ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

不定期連載 ノスタルジックプラモデル 6

Category: ノスタルジックプラモデル  
マルサン 1/50F-104Jスターファイター

おじさんにとって61式中戦車が戦車の原点なら、
スターファイターは、ジェット戦闘機の原点です。

子供の頃、岐阜の田舎町、池田町にも映画館がありました。
文芸大作から、洋画、B級アクション、クレイジーキャッツ、
ロマンポルノ、夏休みには怪獣映画と何でもござれの
池田町の娯楽の殿堂とも言える映画館でした。
そこで観たのが、「ジェットF104脱出せよ」という映画でした。
航空自衛隊のパイロット候補生が、プロペラ練習機から、
ジェット練習機を経て、やがて憧れのスターファイターパイロットに
なるまでの物語でした。

映画のクライマックスは、操縦不能に陥ったF-104からの
緊急脱出でしたが、航空自衛隊の最新鋭戦闘機が、
お話の最後に墜落するというとほほな展開に、
よく防衛庁が協力したもんだと思います。
あと、印象的だったのは、主人公たちがプロペラ練習機に
乗っていたとき、航空ヘルメットではなく、戦時中の飛行士のような
耳当ての付いた飛行帽をかぶっていたことです。
戦後20年以上経っているのに、本当にあんな古めかしい
飛行帽をかぶっていたんでしょうか?

キットを買ってもらったのは、お祭りの屋台ででした。
実家のすぐ近所に天神さんという神社があり、
春と秋のお祭りが楽しみでした。
買ってもらうと、外から聞こえてくる、お祭りのさざめきをよそに、
一気に組み立ててしまいました、

とにかくデカかった事を憶えています。
スケールは1/50ですが、子供だったので、
大人になってからの1/32くらいに感じました。
このキットの凄いところは、エンジンまでパーツ化され、
完成後も機体後部を取り外すと、エンジンが見られることでした。
ところが、セメダインでベタベタにくっつけてしまうので、
うまく取り外すことが出来ませんでした。

それでも、そんな些細なことはどうでもよく、
マルヨン(飛行機モデラーはこう呼ぶらしい)のかっこよさに
酔いしれました。
シルバーに輝く鉛筆のようにスマートな機体、垂直尾翼の上に
位置する水平尾翼、小さな主翼の翼端につく大きな増槽。
(当時はこの増槽を、ミサイルだとばっかり思い込んでおりましたが)
機体そのものが、SF映画に出てくるロケットのようなスタイルは、
さすが最後の有人戦闘機といわれるだけのことはありました。

しかし、本当にこの機体は日の丸が似合いますねえ。
怪獣映画にもたびたび登場し、自衛隊塗装が
あまりにもなじんでしまっていたので、後年、
星のマークをつけた本家アメリカ空軍のスターファイターを見たとき、
なんだか、ニセモノっぽく感じたものです。
刷り込みって、恐ろしいですね。


スポンサーサイト

不定期連載 ノスタルジックプラモデル 5

Category: ノスタルジックプラモデル  
メーカー不明 61式中戦車

ヒロナリ君にとっては、戦車の原点です。
陸上自衛隊の主力戦車であり、怪獣映画にもたびたび登場して、
目にする機会が多かったので、戦車と言えば、まず61式!でした。
ちなみに子供の頃は、「ろくじゅういちしき」と発音しており、
「ろくいちしき」が正しいと知ったのは、
中学生になってからのことでした。

これも模型化されるアイテムとしては、上位にランクされる
人気者なので、いろんなメーカーから出ておりましたが、
ヒロナリ君はそれぞれ3両ほど作った憶えがあります。

ひとつは、町内旅行の旅行先で買ってもらったもので、
家に帰るまで我慢が出来ず、両親が止めるのも聞かないで、
帰りの電車の中で作り始めてしまいました。
バチが当たったのか、うまく走ってくれませんでした。
まあ、たんに下手だっただけなんですが。(笑)

そんな中でも強烈に印象に残っているのが、
メーカーは分かりませんが、ゼンマイ走行の
12~13センチくらいのものです。
ギアボックスに、ライターの火打石のようなものが仕込まれていて、
防盾の下にある切り欠きから、
シャッシャッと火花を放ちながら走ります。
主砲の発砲を模したものなんでしょうが、火の出る位置も、見た目も
実物とはぜんぜん違いますが、子供にとっては
本物の火が出るということのほうが重要で、
なんとも勇ましく、かっこよく見えました。

それより特筆すべきは、その頑丈さです。
シャーシは金属製で、プラパーツもプラスチックではなく、
軟質ビニール系の素材なので、どんなに手荒に扱っても
決して折れたり割れたりしません。
一番の仲良しだったY君も同じものを買い、砂場で激突させたり、
ある時など、2階の屋根を走行させて、わざと落としたりしました。
(なんで、そんなことする?)
それでも、61式はビクともせず、元気に走り回っていました。

過酷な任務のため、装備車両が次々損耗していく
ヒロナリ軍の中にあって、61式はその無類の耐久性で、
長期間にわたって戦線を支え続けてくれました。
61式中戦車に対して、捧げーッ、銃ッ!


不定期連載 ノスタルジックプラモデル 4

Category: ノスタルジックプラモデル  
イマイ サンダーバード2号

言わずと知れた大スター、昭和40年代のプラモデルを語るとき、
絶対はずせない超有名メカです。
おじさんと同じ世代の方なら、少年時代
誰もが一度は作ったはず。(だと思う)

ヒロナリ君は、サンダーバードメカの中では、2号が一番好きでした。
その機首は、マグマ大使第1回に登場するモグネスに似て、
流線型でありながら、量感あふれ、斬新な前進翼、
繋がっている2枚の垂直尾翼など、どこをとっても
ヒロナリ君にとっては、カッコ良さの塊のような機体でした。
上からのシルエットは、バンザイをするオバQにも見えますが。(笑)

このキットに限らず、当時のキャラクターキットは、
たいてい実物と同じ色で成型されていて、色を塗らなくても、
デカール(当時はマークといっておりましたが)を貼るだけで、
テレビで見るのと同じように仕上げることが出来ました。
もっとも、この頃プラモデルに色を塗るなんて
考えもしませんでしたが。

キットは、ゼンマイで走り、コンテナが分離し、コンテナのふたを
開けると、中には高速エレベーターカーが入っていました。
この、メカが分離合体したり、中から別のメカがでてきたりする
アクションが、子供心を惹きつけてやみませんでした。
今でも何かメカニカルなものが作動しているのを見ると、つい
「たんたかたーん、たかたんたん、たんたかたんたんたーん」と、
口ずさんでしまいます。
えっ、あなたも?

シンプルなパーツ構成で、子供にも確実に組み立てられ、
コンテナも何度つけたりはずしたりしてもガタも来ず、
充分サンダーバードごっこを堪能できました。
また、イマイの組み立て説明書は、糊しろ部分にぺけマークが
印されていて分かりやすかったです。

ただひとつ不満な点が、
ラジオのアンテナのように伸びる4本の脚でした。
ここだけはそんな伸縮機構を再現することは出来ず、伸びきった
状態の脚が、根元で後ろに折れ曲がるようになっていました。
これがリアル派のヒロナリ君には、カッコ悪くていやでした。
もっとも、接着剤が乾くのが待てずにすぐ遊ぶので、
脚はすぐもげてしまい、どうせならと、全部取ってしまいました。
「ウン、この方がかっこいいぞ」
こうして、ヒロナリ君のサンダーバード2号は、
今日も災害現場に飛んでいくのでありました。


またも寄り道、グリレを作るぞ 10

Category: グリレH型  
無線機の組み立て

このキットはこれでもかというほどディテールが再現されていて、
おじさん風情が手を加えるところなどないのですが、
唯一、無線機のコードを追加してみます。

画像 238
細いラックに、送信機、受信機、変圧器を
一つ一つ組み込んでいきます。
とにかく、実物の構造に忠実であろうとしてますね、ドラゴンは。

画像 240
組み込んだら、ラックの前半分を接着して、本体はとりあえず完成。

画像 253
コードは、モデラーズのプラグコード、
0.56ミリのビニール皮膜をむいたものと、0.45ミリを使用します。
伸ばしランナーの先に穴を開けて、
コードを瞬間接着剤で、接着します。
これをカットして、無線機本体に接着します。

画像 254
さらに、通話装置、アンテナケーブル接続ボックスからの
コードを追加します。
どことどこを繋げるかは、アーマーモデリング2008年10月号の
グリレK型の記事を参考にしています。
こちらはH型なので、多少配置は違いますが、無線機や、補機類は
同じなので問題ありません。

画像 255
シャーシに乗せてみると、グッと精密感がアップしました。

おじさんが、せっせとこんなブログを書いていると、
下ではヨメさんがワールドベースボールクラシック、侍ジャパンの
優勝のニュースをあちこちチャンネルを変えては楽しんでおります。
日本、おめでとう!


祝 ミラー大尉佳作受賞!

Category: 日記  
本日、キヤコンの発表に行ってきました。
岐阜羽島8:11発新幹線で、いざ東京へ!

本当は、せっかく東京に来たのだからほかの模型屋さんにも
行きたかったのですが、東京の模型屋さんは
たいてい11時オープンなので、昼食や移動の時間を考えると、
行ってもあまり長居出来そうにないので、
あきらめて、皇居外苑を散歩してきました。

画像 257
今日は天気が良く、歩いていて、とても気持ちよかったです。

今回、行ってみたい所がありまして、それはTBSの
「ぴったんこカンカン」で紹介していたレストランRyuです。
石ちゃんがいかにもうまそうに食べていたロールキャベツが
食べたくて、地下鉄千駄木駅で降りました。
11時半に着いたのですが、さして広くない店内は、ほぼ満席。
一人だったのですぐ座れましたが、
注文してから30分以上待たされました。

画像 266
やって来ましたロールキャベツ。
テレビで見たとおり、とにかく巨大!
溢れんばかりのソースに浸っております。
うまかった!満腹!
わざわざ来た甲斐ありました。

さて、本日のメインエベント、キヤコンの発表です。
昼食で予想以上に時間がかかったので、15分遅刻して行くと、
すでに発表が始まっていました。
空いてる席に腰を下ろしたらすぐに、
「佳作、ジョン・H・ミラー大尉を作られた渡辺さん。」
と、おじさんの名前が呼ばれました!
やった!
でも、正直言うと、以前銅賞、銀賞をいただいていたので
ややがっかりですが、文句言っちゃあいけません!
3回参加して、3回名前を呼ばれたのですから、
ここは素直に喜びましょう。

画像 269
記念に、土居さんと写真を撮っていただきました。

今回の金賞は、木村浩之さんのマーダーⅢ。

画像 274
大変丁寧に作られた素晴らしい作品でした。

画像 281
あと、特に個人的に惹かれた作品は、グリーンベレーと、

画像 283
聖ヨハネの騎士でした。
どちらもおじさんの好みで、惚れ惚れするくらいかっこいいです。
これ以外にも、素晴らしい作品ばかりで、
この中で上位入賞するのは難しいなあと改めて思いました。

しかし、ミラー大尉にも一応の評価をいただけて、良かったです。
大尉殿、ご苦労様でした!


不定期連載 ノスタルジックプラモデル 3

Category: ノスタルジックプラモデル  
河村模型店

保育園児の頃の行動範囲は、自宅から半径500メートルほどで、
行きつけの駄菓子屋「ヒコーキ屋」から北へは、
行ったことがありませんでした。
それが、小学校に入り、「ヒコーキ屋」から北の、
未知の世界にも行動範囲が広がりました。

そして、その店はそこにあったのです。
河村模型店。
温知小学校の(ヘンな名前やろ?温故知新からとったそうやけど、
耳で聞いたら、絶対、音痴小学校にしか聞こえんもんね。)
すぐ南にあり、小学生になったばかりの僕には、衝撃的な店でした。

当時、プラモデルは玩具屋さんだけでなく、駄菓子屋、
雑貨屋、文具店などいろんなお店においてありました。
しかし、ほかの商品のついでといった感じで、
品揃えも大したことありませんでした。
そんな中、プラモデルだけ、それも大量に
(子供のヒロナリ君にとってですが)置いてある店が存在するなんて
思ってもみませんでした。

ショウウィンドウには、戦車、飛行機、軍艦はもちろん、
お城、駅馬車、鎧兜、ドラムセット、青白い手が出てくる貯金箱等、
夢のような世界が広がり、店内には50円の戦車から、
何千円もするクラシックカーまで、
さまざまなプラモデルが棚に積まれ、例によって、
一番上の棚には、大人の人にしか買えないような巨大な箱が、
王様のように君臨していました。
まさに夢の王国!

ヒロナリ君は毎日帰りに寄って、ショウウィンドウを
うっとり眺めるのが日課になりました。
ある時など、いつまでも眺めていたら、もしかして店の人が
かわいそうに思って、何かくれないかとムシのいいことを考え、
1時間近く眺めていたこともありました。
もちろん、そんないいことは起きませんでしたが。

こうして、小学校入学以来今日まで42年に渡って
お世話になっております。
大垣市の高校に行くようになって、少し足が遠のきましたが、
10年ほど前、模型クラブ池田迷作会に入り、
また、お付き合いが始まりました。
名作会の事務局は、河村模型店にあり、
「カワモケのおじさん、おばさん」は、
いつも温かく僕らを迎えてくれます。
本当にありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。


またも寄り道、グリレを作るぞ 9

Category: グリレH型  
装甲板内側の組み立て

装甲板の内側には、たくさんの細かなパーツを
取り付けねばなりません。
いきなり難物が、砲弾ラックです。
3つのラックを2本の支柱で支えるのですが、
パーツにダボ穴などのガイドが一切ありません。
その上、説明書のイラストは、
3つのラックにそれぞれ少しずつ角度がついています。
どうやってこれを接着したらええんやね?

ポクポクポク、チーン!

画像 235
カッティングマットに両面テープを貼り、支柱パーツを仮止めし、
ラックをひとつずつ接着し、生乾き状態のとき、
指でねじって角度をつけました。
おじさん、かしこい!

画像 236
ところが、装甲板パーツに仮置きしてみると、
先に取り付けたボックスに干渉してしまうので、
ボックスをはがして、少しずらして接着しなおしました。
ここらがドラゴンの作りにくいところで、
年少者には難度が高いでしょうね。

画像 247
作りにくいといえば、これもそう。
縦に6個並んだ装薬ケース。
フタと本体、合せて12個のパーツからなっています。
別に難しくはないのですが、12個の小さなパーツを
1個1個ゲート処理して、パーティングラインを消してという作業が、
面倒でかなわんわい。
しかも、2組!
タミヤなら2パーツで処理するところを、
敢えて12パーツにするところが、ドラゴンのこだわりなんでしょうか。
確かにこうしておけば、フタを開けて
装薬を出し入れしているシーンを作るには適していますが、
何もそこまでせんでもと思うのは、おじさんだけ?


不定期連載 ノスタルジックプラモデル 2

Category: ノスタルジックプラモデル  
タミヤT92デストロイヤー

2番目に思い出されるのは、タミヤのデストロイヤーです。
まだ小学校に上がるか上がらないかといった頃、
親戚のおばさんに買ってもらったんだと思います。
この時は同時に1/72くらいのプロペラ機も買ってもらい、
豪華すぎるプレゼントでしたが、子供すぎて、
その出来事の素晴らしさが今ひとつ実感できていませんでした。

当時、プラモデルは、子供のおもちゃの延長線上にあり、
たいていのプラモデルは動きました。
戦車や車は、ゼンマイやモーターで走り、船は、水上航行し、
飛行機は、プロペラやフラップが動きました。
もちろん、その頃すでにちゃんとしたスケールモデルも
存在していましたが、子供のおこづかいで買える範囲のものは、
「自分で作るおもちゃ」というレベルのものでした。

さて、買ってもらったのはいいけど、両方ともモーターで動くので、
電気の知識など皆無の保育園児に
こんなの作れるわけありません。
そこで、近所の中学生のお兄ちゃんに作ってもらいました。

1週間ほどして完成した2つのプラモデルは、
とてもかっこいいものでした。
キットは、モーター、電池は別売りだったので、親切なお兄ちゃんは、
自分でモーターや電池を買って作ってくれたのでした。
飛行機のほうは、当時は何だか分かりませんでしたが、
あとで思えば、大戦中のアメリカ海軍機だったようです。
スタンドが付いていて、スタンドのボタンを押すと、
モーターでプロペラが回りました。

でも、それよりヒロナリ君は、デストロイヤーに惹かれました。
これが、初めての戦車模型との出会いです。
何より、スタイルが、かっこよかった。
テレビ漫画に出てくる、ずんぐりした戦車と違い、
未来的で、スタイリッシュな姿にぞっこんでした。
それが、スイッチを入れると、モーターがジージーと唸り、
ゴムキャタピラを回転させ、畳の上を驀進していくのです。
ヒロナリ君の頭の中では、たちまち居間の畳が戦場の荒野に変換され、
思わず、
「だだだだだだっ!どかーん!ばきゅーん!」
と、口で効果音を入れていました。
戦車砲が火を噴き、そこにはいない敵戦車が
次々に撃破されていくのが、ヒロナリ君の目にはハッキリ見えていました。
今考えると、この目くるめく体験が、
後の模型人生の方向を決めたのだと思います。

しかしながら、どちらの模型も、
子供の手荒な扱いには耐え切れず、
程なく壊れて動かなくなり、それからの、
作っては壊しの長い道のりが始まっていくのでした。


不定期連載 ノスタルジックプラモデル 1

Category: ノスタルジックプラモデル  
ふと思いたって、子供の頃のプラモデルの話を
書いてみたくなりました。
通常の記事と平行して、不定期で気が向いたとき、
綴っていこうと思います。よろしくね。

おじさんが憶えている最も古いプラモデルの記憶は、恐竜なんだな。
と言っても、タミヤのじゃないよ。
そりゃそうだ、今から40年以上前の話やでの。

昭和40~42年頃、保育園児だったヒロナリ君は、よく近所の
「ヒコーキ屋」という駄菓子屋さんに通っておりました。
その頃テレビは白黒で、「ビッグX」「鉄人28号」「宇宙少年ソラン」
「スーパージェッター」「8マン」などといったものに
子供だったヒロナリ君は、夢中になっておりました。
「ヒコーキ屋」には、それらテレビのキャラクターのメンコや、
(おじさんたちは、「しゅっぱん」と言っておりましたが)
ヒモの付いたイチゴ味の飴とか、ボール紙のグライダーとか、
銀玉鉄砲とか、紙火薬のピストルとか、
子供心をワクワクさせる魅力的な商品が、あふれていました。

そんな中に、その恐竜のプラモデルはありました。
おそらく20~30円だったでしょう。
クジが1回5円でしたから、ちょっと高めの商品です。
キャラメルくらいの大きさの箱に入ってて、
一応ブロントサウルスをモデル化したものでした。
当時、ヒロナリ君が一番好きな恐竜は、トリケラトプスで、
ブロントサウルスは2番目でした。
箱を開けると、左右に分割された胴体と、足が4本入っていました。
足は可動式で、オモリの付いた紐を取り付けて、
机の端からオモリをたらすとトコトコと歩きます。
これが楽しくて、何度も歩かせたもんです。
当然メーカーはどこか分かりません。
でも、出来上がったおもちゃではなく、
自分で作るおもちゃと言う点で、
ヒロナリ君にとっては画期的な出来事でした。


またも寄り道、グリレを作るぞ 8

Category: グリレH型  
今日は、ロコ組み完結編。

画像 222
生乾き状態のキャタピラを、起動輪から巻き始め、
くるりと一周して巻き終わったら、
起動輪でつながった部分を接着します。

画像 227
次に、キャタピラが自重で垂れ下がった状態を再現するため、
ピンセットなどで、クセを付けていきます。
今回、初めてこの作業に挑戦してみたのですが、
思ったより簡単ですね。
ただし、この作業はやはりフェンダーをつける前に行ったほうが
やりやすいでしょう。

画像 232
形が出来たら、それぞれのホイールが
キャタピラと接している部分に接着剤を流して固定します。

完全に硬化したら、注意深く仮接着したところをはがすと、
こうなります。

画像 233
ハイ、ロコ組みの完成です!
なんだか、真ん中に透明の車体があるみたいで、面白いですね。

これを見ていたら、小学校のときのことを思い出してしまいました。
登校中、にわか雨に降られ、教室で体操服に着替えようと
ジーンズの半ズボンを脱いだら、濡れたジーンズが
おしりをかたどったまま固まり、机の上に置くと、
まるで透明人間が半ズボンをはいているように見えたものでした。
なんだか、片付けるのが惜しくて、みんなに見せて、
授業が始まるまでそのままにしておいたことが、思い出されます。


またも寄り道、グリレを作るぞ 7

Category: グリレH型  
さーて、ロコ組みの続き、行ってみよー。

キャタピラリンクを拾い出したら、
プラバンの端に両面テープを貼り、プラバンのエッジをガイドにして、
キャタピラリンクをひとつずつ並べていきます。

画像 218
96個並べ終えたら、参考までに、同じ38(t)系の足回りを持つ
タミヤのマーダーⅢのベルト式キャタピラと長さを比較してみました。
すると、タミヤのキャタピラのほうが短いんですね。
「?」と思いましたが、同じ車両を作っても、模型メーカーによって、
多少の寸法の違いは出るものなので、
とりあえずそのまま作業を続行します。

画像 221
次に、流し込み接着剤で、一気に接着します。
そして、生乾き状態になるまで5~6分ほっときます。

画像 229
スチール定規を差し込んで、キャタピラを切らないよう注意しながら、
両面テープからはがします。

画像 228
話は前後しますが、誘導輪の車軸は、車体にではなく
誘導輪に接着し、車体とは仮接着で動くようにしておくと、
キャタピラのテンションの調節が出来て便利です。

画像 224
生乾きのキャタピラを、パターンの前後を間違えないよう注意して、
ホイールに取り付けます。
このとき、起動輪から取り付けるのが鉄則。
巻き始めと巻き終わりが、起動輪の歯とかみ合って、
自然につながります。
というか、つながるはずだったんですが、キャタピラが長すぎる!
やはりタミヤのキャタピラの長さで良かったんですね。
リンク3個分減らして、片側93個がジャストフィットする長さです。

風呂が沸いたので、今夜はここまで!


« »

03 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード