ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不定期連載ノスタルジックプラモデル 41

Category: ノスタルジックプラモデル  
メーカー不明 たぶん1/24 ニッサンスカイライン

ヒロナリ君の通ってた小学校では、5年生になると
毎週木曜日の6時間目はクラブの時間でした。
クラブといっても中学高校の部活みたいな本格的なものではなく、
週1回、5年生6年生の2学年合同でゆるめの活動をするものです。
図工が得意なヒロナリ君は、工芸クラブに入りました。

工芸クラブで最初に作ったものは、なんとプラモデルでした。
先生も子供たちに何を作らせたら良いか手探りだったのか、
とりあえず手軽に作れるので、
プラモデルを選んだのじゃないかと思います。
なんにせよ、プラモデルなんか学校に持っていけないはずなのに、
堂々と学校でプラモデルが作れるので、ヒロナリ君は大喜びでした。

お題は、自動車。
車種は自由に選べたのか、全員同じものだったのか
憶えていませんが、先生が段ボール箱の中からみんなに
ひとつづつキットを配ってくれ、ヒロナリ君が作ったのは
ニッサンスカイライン、いわゆる箱スカってやつでした。

ヒロナリ君は戦車や飛行機、軍艦の名前は詳しかったのですが、
車にはとんと興味がわきませんでした。
カローラとクラウンの区別もつきません。
消防車や、空港の牽引車といった特殊車両はかっこいいと
思うのですが、街を走っている乗用車はみんな同じに見え、
魅力を感じないのです。
(戦車に興味が無い人には、戦車なんてみんな同じに
見えるでしょうが)
そんなわけでスカイラインには何の思い入れもありませんが、
教室で堂々とプラモデルを作るという行為自体が、
タブーを破ってるみたいで、ワクワクするような体験でした。

キットは、モーター走行するものでしたが、その頃には
ヒロナリ君もモーターライズキットも作れるようになっていました。
その時間中に完成しなかったら、家で作ってきて、
来週持ってくるということになりました。

ヒロナリ君は完成させただけでなく、言われもしないのに
色まで塗りました。
ルーフを黒、ドアとボンネットを赤、その上に黄色の丸を描いて、
カーナンバーを描きいれ、レースカー風にしたのです。
もちろん、筆塗りの手描きなので、色はムラムラ、
ラインはヨレヨレでしたが、派手な配色とあいまって、
子供らしい元気で楽しい一台に仕上がりました。

次の週持って行ったら、色を塗ったのはヒロナリ君だけだったので、
抜群に目立ち、先生もほめてくれました。
今日は完成したプラモデルに電池を入れ、みんなで走らせるのです。

掃除のときみたいに、机と椅子を教室の後ろへやって
スペースを作ると、みんなそれぞれに作ってきた模型の車を
一斉に走らせました。
どれもステアリング機構がついていたので、大きな円を描いて
20台ほどの車が一斉に走るのはとても壮観でした。
男の子も女の子も目を輝かせて、自分の車を追ってます。
そのうち、接触事故を起こすものが出てきて、バンパーやミラーが
取れるものが続出し始めました。
こうなると今度はぶつけることが楽しくなり、パーツが取れるのも
お構いなしに、わざと人の車にぶつけあいました。

こうしてその日の教室は、飛び散るバンパーやタイヤとともに、
ヒロナリ君たちの歓声と笑い声に包まれたのでした。


スポンサーサイト

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 65        R12サイドカー編 2

Category: R12サイドカー  
バイクの組み立て完了

続きまして、フロントフォークにかかります。

フロントフォーク
このキットの見せ場は、スポークでしょう。
なるほど、エッチングのほうがリアルに決まってますが、
インジェクションでここまで再現してあるのは
すごいことだと思います。
確かにこれでも太すぎます。
でも、ズベズダの熱意を買って、敢えてこのままでいきます。

タイヤは、ありがたいことに後ハメができるので、
塗装の際、助かります。

リアフェンダーの取り付け
リアフェンダーを接着するのですが、位置が決めにくいです。
原因はフレーム左右を接着するとき、微妙にずれた位置で
接着してしまったことにあるようです。
別にこのキットに限ったことではありませんが、プラモデルの
パーツを接着するときは、水平垂直がちゃんと出ているか
気をつけなければいけませんが、おじさんとしたことが
少しばかり失敗したようです。てへ
(てへじゃねえっ!)

メーカーが車両を模型化するとき、あまりに細いパーツや
薄いパーツは成型が難しく、また強度を出すためにも、
ある程度太くします。
バイクのようにメカむき出しの車両は、パーツの厚みを考慮しながら、
狭い空間に複雑な形状のパーツを破綻なく立体的に
配置しなければならないので、設計が大変だと思います。
ですから、接着のわずかなひずみは、後のパーツの接着に
影響してしまいます。

0.2~0.3ミリずれたままフレームを接着してしまったので、
リアフェンダーが傾きがちになるのですが、なんとか無理やり
垂直を出して接着します。

極小パーツ
このキット、なかには、こんな小さなパーツもあります。
もっと小さなパーツを持つキットも存在しますが、
この大きさでもゲートの処理は大変です。

リアシート
リアシートです。
これだけで6つのパーツで構成されていて、
メーカーのやる気を感じます。

形になってきました
フロントフォークを取り付けると、いよいよ形になってきて、
ドイツのバイクらしいちょっとクラシカルなフォルムが
かっこいいです。
タイヤははめ込んであるだけなので、指ではじくと
驚くほど軽やかに回転します。
エンジンから足回りにかけて、すごい密度感があります。
え、全品100円?
(そりゃ、ミスドだっ!)

バイク完成
ハンドルとリアシートをつけて、完成です。
モデラーでない方に大きさ(小ささ)を実感していただくために、
手にひらに乗せてみました。
とりあえず、バイク本体は完成ですが、サイドカーなので、
まだ側車を作らねばなりません。
それから、ブレーキコードなんかの再現などもありますが、
面倒なのでどうしようかなあってとこです。


1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 64        R12サイドカー編 1

Category: R12サイドカー  
ズベズダ初体験 

シトロエン、シュタイアー、フォルクスワーゲンと来て、
お次は、BMWのサイドカーR12です。
グリュンベルク駅に視察に来た将校たちの警護兵が
乗ってきたという設定です。

はじめはマスターボックスのBMW R75を使うつもりでしたが、
ディテールのモールドがやや甘く、説明図のパーツの取り付け位置が
不明確だったので、ズベズダのR12を使うことにしました。

R12サイドカー箱絵
このキット、2000円以上したので、「うえっ、高っ!」
と思ったのですが、箱絵に惹かれて買ってしまいました。
土居雅博さんもおっしゃってましたが、すばらしい箱絵です。
日本のキットの箱絵には無い、ヨーロッパの芸術性を感じさせます。
土居さんは、中身のほうも特A級とおっしゃってましたが、
さあ、どんなキットでしょう。

おじさんは、実は東欧系のキットを作るのは初めてです。
アランホビーやマケットなど、いくつかストックはあるのですが、
どれもパーツがゴツく、精度が悪そうなので、
作るのがためらわれてました。

シリンダーパーツ
しかし!
ズベズダ凄い!
シリンダーのフィンの、この繊細さ。
1/35とは思えません。
他のパーツも、とても精密です。
さっそく組んでみます。

エンジン
まず、エンジンを組みます。
ここまでで11パーツを使います。
細かなパーツが、隙間無く吸い付くように収まります。
いやあ、これだけで感動してしまいます。

スタンド
スタンドのパーツも足掛けの部分まで再現されていて、
1/35じゃ限界じゃないでしょうか。

で、このエンジンとスタンドをフレームで挟みこみます。

フレームに挟む
たぶん、このキットの組み立てで最大の山場だと思います。
一度に複数のダボを合わせなければならないのですが、
精度が良いだけに、少しでも歪むとうまく合いません。
特に、パーツB41がクセモノです。
パーツには上下があるのですが、あまりに微妙な違いなので、
どっちが上か下かわかりません。
たぶんこっちだろうと見当つけて、接着したのですが、
どうもしっくり合いません。
上下を逆にして接着し直したら、ピタリと合いました。

では、今日はここまで。
いやいや、凄いキットです。
精密さでは、ドラゴンにひけをとらず、すばらしいフィギュアも
3体(プラス豚1頭)付属しています。
うーん、ちょっと高いと思ったけど、それだけの価値はあるねえ。


ただいま修理中

Category: M113  
アカデミー 1/35 M113A1

今回も過去作品をご紹介します。

おじさんはM113が大好きです。
中学のとき、タミヤのM113を作って以来、
この車両の大ファンです。
そのときのことは、いずれノスタルジックプラモデルで書きますが、
今日はアカデミーのM113です。

M113 1
アカデミーのM113は、一見タミヤのコピーっぽいのですが、
まったくのコピーというわけではありません。
トーションバーや、ペリスコープガードが別パーツになっているし、
転輪や、エンジン、兵員シート、燃料タンクなど多くのパーツが、
より実物に近い形になっています。
もしかしたら、コピーではなく、オリジナルなのかもしれませんが、
限りなくグレーに近いですね。(笑)
また、火炎放射用の砲塔や、106ミリ無反動砲をはじめ、
豊富なアクセサリーが付属し、出来はともかく
ヴェトナム人女性を含む5体ものフィギュアがセットされて、
大変豊富な内容のキットです。

M113 2
このキットも7~8年位前に作ったものですが、AFVクラブの
M88と組み合わせて、エンジンの修理中のディオラマを作ろうと
思いたったのでした。
そのため、点検カバーを開け、エンジンや車内を
作りこむことにしました。

M113 3
操縦席付近です。
M113はアルミ製なので、錆は出ません。
赤っぽく見えるのは錆ではなく、ヴェトナムの赤土です。

M113 4
エンジンは写真を参考に、出来る限りディテールアップ
してあります。
ホコリがいっぱいついてますね。ご勘弁を。
肉眼では気づかなかったのですが、写真を拡大すると
よくわかります。(笑)

m113 5
キットはM113A1と謳っているのに、
この部分は明らかなミスで、A2の仕様になってしまっているので、
タミヤのパーツに交換しました。

M113 6
基地内のデポで修理中という設定にしたので、
武装はすべて取り外した状態としました。

M113 7
兵員用シートのクッションが省略されていたので、
エポキシパテで作りました。
また、実車写真を見ると、燃料タンクに注意書きのようなものが
ガムテープで無造作に貼ってあったので、
それらしく再現してみました。

M113 8
車内奥の点検用のパネルは、取り外した状態としました。
また、右舷側の無線機が省略されていたので、
タミヤのM151から持ってきました。

M113 9
無線機のアップです。
ラックはプラバン製。
ビニールチュ-ブやスプリングで配線してみました。

この作品は2003年の中京AFVの会に出品しました。
ディオラマは間に合わず、フィギュアもいない単品で出しました。
地味で華が無いのはわかっていたので、ぜんぜん期待してなかった
のですが、思いがけずAM賞を受賞してしまいました。
えーっ!もらった本人がびっくり!
またもアーマーモデリング1年分、ありがたく頂きました。

え?M88とのディオラマはどうしたって?
いえね、いやその、いつかまたってことで・・・・・・・・


1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 63        フォルクスワーゲンTyp83郵便車編 2

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
組み立て終了

車体裏側にサスペンションパーツを取り付けます。

車体裏側
ご覧のとおり、かなり単純化されていて、実車の再現度は
低いのですが、ディオラマベースに固定してしまえば、
車体の裏側なんてまったく見えませんから、これで十分です。

運転席
運転席は、タミヤでもよく省略されるペダル類が
パーツ化されていて、好感が持てますが、
メーター類が、平面的なモールドで実感がありません。
しかし、ここをそれらしくするにはかなり大仕事なので、
見なかったことにしてあっさりパス。(笑)

後部荷台
車体の後部にある荷台を組み立てます。
このキットは救急車と郵便車のコンバーチブルなのですが、
塗装が違うだけで構造はまったく一緒なので、救急車仕様の場合、
この箱型の荷台に傷病兵を収容するわけです。
それにしてはあまりに狭く、担架も収容しきれません。
おそらく、四角い窓のような部分が開いて、担架の一部が
運転席にはみ出すように載せるのだと思われます。

平面のパーツを箱組みするのですが、これがクセモノ。
内側のモールドを一部削ったりして慎重にすり合わせをしないと、
隙間なくピッタリとは組めません。
ドアは接着してしまうと内側が塗れないので、
この時点では接着しません。

組み立て完了
はい、組み立て終了です。
この状態で塗装して、最終的に組み立てます。

駅といえば、郵便物も列車で運ばれてくるだろうから、
地元の郵便車が集荷に立ち寄ったという設定ですが、
ひとつ困ったことがあります。
郵便局員を登場させたいのですが、戦時中のドイツの郵便局員の
制服がわかりません。
ネットでも調べたのですが、結局わからずじまい。
どなたかご存知なら、教えていただけると助かるのですが。
それと、ドイツ国鉄の制服もわかりません。
たぶん軍服と似たようなデザインだと思うのですが・・・・・


コーヒーブレイク

Category: M60A1リアクティブアーマー  
ちょっとブレイク過去作品

久しぶりに、以前作った作品を紹介させていただきます。
その名も「コーヒーブレイク」。
タミヤのM60を使ったビネットです。

M60A1リアクティブアーマー 1
湾岸戦争のときの海兵隊のM60A1であります。
全身に鎧をまとったかのようなリアクティブアーマーの上に
荷物を満載した、非常に魅力的なスタイルです。
基本的には素組みですが、リアフェンダーの一部をプラバンで追加し、
アンテナを真鍮線から削り出しています。

M60A1リアクティブアーマー 2
3人の戦車兵は、ドラゴンのUSタンククルーです。
何しろ93年のキット(まだ成型色がオレンジイエローだった頃)
なので、出来がどうかと心配していましたが、
組んでみると結構かっこよかったのでほっとしました。
ただし、服のしわなどは甘いモールドで、
現在のドラゴンフィギュアとは比べ物になりません。

M60A1リアクティブアーマー 3
ゴーグルのベルトやチンストラップ、マイク、コードなどを
追加しました。
マイクはロイヤルモデルのエッチングです。
自作するにはあまりに細かいので、とても重宝します。

M60A1リアクティブアーマー 4
このキット、ヘルメットが本体とイアフォンの3つのパーツに
分割されていて、大変凝っています。
チョコチップ迷彩は、今見るととても荒い塗りですね。
お恥ずかしい。
何せ10年以上前の作品なのでご勘弁を。(笑)

M60A1リアクティブアーマー 5
タイトルどうり、腕を曲げてコーヒーカップを持たせてみました。
ハッチに腰掛けている兵士も、コーヒーカップを持っています。

M60A1リアクティブアーマー 6
ヴァーリンデンの湾岸戦争の写真集をもとに、
車体下部を派手に汚してみました。

M60A1リアクティブアーマー 7
転がっている砲弾ケースは、タミヤ製。
キャップをはずした状態にするため、
ストローの輪切りを接着しました。

M60A1リアクティブアーマー 8
荷物は、タミヤとアカデミー製。
木箱の注意書きのデカールを紛失してしまったので、
0.1ミリのサインペンで、それらしく見えるよう
書き込んであります。
肉眼で見るとあまりわからなかったのですが、拡大写真で見ると、
11年の間に降り積もったホコリが・・・・・・・

M60A1リアクティブアーマー 9
このビネットは、手の遅いおじさんにしては珍しく、
1ヶ月で一気に完成させました。
そして、1999年の中京AFVの会にこのビネットを持って、
初めて参加しました。
中京AFVの会は、しばらく中断していて、この年久しぶりに
再開されたそうで、参加者のものすごい熱気に
圧倒されっぱなしでした。
参考出品された平野義高氏の作品を生で見たり、山田卓司氏、
土居雅博氏といった有名モデラーにお会いしたりと、
テンション上がりっぱなしでした。

とどめは、この「コーヒーブレイク」、なんとAM賞を頂いたのです!
初参加で賞がもらえるなんて、しかも土居氏に認めてもらえるなんて
アドレナリン大爆発です。
オレって結構やるじゃん!
さらにうれしいことに、賞品は、アーマーモデリング1年分!
当時は隔月刊だったので1年分といっても6冊ですが、
それから1年間、毎月13日にはきっちり郵便受けに
アーマーモデリングが届いたのでした。


1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 62        フォルクスワーゲンTyp83郵便車編 1

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
タイヤの交換から始めよう

ソフトスキン3台目は、フォルクスワーゲンの郵便車です。
キットはCMK製、おじさんが所属している模型クラブ
池田迷作会のT君から1000円で譲ってもらいました。

フォルクスワーゲン郵便車
キットの箱絵は救急車仕様ですが、形はそのままで
塗装を変えることによって郵便車になります。
ジャーマングレイに塗って、ドイッチェポストという
デカールを貼るだけです。

では、さっそく製作開始。

タイヤの比較
キットは、60年代のプラモデルを思わせる出来ですが、
基本の形はしっかりしています。
ただ、タイヤだけはこのまま使うにはあまりに忍びない出来なので、
タミヤのキューベルワーゲンのものと交換することにしました。
そのため、タミヤのカスタマーセンターからパーツを取り寄せます。

フロントサスペンション
タイヤの取り付け基部の形が違うので、フロントサスペンションも
タミヤのパーツを使おうとしましたが、左右の長さが違うので、
使えませんでした。
キューベルワーゲンのサスペンションパーツならピッタリ合います。
へええ、キューベルワーゲンとシュビムワーゲンじゃ、
サスペンションの長さが違うんだ。
両方ともベースはフォルクスワーゲンなので、足回りのサイズは
同じだと思ってました。
ちょっと、目からウロコ。

ホイールをカット
仮組みのためにタイヤをサスペンションに取り付けたら、
ダボとダボ穴がきつきつでしっかりはまってしまい、
はずそうとしてもどうにもはずせません。
あちゃー。
無理をするとサスペンションパーツが折れてしまいそうなので、
まわりをカットして、残った部分を削ることにしました。

真鍮線で補強
結果的に、この方が接着面積が増えてよかったようです。
さらに、強度を確保するため、中心に真鍮線を打ちました。
ホイール側にも真鍮線用の穴を開けますが、プラの厚みが
あまり無いので、うっかり表面に突き抜けないよう
慎重にやらねばなりません。

リアホイール
リアホイールは、ギアハウジングをニッパーで切り取ると
自然にセンターに穴が開くので、そのままキットの
サスペンションパーツが取り付けられます。

じゃ、今日はここまで。
ところで、高校の演劇部の女性顧問のM先生は、
当時ブルーのフォルクスワーゲンに乗ってらっしゃいました。
一度乗せていただきましたが、びっくりしたのが車内の広さ。
特に足元が恐ろしく広々としてました。
フロントにエンジンが無いからですが、先生に聞いてみて
フォルクスワーゲンはエンジンがリアにあることを、
このとき初めて知りました。
なるほどなあと、感心したことを憶えています。


« »

05 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。