FC2ブログ

ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 21 駅舎編14

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
バルサ細工による小物作り

窓辺に花を飾るために、プランターを作ります。
東京ディズニーシーで見かけたような、木製プランターを作ります。

プランター
バルサだけで組んだのでは、接着面積が小さく強度が
足りないので、スチレンボードを芯にします。

プランター ペーパーがけ
木工ボンドで接着して、小口の合わせ目をペーパーがけします。

仕上がり
左が貼ったまま、右がペーパーがけしたもの。
本当は、花を植えるとプランターなどほとんど隠れてしまうので、
貼ったままで終るつもりでしたが、ちょっとペーパーがけしたら
きれいになったので、結局全部やりました。

同じ要領で、郵便ポストを作ります。

ポストパーツ
この段階で、郵便物の差し入れ口にあたる部分の
スチレンボードを、黒く塗っておきます。

ポスト
塗装してみました。
ホルンのマークは、0.1ミリのサインペンで描きました。

ここで、豆知識。
ドイツの郵便局のシンボルカラーは、黄色。
シンボルマークはホルンです。
昔、郵便制度が出来たばかりの頃、配達夫は、郵便が来たことを
知らせるために、ホルンを吹きながら、町や村を回ったそうです。
それにちなんで、ホルンがシンボルマークになったそうです。
(いや、ためになるなあ。何の役にも立たんけど)

現在でもドイツの郵便局では、黄色とホルンのマークは
使われていますが、戦時中はどうだったか、
正直言って分かりません。
多分、戦前、戦中を通して変わってないだろうと、
勝手に推測しときます。
もし、違ってても、笑って見逃してつかあさい。


スポンサーサイト



« »

07 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード