後、凸部にタミヤのウェザリングマスター、ライトサンドで
ハイライトを入れました。

海兵隊ビネット 

受話器のコードは、ウェーブの1ミリ径のスプリングを引き延ばしたものです。

海兵隊ビネット 

屋外で撮影してみました。
カメラのドラマチックトーンというモードで撮ると、細部はつぶれてしまいますが、
とってもいい感じ。

海兵隊ビネット 

海兵隊ビネット 

海兵隊ビネット 

同じアングルでも、ラフモノクロームというモードで撮ると、
こんな感じになります。

海兵隊ビネット 

これもいいでしょ?

海兵隊ビネット 

海兵隊ビネット 

海兵隊ビネット 

モノクロだと、より実写っぽく見えますね。
じゃ、今日はこの辺で。
次の更新はいつかな?(笑)





M1070&M1000重装備運搬車 5

Category: M1070&M1000重装備運搬車   Tagged: M1070&M1000重装備運搬車  1/35  展示台  
フィギュアの展示台の製作

お盆休みに入り、久々に更新します。

さて、フィギュアが出来たところで、この4人だけの展示台を作ります。
というのは、もう終わってしまいましたが、去る7月29日におじさんの所属する
池田迷作会の展示会がありました。
本来ならM1070&M1000重装備運搬車を出したいところですが、完成はまだまだ先なので、
とりあえず海兵隊員4名だけのビネットにして出品することにしました。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 材料 

材料はホームセンターで売っているアガチスの飾り台と
以前使ったアガチス材の残りです。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 側板の加工 

4枚の側板の両端をトメ加工します。
リューターで粗取りしてからしてからサンドペーパーで45度に削ります。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 パーツ 

側板の上辺を地面の起伏のラインになるように削り、接着強度を稼ぐため、
5ミリの角材を貼り付けます。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 組み立て 

これを展示台に木工ボンドで接着。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 塗装 

オイルステインで塗装。
この上からニスを塗ってもいいんですが、オイルステインのみのツヤの無い
仕上げも好きなので、今回はこのままでいきます。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 芯材 

地面の芯材として、発泡スチロールを接着します。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 マスキング 

塗装面を保護するため、マスキングテープを貼ります。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 粘土盛り付け 

ふわらいとプライムという粘土を盛り付けます。
これは仕事で地面を作るときに使っている粘土です。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 モルタル 

地面だけでは淋しいので、レンガ塀を作ることにしました。
レンガを積むためのモルタルを練ります。
ドフィックスの壁補修材をアクリルガッシュで着色しました。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 レンガ積み 

レンガ本体はチャータペブルという素材です。
いつどこで買ったのか憶えていませんが、今はもう生産してないそうです。
買っといてよかった。
これをさっきのモルタルを塗って積んでいきます。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 レンガ塀 

さあ、塀が出来ました。
崩れた感じを出すために、端のほうはハンマーで割ったかけらを接着します。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 砂礫 

ゼオライトという園芸用の砂を撒き、水溶き木工ボンドで定着させます。
ゼオライトはそのまま撒くだけでとてもリアルな色合いなので、塗装はしません。
おじさん、塗装された地面はどうも不自然に思えてなりません。
素材の色を生かした方が簡単でリアルじゃないかと思っています。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 ウェザリング 

焦げ茶色系のパステルの粉末で、軽くウェザリング。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 完成 

マスキングテープをはがしたら完成!
そんなに手間はかけてませんが、結構いい感じになりました。
次回、フィギュアを配置した写真をお目にかけますね。





« »

08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード