FC2ブログ

ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイバリットブックス3

Category: 読書  
デビル500応答せず スティーブン・クーンツ  冴木淳 訳
講談社文庫

 
久々のフェイバリットブックス、おじさんのお気に入りの本の紹介です。

デビル500応答せず 

デビル500(ファイブ・オー・オー)応答せず
原題 FLIGHT OF THE INTRUDER

この小説が出版されたのは87年、もう30年以上前なので本屋では流通していませんが、
古本ならアマゾンで100円くらいで買えます。
もっとも、送料が250円かかりますが。(笑)

この本はその後、「イントルーダー 怒りの翼」というタイトルで映画化されましたが、
2時間程度に収めねばならない映画の宿命、原作の素晴らしさは表現し切れていない
といった印象でした。
また、小説のほうはシリーズ化され、主人公ジェイク・グラフトンが活躍する本が
何冊も出版されましたが、おじさんは第一作のこの本が一番好きです。

さてこの物語、何がいいと言って、まずは圧倒的な面白さ。
出だしから緊張感あふれる爆撃任務の描写にぐいぐい引き込まれ、気がつけば
読んでいる自分も空母航空団の一員になったような錯覚がしてきます。
もう一つは軍事的興味を満足させてくれる点です。
何しろ作者クーンツは、ベトナム戦争にも参加した元海軍のイントルーダー乗り。
自身の経験を基に書いているので、コックピット内の描写、飛行隊の運用、軍事用語や
スラングなど、想像や取材だけでは書けない具体性があり、
「へえ、そんなふうになってるんだ。」
と思わせる空母航空団の仕組みや日常が綿密に描かれ、アメリカ海軍機ファンは必読です。

ベトナム戦争が泥沼化していた1972年。
A-6イントルーダーのパイロット、ジェイク・グラフトンは、無意味とも思える任務の最中
被弾し、相棒の爆撃航法士モーガンを喪う。
親友の戦死によって、彼の心に以前からわだかまっていた疑問が大きく膨らむ。
北ベトナムにはもっと重要な軍事目標があるのに、なぜ俺たちは無意味な目標を
破壊するために命を賭けねばならないのか?
やがてジェイクは新しい相棒コールと共に、命令を無視して密かに単独でハノイへ空爆に向かう。

とこう書くと、ハリウッド映画によく出てくる、好戦的でスタンドプレーの好きな
マッチョマンが活躍するお気楽アクション小説のように聞こえますが、
そんなことは全然ありません。

がんじがらめの軍隊という組織の一員として、矛盾に満ちた戦争を戦い、
任務のために人を殺す自己嫌悪にさいなまれ、仲間を失う苦痛に耐え、
傷つき打ちのめされ、それでも自分の中で筋を通そうとする主人公に、
とても共感してしまいます。

というのも、主人公ジェイクが単独攻撃に向かうまでの過程が
とても丁寧に描かれているからです。
映画なんかでの空母への着艦シーンは、とても格好良く描かれていますが、
実際は神経をギリギリまですり減らす過酷なことであることが、読んでみるとよく分かります。
また、戦闘を行なうわけでもない通常の空中給油の任務も、実は常に死と隣り合わせである
ことなど、実際に経験した者でなければ書けない迫真性があります。
そんな厳しい日常の中で、時に見せるアメリカ人らしい悪ふざけに大笑いしたりしている内に、
ジェイクや飛行隊の仲間たちに感情移入してしまいます。
そのため普通に考えれば、はねっ返りのスタンドプレーにしか見えない
ハノイへの単独攻撃も、
「オレだって、その気持ち分かるよ。」
と言いたくなってしまいます。

おじさんは個人的には、ベトナム戦争においてアメリカに正義は無かったと思っています。
だからといって、北ベトナムが100%正しいとも思いません。
戦争は人間の業のようなものだし、正義なんて見る角度によってオセロのように
変わってしまいます。
ただあの時代、海軍パイロットだった一人のアメリカ人が懸命に、
そして自らに誠実に生きようとした姿に、おじさんは共感します。
彼の信念が正しいかどうかなど、命を賭けてもいない後世の部外者であるおじさんには
どうこう言う資格はありません。

物語の最後、ジャングルから立上る霧のベールに神々しささえ感じます。
ぜひ、ご一読を。



スポンサーサイト

M1070&M1000重装備運搬車 6

Category: M1070&M1000重装備運搬車   Tagged: 海兵隊  フィギュア  
海兵隊ビネットだよ

お待たせいたしました。
前回作った展示台にフィギュアを配置してみました。
写真をクリックしてみてください。
より大きくて鮮明になりますよ。

海兵隊ビネット 

どうすか?
ええ感じじゃありません?

海兵隊ビネット 

製作中は作り直したチンストラップがオーバースケールに見えましたが、
完成してしまえば全然気になりません。

海兵隊ビネット 

後ろ姿もカッコいいでしょ?

海兵隊ビネット 

銃の塗装は、リトルアーモリーカラー、パーカーガンメタリックを使いました。

海兵隊ビネット  

Mr.ウェザリングカラーのステインブラウンとマルチブラックを混ぜたもので、
スミ入れをしました。

海兵隊ビネット 

その後、凸部にタミヤのウェザリングマスター、ライトサンドで
ハイライトを入れました。

海兵隊ビネット 

受話器のコードは、ウェーブの1ミリ径のスプリングを引き延ばしたものです。

海兵隊ビネット 

屋外で撮影してみました。
カメラのドラマチックトーンというモードで撮ると、細部はつぶれてしまいますが、
とってもいい感じ。

海兵隊ビネット 

海兵隊ビネット 

海兵隊ビネット 

同じアングルでも、ラフモノクロームというモードで撮ると、
こんな感じになります。

海兵隊ビネット 

これもいいでしょ?

海兵隊ビネット 

海兵隊ビネット 

海兵隊ビネット 

モノクロだと、より実写っぽく見えますね。
じゃ、今日はこの辺で。
次の更新はいつかな?(笑)





M1070&M1000重装備運搬車 5

Category: M1070&M1000重装備運搬車   Tagged: M1070&M1000重装備運搬車  1/35  展示台  
フィギュアの展示台の製作

お盆休みに入り、久々に更新します。

さて、フィギュアが出来たところで、この4人だけの展示台を作ります。
というのは、もう終わってしまいましたが、去る7月29日におじさんの所属する
池田迷作会の展示会がありました。
本来ならM1070&M1000重装備運搬車を出したいところですが、完成はまだまだ先なので、
とりあえず海兵隊員4名だけのビネットにして出品することにしました。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 材料 

材料はホームセンターで売っているアガチスの飾り台と
以前使ったアガチス材の残りです。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 側板の加工 

4枚の側板の両端をトメ加工します。
リューターで粗取りしてからしてからサンドペーパーで45度に削ります。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 パーツ 

側板の上辺を地面の起伏のラインになるように削り、接着強度を稼ぐため、
5ミリの角材を貼り付けます。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 組み立て 

これを展示台に木工ボンドで接着。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 塗装 

オイルステインで塗装。
この上からニスを塗ってもいいんですが、オイルステインのみのツヤの無い
仕上げも好きなので、今回はこのままでいきます。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 芯材 

地面の芯材として、発泡スチロールを接着します。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 マスキング 

塗装面を保護するため、マスキングテープを貼ります。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 粘土盛り付け 

ふわらいとプライムという粘土を盛り付けます。
これは仕事で地面を作るときに使っている粘土です。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 モルタル 

地面だけでは淋しいので、レンガ塀を作ることにしました。
レンガを積むためのモルタルを練ります。
ドフィックスの壁補修材をアクリルガッシュで着色しました。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 レンガ積み 

レンガ本体はチャータペブルという素材です。
いつどこで買ったのか憶えていませんが、今はもう生産してないそうです。
買っといてよかった。
これをさっきのモルタルを塗って積んでいきます。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 レンガ塀 

さあ、塀が出来ました。
崩れた感じを出すために、端のほうはハンマーで割ったかけらを接着します。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 砂礫 

ゼオライトという園芸用の砂を撒き、水溶き木工ボンドで定着させます。
ゼオライトはそのまま撒くだけでとてもリアルな色合いなので、塗装はしません。
おじさん、塗装された地面はどうも不自然に思えてなりません。
素材の色を生かした方が簡単でリアルじゃないかと思っています。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 ウェザリング 

焦げ茶色系のパステルの粉末で、軽くウェザリング。

M1070&M1000重装備運搬車 展示台 完成 

マスキングテープをはがしたら完成!
そんなに手間はかけてませんが、結構いい感じになりました。
次回、フィギュアを配置した写真をお目にかけますね。





M1070&M1000重装備運搬車 4

Category: M1070&M1000重装備運搬車   Tagged: M1070&M1000重装備運搬車  1/35  フィギュア  
フィギュアの塗装

前回の更新から半年たってしまいました。(笑)
ごめんなさいね。
えーっと、フィギュアの続きでしたね。

少しばかりディテールアップしてみましょう。
チンストラップのモールドが甘いので一旦削り落として、作り直します。

M1070&M1000重装備運搬車 フィギュア 板オモリ

材料は釣り用の板オモリ。
こいつはカッターで簡単に切れるし、形状が形付けやすいんですよね。
まず、適当な長さに切った板オモリの裏に両面テープを貼り付け、0.5ミリ程度に
細長く切り出します。

M1070&M1000重装備運搬車 フィギュア チンストラップ 

で、顔に貼り付けてやります。
うわっ!すんげー荒いっ!
その上、オーバースケール。
肉眼で見るとそんなに気にならないけど、ここまで拡大してみると
我ながらちょっとどうかと思いますね。
でも、ご安心を。
塗装しちゃえば結構いい感じになります。
で、ついでに腰に付けた装備品のブラブラしているストラップも、板オモリで作ってやります。
こっちは接着面積が少なく両面テープだけでは保たないので、瞬間接着剤を流しておきます。

M1070&M1000重装備運搬車 フィギュア サフ吹き 

塗装前に全体にサーフェイサーを吹きます。
ヘルメットは爪楊枝の先に瞬間接着剤で仮止めしておきます。

M1070&M1000重装備運搬車 フィギュア シェイド吹き 

パラディンを塗ったときと同じ方法で塗ってみましょう。
まずはシェイド吹き。
使った色はマホガニーだったかな?
なにせ半年前のことだから憶えていません。(笑)
足下から上へ向けて陰になる部分に吹いてやります。

M1070&M1000重装備運搬車 フィギュア 基本色

続きまして、迷彩服の基本色を上から下に向けて吹きます。
使ったのはMrカラーの313番のイエロー。
右端の兵士は黒人なので、顔と手はマホガニーをそのまま残してあります。
これで自然な影が出来た基本塗装の完成です。
とっても簡単です。

M1070&M1000重装備運搬車 フィギュア 迷彩服の塗装

次に顔を描き込み、迷彩模様を描き込みます。
で、この迷彩服が面倒なんだなあ。
ここで手が止まってしまいました。
仕事が忙しかったこともありましたが、半年放置してしまいました。
先日ようやくやる気になって作業再開。
幸いアメリカ軍の3色迷彩服はパターンが大ぶりなのでまだ楽ですが、
この上に着込んでいるボディアーマーやマガジンパウチの
ウッドランドパターンの迷彩が細かくて大変です。
それを思うと腰が引けてしまって、なかなか再開できなかったんですよ。
でも不思議なもので、無理矢理にでも作業を始めてしまえば、
ドンドンやる気がわいて、一気に進みました。

M1070&M1000重装備運搬車 フィギュア ヘルメットの塗装 

ヘルメットも塗ります。
ゴーグルのレンズはクリアグリーン+スモークです。
あ、ゴーグルのストラップも板オモリです。

M1070&M1000重装備運搬車 フィギュア ボディアーマーの塗装

面倒なウッドランドパターンも塗りましたぜ!
どうです?
カッコいいじゃ、あーりませんか!
基本的にポーズはキットのままですが、右端と左端の兵士は、トレーラーの
ドライバーに話しかけている設定なので、首を少し上向きに接着してあります。
これでエンジンがかかったので、M1070&M1000重装備運搬車のほうも
製作再開できます。(のような気がする)



M1070&M1000重装備運搬車 3

Category: M1070&M1000重装備運搬車   Tagged: 1/35  M1070&M1000重装備運搬車  
運転席の組み立て というかフィギュアの組み立て

お久しぶりです。
次は運転席でしたっけね。さあ、いってみましょう。

今回は運転手も乗せるつもりなので、運転席のパーツを組みながら、
フィギュアも作っていきます。
運転手はタミヤのガマゴートのものです。
助手は同じくタミヤのM1025のものです。

M1070&M1000重装備運搬車 座席 

と、ここでトラブル発生!
見てお分かりの通り、フィギュアの足が宙ぶらりん。
座席の座面が高すぎるんだわ、これが。
一般にキット付属のフィギュアはその車両にフィットするように造形されているので、
別の車両に乗せるときは多少の加工は必要になるものですが、こりゃちょっとヒドすぎるよね。
しょうがないので、赤線で囲ったパーツは使用しないことにします。
それでもまだ少し高いし、実車の構造とは違ってしまいますが、完成してしまえば
ほとんど見えないので、別に問題ないでしょう。
もちろん、フィギュアを乗せなければ、そのまま組んでぜんぜんOKです。

M1070&M1000重装備運搬車 床板加工 

床板には座席を取り付けるための四角いガイドがモールドされていますが、
赤線のパーツをオミットしたので、そのままでは座席の位置決めがしにくくなります。
なので、矢印の部分を一部切り欠いておきます。

M1070&M1000重装備運搬車 仮組み 

運転席のパネルをマスキングテープで仮止めして、フィギュアを乗せてみます。
そのままでは腕がうまくフィットしないので、ハンドルと窓の位置に合わせて、
腕の角度を変えましょう。
肩の接合部に洋白線を打って瞬間で固定、仮組みを繰り返しながら、接合部の洋白線を
曲げて角度を決めてやり、隙間はパテで埋めてやります。

フィギュア 現用アメリカ海兵隊 

運転席を組むためには、まずフィギュアを完全に仕上げなければなりませんが、実は今回、
ディオラマ仕立てにするつもりなので、ほかの登場人物も一緒に作っておきましょう。
同じ作業はいっぺんに済ませた方が効率的だし、車両が完成してからでは、フィギュアを作る
エネルギーが残ってないような気がしますからね。

使うのは、ドラゴンの現用アメリカ海兵隊です。
ドラゴンのフィギュアはどれも細部まで凝っていますが、全体のプロポーションやポーズに
やや不自然な感があります。
これはおじさんの個人的な印象ですが、ドラゴンのフィギュアはそのまま組むと、オーバーに言えば
胴体と手足の関係が漢字の「大」のようになって、なんだかいかにも人形っぽくて
硬い感じがするんですよね。
で、このキットのようにおとなしめのポーズの場合、手足を接着するとき、接合面を削って
足は閉じ気味に、腕は脇を締めるように接着してやると、不自然さがかなり軽減されます。
もちろん、そのままでも自然なポーズの場合もあるので、ケースバイケースですね。

フィギュア 袖の加工 

今まで、やったほうがいいとわかっていても面倒でサボっていた加工をしてみます。
袖の彫り込みです。
やってみたら、案外簡単でした。
赤い点のあたりにピンバイスで適当な穴をあけます。

フィギュア 袖の加工 

デザインナイフを突っ込んでぐりぐり回して穴を拡げ、袖や手首の形状を削り出していきます。
おおっ、我ながらいい感じ!
これだけでリアリティが全然違います。
このキットでは銃のグリップ部分が手首と一体成型されていて、グリップ部分をカットした銃を
グリップを握りしめた手首と組み合わせる方式になっています。

フィギュア 右腕の加工 

あとから銃を接着するにしても、位置決めをしやすくするため、さっきと同じ方法で、
グリップ部分に穴をあけてやります。
それから、銃床が干渉するので、上腕の内側もリューターで彫り込んでやります。

銃の加工 

で、銃のほうは手首の穴に差し込めるようにグリップを少し削ってやります。
ついでに銃口もピンバイスで穴をあけておきました。
それでもこのままでは銃床が胴体と干渉するので、胴体側も削り込んでやります。
どこが干渉するかじっくり見極めて、少しずつ削っては仮組みをしなければならないので、
フィギュアの組み立てはとても時間がかかります。
とにかく、ドラゴンのフィギュアは何らかの加工をしないと、箱絵みたいなポーズには
ならないので、覚悟してかかりましょう。(笑)



« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。