ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不定期連載ノスタルジックプラモデル 30

Category: ノスタルジックプラモデル  
イマイ ノンスケール ミサイルトレーラーAM‐5

AM‐5は、イマイのオリジナルデザインの実在しないAFVです。
牽引車が長いトレーラーを牽いて、その上には
巨大なミサイルが搭載されています。
ちょうど、トランペッターから出ている
SA‐2ガイドラインミサイルトレーラーのような構成の車両です。

おじさんはこういったトレーラーや、戦車運搬車のような
長大な車両が大好きです。
重厚感があって、メカニカルな魅力にあふれています。
ドラゴンワゴンも作りましたし、SA‐2ミサイルトレーラーも、
ファモやファウンの戦車運搬車も持っています。
まだ作ってませんが。(いつ作るんや?)

考えてみれば、こういう車両が好きになったのは、
このAM‐5がきっかけだったのかもしれません。

キットは、牽引車がゼンマイで走り、トレーラーを引っぱります。
搭載されたミサイルは、翼が無く、第1段から第3段まで
切り離すことができる、アポロ計画のサターンロケットを
彷彿とさせるデザインでした。
小さなハンドルをくるくる回すと、発射台が徐々に起き上がり、
その動きがサンダーバードのメカを思わせ、ワクワクしたものです。

すっかりその名前も忘れていたのですが、
「小松崎茂と昭和の絵師たち」というプラモデルのボックスアートを
集めた本の表紙に、AM‐5が載っていて、名前やメーカーや、
その詳しいスタイルも判明しました。

すばらしい箱絵は梶田達二氏。
箱絵の車体色は、軍用車両らしくオリーブドラブですが、
なぜかキットの車体色は鮮やかなスカイブルー、ミサイルは白でした。

ヒロナリ君は、よほどこのAM‐5が気に入ったらしく、
何度も発射台を立ち上げては、「ごおー!」とか言いながら、
手でミサイルを発射させ、第1段ミサイルを切り離し、
第2段ミサイルを切り離し、敵部隊の頭上で弾頭が炸裂するという
シミュレーションを繰りひろげていました。

サンダーバードの中に、太陽号というロケットが、橋が崩壊して
運搬車ごと川に転落するという話がありました。
4号が出動して、パイロットを救出するのですが、今考えると、
何で運搬中に、コックピットにパイロットが乗っているのかと、
突っ込みたくなりますが。(笑)
幼い頃一度見ただけで、その後再放送も見ていないので、
ぼんやりとしたイメージしか残ってないのですが、
太陽号とその運搬車も、AM‐5に似ていたような気がします。

ゴジラ映画のメーサー殺獣光線車が好きな方は、
こういった車両の魅力をわかっていただけると思います。


スポンサーサイト

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 47         Ⅲ号突撃砲B型編 6

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
可動キャタピラを組んでみよう 3

遅々として進まない可動キャタピラですが、どうにか終りました。
残りの作業を紹介します。

センターガイド
繋がったキャタピラに、センターガイドを取り付けます。
センターガイドとは、キャタピラが回転したとき、転輪などから
外れないようにするための突起で、ガイドホーンともいいます。
ランナーの先端についている逆U字型の物が、センターガイドです。

センターガイドの接着
これを、ランナーごとキャタピラの中心に、
1個1個接着していきます。
接着面積が小さいので慎重に。

接着完了
片側92個、両方で184個接着して、ようやく終了。

こきりこ?
接着剤が固まりました。
なんだか、富山県の民謡「こきりこ節」で使われる
ささらという楽器みたいです。
動かすと、ちょうどそんなような音がします。

ランナーの切り取り
不要なランナーを、ニッパーで切り取ります。

ゲートの処理
切り取った、ゲートの跡を、ヤスリで均して、ようやく完成です。

可動キャタピラ表面

可動キャタピラ裏面
キット付属のキャタピラも悪くはありませんが、可動キャタピラと
比べると、そのリアリティは歴然の差があります。

仮組み寸足らず
試しに、車体に取り付けてみました。
説明書には、片側92~93個のリンクを使用するとあったので、
とりあえず92個でやってみましたが、ちょっときついので、
1個増やします。

リンク追加
1個分増やして、センターガイドもつけます。

仮組み長さOK
これで自重による自然な垂れ下がりが再現できました。

これだけ時間がかかったのは、作業してない日のほうが多いからで、
毎日2~3時間やれば、5~6日で出来るはずです。(笑)


砂漠の鷹 2

Category: UH‐60ブラックホーク  
アカデミー 1/35 ハンビ-カーゴキャリア

全景
それでは今回は、ディオラマ正面側を見ていただきます。
設定としては、フライト前、歩兵指揮官とパイロットが打ち合わせをし、
部下たちがカーゴキャリアから装備を降ろしているところです。
(見れば分かるって!)

カーゴキャリア
カーゴキャリアは、アカデミーの製品。
ドアは、とっ外してあります。
アカデミーといえば、初期の頃はタミヤのコピー製品を出していて
問題にされていましたが、オリジナルの製品も出していて、
レベルは高いです。

カーゴキャリア
このカーゴキャリアも同社オリジナルで、出来は良いです。
ただ、タイヤのトレッドパターンがおとなしいので、
レジン製のものに変えてあります。
トレッドパターンが深くなったのはいいのですが、
グッドイヤーのロゴが、ちょっとオーバーすぎるかな。

荷下ろし
装備を降ろしているお二人さん、マイクとスコットです。
(今、思いついて命名しました)
このときのフィギュアは、基本的にドラゴンの現用歩兵のボディに、
ホーネットのヘッドの組み合わせです。

荷下ろし
いわゆるチョコチップ迷彩のカモフラージュスーツは、
描くのが大変です。
今は、デカールが出ていますが、
当時は当然手描きするしかありません。
装備品のUSのスタンプは、筆で描くのは大変なので、
0.1ミリのピグマというサインペンで描きました。
でも、今見ると、もっとていねいに描けばよかったですね。

黒人兵
もう一人黒人兵。
ごめんね、この写真ちょっとピンボケ。
黒人の肌の色は、あまり黒くすると黒くつぶれてしまうので、
レッドブラウンに少し黒を混ぜる程度がいいと思います。
また、手のひらと足の裏は肌色なので、そこを忘れないように
塗っておきます。

ブラックホーククルーたち
機体上部のIRジャマーは、熱線追尾式ミサイルを
撹乱させるためのものです。
実物は見る角度によって色が変わって見えるので、それを狙って、
まず黒く塗っておいてから、タミヤ1/24セリカのウインドウに貼る
オーロラステッカーを貼ってみました。
本当はワインレッドのような色なのですが、これはグリーン系なので、
実物とは違うのですが、見る角度によって色が変わるので、
気に入っています。

クルーたち
パイロットのヘルメットは、ドラゴンのUSヘリコプタークルーの
ヘッドの顔の部分をくりぬいたものです。
サバイバルベストは、パテでどうにかそれらしくでっち上げました。

クルーたち上方より
2001年の中京AFVの会前日、徹夜してどうにか完成させましたが、
ベースにドフィックスを流したのは夜中の3時頃。
会場に持ち込んだときは、まだ地面は湿った状態で、
午後になって乾いてきて、ようやく砂漠らしくなりました。(笑)

このときは、変に狙ったわけではなく、ただヘリコプターが
作りたくて作ったのですが、やはり会場では目立っていて、
ディオラマ部門金賞をいただきました。
コンテストで賞をとるには、テクニックも大事ですが、それ以上に
題材や見せ方の工夫が重要だと思います。
上手い人ばかりの集まりなんだから、
まずは印象に残る見せ方を考えましょう。

追伸
可動キャタピラ、まだ終りません。(笑)


砂漠の鷹 1

Category: UH‐60ブラックホーク  
アカデミー 1/35 UH‐60ブラックホーク

Ⅲ号突撃砲B型の可動キャタピラに時間がかかっているので、
場つなぎに、昔の作品を紹介します。

UH‐60ブラックホーク
これは2001年の中京AFVの会に出品したディオラマで、
タイトルは「デザートホーク」です。
そのまんまで、なんのひねりもありませんね(笑)

実はおじさん、ヘリコプターも大好きで、アカデミーから
ブラックホークが出たときは、狂喜して勇んで買い込み、
勢いで一気に作ってしまいました。
ブラックホーク後方より
これはいいキットです!
実機の美しいフォルムが余すことなく再現され、筋彫りも繊細、
細部も良好、デカールも細かな注意書きまで入っていて、
注意書きフェチのおじさん、大喜び!
このときは、湾岸戦争の砂漠塗装で仕上げてみました。

ブラックホークキャビン
ただ、出来の悪いパーツがふたつ。
M2のようなハンドルが付いた、ヘリ搭載用のM60機関銃です。
たまたま2つストックがあった、ドラゴンのUSヘリコプタークルーに
入っていたものと交換しました。
あと、兵員用シートとシートベルトを、釣りの板オモリを使って
ディテールアップしております。
また、組み立て説明書には、実機の写真が何点か載っていて、
主脚のブレーキパイプのディテールアップの参考にしました。

ブラックホークキャビンより
一番苦労したのが、兵員シートの斜めの支柱です。
シートベルトを塗り分ける関係上、塗ってから組まねばなりません。
支柱も先に塗ってから組むのですが、ダボピンもダボ穴も小さく、
奥まったところは、取り付けにくいったらありゃしない。
ボトルシップを作るようなじれったさで、
ピンセットを持つ指がつりそうになりました。

ブラックホーク機首
ローター基部にはエナメル線でパイピングを施し、ワイパーは、
1/24のカーモデル用のエッチングパーツを使用しました。
しかし、この流線型のフォルム、カッコイイですね。
われながら、惚れ惚れします。

じゃ、次回もブラックホークでゴー!




1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 46         Ⅲ号突撃砲B型編 5

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
可動キャタピラを組んでみよう 2

Ⅲ号突撃砲キャタピラ
さて、それでは箱を開けてみましょう。
まずは、キャタピラリンクをランナーから切り離します。

キャタピラリンクの切り取り
片側92枚のリンクを切り取ります。
ひとつのランナーに4枚のリンクが付いているので、
切り取ったランナーを並べていくと数が勘定しやすいです。
切り取ったら、切り口をヤスリでていねいに整形します。
作業が単調なので、眠くなってきます。
音楽でも聴きながら一気にやっちゃいましょう。

定規の上に並べる
組み立て用の冶具が付属していますが、それは使わず、
定規の端に両面テープを貼り、リンクをズラッと並べていきます。

ピンのパーツ
これがリンクを止めるピンのパーツ。
ランナーの先端の2ミリほどの部分がピンですが、2ミリのパーツに
接着剤を塗って取り付けるのは、事実上不可能なので、
ランナーごと接着してあとでランナーを取ります。

ここで、おじさんのちょっとした工夫。
皆さんは、接着剤は何を使ってらっしゃるでしょうか?
おじさんは、タミヤの普通の接着剤と、
流し込み用接着剤を愛用しています。
タミヤの接着剤は、残り少なくなってくると、溶剤が揮発して、
ねっとりとして使いにくくなってきます。

タミヤの接着剤
左の少し飴色がかったほうが、普通の接着剤。
右の流し込み接着剤も、残り少なくなってくると、
キャップの筆がとどかず、使いにくくなってきます。

注ぎ足し
そこで、流し込み接着剤を普通の接着剤に入れて、よく振ると、
新品のような粘度に戻ります。
というわけで、おじさんは流し込み接着剤は新しいものを
買ってきますが、普通の接着剤は、もう10年以上同じ物に、
注ぎ足し注ぎ足し使っています。
まるで、老舗のうなぎ屋のタレのようですね。
また、キャップについている筆も、流し込みのほうが細くて
使いやすいので、両方とも流し込みのものにしています。

ピンの接着
接着剤をピンの先端にはつけず、根元にだけつけるようにして、
接着していきます。
ピンは、外側用内側用があるのですが、正直言って、
肉眼ではその違いは分かりません(笑)

ランナーの切り取り
接着剤が乾いたら、慎重に両面テープからはがし、
ランナーをクルクルッとねじると簡単にぽろぽろ取れてきます。

切り取り終了
まるで、機関銃座に転がった空薬莢の山のように、
ランナーの山ができて、キャタピラが繋がりました。
ここまで来るのに3時間半かかりました。
ああ、しんど。
このあと、センターガイドを接着せねばなりません。
まだまだ、先は長いです。


1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 45         Ⅲ号突撃砲B型編 4

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
可動キャタピラを組もう 1

1985年、モデルカステンから画期的な製品が発売されました。
インジェクションプラスチックによる、連結式のキャタピラです。
それまでの戦車模型のキャタピラは、軟質樹脂のベルト式で、
ダボピンを熱したドライバーなどで、焼きとめて作るものでした。
ところが、戦車モデラーの夢だった、リンクを一つ一つ連結して作る
キャタピラが、遂に実現したのです。

第1弾のパンター用キャタピラは、衝撃でした。

パンター用キャタピラ
当時、タミヤのパンターは2代目で、ゴムキャタピラよりは
進歩していたものの、モーター走行用のポリキャタピラは、
裏側のモールドは無く、形状的にも実物とはやや違い、
それに比べると、モデルカステンの連結式キャタピラは、
全く違う次元のものでした。
また、価格も衝撃でした。
タミヤのパンターが1000円なのに、キャタピラだけで2800円!
そのクオリティも価格も、目玉が飛び出るくらいのショックでした。

当時のものを、今でも持ってます。
なぜか、タミヤのパンターを作る機会がなかったのです。

キャタピラアップ
当時はそのスーパーディテールに、これは究極のキャタピラだと
思ったものですが、今見ると表面に突き出しピンの跡が見られ、
ちょっとがっかりです。

2年後、グンゼからハイテックシリーズという
戦車模型が発売されました。
これは、プラスチックの車体にホワイトメタルやエッチング、
真鍮挽き物などのディテールパーツを取り付ける
恐ろしくマニアックなキットで、価格も8000円と超破格でした。
第1弾はパンターで、キャタピラはモデルカステンのものが
付属していました。

おじさんは、このキットで初めてモデルカステンの
キャタピラを体験しました。
その出来は、素晴らしいの一言!
ディテールの正確さもさることながら、
何より良かったのはその硬質感です。
硬いリンクが一つ一つカクカクと折れ曲がるさまは、
ポリのベルト式キャタピラでは味わえません。
また、本来接着式なのですが、はめ合いがタイトなので、
接着剤無しでパチパチとはめ込むだけで、実用に耐え、
塗装後取り付けるのも楽でした。

その後モデルカステンからは、他の戦車のキャタピラも
続々と発売され、戦車模型製作のスタンダードになっていきました。

その数年後、究極と思われたモデルカステンのキャタピラが、
さらに進化しました。
リンク一つ一つを極小のピンで止め、
実物と同じように可動するのです!
まさにこれこそ究極!
第1弾のティーガーキャタピラは、4000円。
2800円でもビックリしたのに、4000円!
それでも、おじさん買いました。

出来は本当に素晴らしいのですが、作るのがまた大変。
恐ろしく手間がかかります。
ピンを差し込むだけでなく、2列あるガイドホーンが別パーツなので、
単純作業が延々と続きます。
しかもガイドホーンは内側外側があるので、
気をつけなくてはなりません。
1両分のキャタピラを組むのに、1週間くらいかかりますが、
苦労するだけの甲斐はあります。

それにしても、初めてモデルカステンのキャタピラが発売されてから
24年も経つんですね。
ほとんど半世紀。
若いモデラーは、生まれたときからモデルカステンの
キャタピラは存在してるんだ。
いやあ、自分の歳を感じてしまいます。

で、今回Ⅲ突のために可動キャタピラを購入して、
作るのですが、前フリだけで今日は終ってしまいました。(笑)
実際の製作は次回から!


1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 44         Ⅲ号突撃砲B型編 3

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
ネットショッピングてんやわんや

宮崎さんからこのディオラマの設定年代を決めて欲しいと
コメントをいただきました。
そこで、1942年初夏とさせていただきます。

もともとこのディオラマを作ろうとしたきっかけは、所属する模型クラブ
池田迷作会の展示会のテーマが「B」だったことに起因します。
Bならば、蒸気機関車BR52を使おう。
じゃ駅のディオラマだ。
新婚旅行で見たドイツの美しい風景を、作りたいなあ。
ならば、いい機会だから、ついでに列車砲も作ろう。
でも、列車砲の編成は恐ろしく長いので、
同一の線路に登場させるわけにはいかんぞ。
なら、線路を複線にして、かたっぽうは戦場に向かう列車砲、
反対側に蒸気機関車に牽かれた
後送される戦車の貨物列車でいこう。

というふうに、牧歌的で美しい風景を作りたかったので、
年代設定としては、戦争初期のまだまだ余裕のある時期に
したかったのです。

で、41年頃と考えていましたが、宮崎さんとリヒター君に
後送される戦車を作ってもらう以上、選択の幅を広げたほうが
バラエティに富んだ面白いものができるのじゃないかと考え、
42年とさせていただきます。

1942年のドイツの国内事情がどうだったかは、
正直よく分かりませんが、まあいいじゃないですか。

さて、おじさんのⅢ突ですが、別売りのディテールアップパーツを
奢ってやることにしました。
お金をかければいいものができるとは限りませんが、
せめてディテールアップパーツの助けを借りなければ、
宮崎さんとリヒター君の作品と比べると
見劣りするのは目に見えてますから。(笑)

モデルカステンのキャタピラとエッチングパーツを買おうとしましたが、
地元では入手できず、やむなく通販サイトを何軒か当たりました。

おじさんはあまり通販は好きではありません。
実物が手に取れないのと、余分な送料がかかるからです。
同じ送料がかかるなら、この機会についでに
いろいろ買わねば損だと、ホビーリンクジャパン
あーでもないこーでもないと検索しまくりました。

ここはすごいです。
初めて聞くようなメーカーをいっぱい取り扱っていて、
(たんにおじさんが無知なだけ?)アベールやエデュアルド等
おなじみのメーカーは気が遠くなるほどアイテムが揃っています。
また、2~3割引のセール品も膨大にあるので、おすすめです。
欲しかったものが、お得に手に入るかもしれませんよ。

で、お目当てのものを見つけて注文したのですが、
翌日またホビーリンクジャパンの膨大な商品リストを見ていたら、
注文したエデュアルドのドイツ軍用自転車のエッチングより
ボイジャーのほうが安いじゃありませんか。
しかも、Ⅲ号突撃砲B型もボイジャーのほうが
内容も良くてお買い得。

幸い、確認したらまだ発送してなかったので、注文し直しました。
ところが、その翌日、今度はアベールのほうが
内容も良くて安いことが分かりました。
同じキットに対応するエッチングパーツも、
複数のメーカーからこんなに出てるんですね。

で、あわてて再び注文し直そうとしたのですが、
ネットショッピングの注文の仕方に不慣れなことと、
土日をはさんでいたのが加わって、
結局商品を2回に分けて発送されることになってしまいました。

あれだけ送料が惜しいので、一度にたくさん買おうとしていたのに、
結局、1回分よけいな送料1000円を払う羽目になってしまい、
おじさん、とほほです。

今日、第1便が届きました。

Ⅲ号突撃砲キャタピラ

陸自モーターサイクル
さあ、気を取り直して、明日からキャタピラ組むぞう。


« »

11 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。