ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 14 駅舎編 8

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
更新、すっごい久しぶり。
しばらくやらないと、なかなか出来ないんだよね。
って、前もおんなじこと書いたな。あはは。

さて、屋根の塗装です。

塗料がかかって困る部分は、マスキングテープでマスキングしておいて、
タミヤアクリルを吹き付けます。
色は、レッドブラウンにいろいろ混ぜて、レンガ色を作ります。

画像 096

乾いたところで、エナメルのフラットブラックでウォッシング。

画像 099

そして、黒の粉末パステルをこすり付けます。
また、グリーン系のパステルで、コケを表現します。

画像 098


画像 094

トタン屋根の部分は、グリーンプラスブラックで基本塗装。
レッドブラウンでウォッシングしてから、
パステルでサビを描き込みます。

画像 101

建物の基礎は、煙突と同じ要領で、リキテックスの
モデリングペーストで表面にテクスチャーを付け、
パステルで汚します。

画像 102

建物本体の板張りの部分は、グレー系のパステルで汚します。
近所の板張りの物置などを観察すると、
風雨にさらされた木は、結構グレーっぽくなるもんですね。

さあ、次の工作は雨どい。
いつ更新できるか?
する気が、あるのか?



スポンサーサイト

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 13 駅舎編 7

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
この建物の屋根は、基本は瓦屋根ですが、
一部、トタンか何かの金属でできています。
2階の小屋部分と、ホーム側1階の張り出し部分です。

画像 029

で、この部分の屋根をこしらえます。

画像 024

1ミリのスチレンボードを芯に、表に0.3ミリのプラバンを、
裏に1ミリのバルサ材を貼ります。

画像 027


画像 026

バルサのほうは、本体と同じくオイルステインで塗装します。

煙突も作りましょう。
3ミリのスチレンボードを貼り合せて、本体を作ります。

画像 030

表面には、リキテックスで着色したモデリングペーストを、
筆あとを残すようにランダムに塗りつけます。
硬化後、軽くペーパーをかけて、少しならします。
粉末にしたパステルで、煤や汚れを描き込んで完成です。

画像 031

汚れは、黒やセピア系だけでなく、グリーン系も使って
コケを表現してやると、
おおっリアル!になります。


1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 12 駅舎編 6

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
さて、このプラスクラプトの屋根、実は1/48なんだな。
この商品、スケールは1/24,1/48、1/87しか無いのだよ。
となると、1/48を選択するしかないんだな。
少々、瓦1枚が小さいのは分っちょります。
こらえてつかあさい。

素材そのものは、カッターで楽に切れますが、
接合部が自然につながるようの切るのがムズカシイ。
それから、小屋部分を三角に切るのもやはりムズカシく、
現物合せで、少しずつカットしながら合せていきます。

画像 028

それから、煙突のための穴も開けておきます。

こうして、各々のサイズに切り出した屋根を接着しますが、
接合部に、どうしても隙間が出来てしまいます。
そこは、パテで埋めてもいいのですが、今回は、
リキテックスのモデリングペーストで、埋めてみました。

画像 033

綿棒を使って、隙間にすり込むようにします。

画像 032

パテより乾きが早く、水に溶けるので、結構使いやすかったです。


1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 11 駅舎編 5

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
前回、写真が消えていた原因が分かりました。
アップロードした写真が増えてきたので、
管理画面から削除したんですわ。
1度ブログに載ってしまえば、もう必要ないと思ったんだな、これが。
パソコン教室の先生に、そんなことしたら、
消えるに決まっとると言われました。
おじさん、泣く泣く写真を1点1点入れなおして、復旧させました。
あー、しんど。

さて、駅舎に戻ろうぞ。
屋根を作ります。

屋根材を何にするか悩んだのですが、昔東急ハンズで買った
バキューフォームのプラシートを使うことにしました。
これです↓

画像 023

ただ困ったことに、シート4枚分必要なのに、1枚しかないのです。
だったら買えばいいんだけど、10年以上前のことなので、
東京のハンズで買ったのか、名古屋のハンズで買ったのか
覚えておりませぬ。
しかも、このプラシート、無地のビニール袋に入っていて、
商品名もメーカー名も分かりません。
わざわざ出かけて行っても、入手できるかどうか、怪しげです。

で、だめもとで「建築模型材料」で検索したら、ありました!
ジェマコーポレーションというところで、まったく同じものを見つけました。
アメリカのプラスクラクトというメーカーの製品でした。
しかも、10年前と同じ値段!
生まれて初めて、ネットで買い物したおじさん、
ちょっと大人になった気分。
(48歳は、すでに大人!)


1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 10 BR52編 5

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
久しぶりの更新です。

ところで、今、以前の自分のブログを見たら、
なぜか知らないうちに、かなりの数の写真が消えていました。
なんでーっ!?
どういうこと?
時間がたつと自然に消えちゃうの?
どうしたら、元に戻せるの?
すみません、どなたか教えてください。
パソコン音痴のおじさんは、困っております。

気を取り直して、とりあえず新しい写真を見ていただきましょう。

おとといの日曜日、天気がよかったので、
外で完成したBR52を撮影してみました。

画像 044


画像 046


画像 047


画像 080


画像 079


画像 082


どうでしょう、蛍光灯の光で撮るより、本物っぽく見えると思うのですが。


« »

06 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード