ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お芝居日誌 2

Category: 演劇  
青墓の小萩読み合わせ

本日8月29日、大垣市スイトピアセンターで
第3回目の脚本の読み合わせがありました。

スイトピアセンター
これがスイトピアセンターです。
この建物は、学習館といい、同じ敷地内に文化会館と図書館があり、
その総称をスイトピアセンターといいます。

文化会館
こちらが文化会館。
この建物の中のホールが、公演会場となります。

さて、今日もキャスティングのための読み合わせです。
今日は小学生たちは大体来ていましたが、大人の参加者の
欠席が多く、役を決めるために人を換えて読むのではなく、
人がいないので、代わりに別の役を読むといった形が
多くなりました。

読み合わせ
おかげで、おじさんは池野庄司だけでなく、
お公家さんの役もやりました。
このお公家さん、原作ではどんな名前なのか知りませんが、
脚本家のお遊びで綾小路公麿という名前です。
でも、さすがにこれではナンなので、今日
綾小路幹麿と変更されました。(笑)

これはやってて楽しい役です。
おじゃる言葉を使い、思いっきり誇張してやれるので、やりやすく、
しかもウケるので、男の役の中では一番おいしい役です。
池野よりこっちをやりたいなあ。
演出さん、お願いしますよ。

前回の練習の後、演出の三島さんに手紙を渡しました。
実はおじさん、この脚本にやや不満を持っています。
原作の持っている面白さが、だいぶ薄れてしまっているからです。
そこで、脚本を書かれた浅野さんには失礼ですが、
要望を手紙に託したのです。

手紙の内容は、要約すれば、
①場面を青墓に限定せず、もっと小栗と照手を描いて欲しい。
②枝葉末節なシーンは減らして欲しい。
③難しい言葉は、出来るだけ現代語に直して欲しい。
④ラストシーンをもっと盛り上げて欲しい。
といったところです。

今日の読みあわせでは、難しい言葉はいくつか分かりやすく
直されましたが、その他については、
「参考にさせてもらう」
という回答でした。

まあ、この要望を全部入れたら、大幅に脚本を書き換えねばならず、
時間もかかるし、何より演出意図にもかかわってくることなので、
簡単にはいかないことは分かっています。
おそらく、大きな変更は無いだろうとも思っています。
ただ、自分はこう感じているということだけは、
どうしても伝えたかったのです。

もちろん決定権は演出にあるので、要望がかなおうとかなわまいと
おじさん、一生懸命やっていくつもりです。


スポンサーサイト
テーマ : 演劇    ジャンル : 学問・文化・芸術

不定期連載ノスタルジックプラモデル 48

Category: ノスタルジックプラモデル  
タミヤ 1/72 ボスパー魚雷艇

魚雷艇といえば、おじさんたちの世代なら、なんと言っても
PT109でしょう。
あの故ジョン・F・ケネディ大統領が、太平洋戦争中、
艇長として乗り組んだあまりに有名な魚雷艇です。

映画にもなりましたし、ヒロナリ君は少年マガジンに載っていた
旭丘光志が描くケネディの伝記マンガで知りました。
霧の夜、帝国海軍駆逐艦天霧に衝突され、船体は真っ二つ。
(後で知ったのですが、船体はベニヤ製だったんですね。)
ケネディ少尉は、サンゴ礁の浅瀬を歩いて近くの小島にたどり着き、
乗組員たちを助けたという感動的なストーリーでした。

魚雷艇は小柄な船体とそのスピードで、小回りの効かない大型艦に
魚雷を撃ち込みさっさと逃げていく、まさに海のラットパトロール
のようで、ヒロナリ君はとても惹かれました。

魚雷艇のプラモデルはいろいろありましたが、ヒロナリ君は
夏になると、50円のゴム動力や、水中モーターで走る
200円くらいのもので、よく遊んでいました。
そこへ登場したのが、1200円もするタミヤのボスパーでした。

ぶっ飛びましたぜ!
その値段、大きさ、精密さ!
よくそんなお小遣いがあったもんです。

まず、箱絵が素晴らしい。
(タミヤの箱絵はたいてい素晴らしいのですが)
高荷義之氏描くボスパーは、北海の荒波をものともせず、
船体を宙に踊らせ、しぶきを上げて驀進して行きます。
遠くにフリゲート艦、その向こうは荒々しいタッチの空と雲。
躍動感にあふれた素晴らしい一枚です。

ふたを開けると、大きな船体パーツが目に飛び込んできます。
なんせ、スケールは1/72。
艦船模型のスケールは、1/700とか1/350など
3ケタが普通なので、こんな飛行機模型のスケールの
艦船模型はそれまでありませんでした。

船体は喫水線から上がグレー、下がレッドと、
2色のプラスチックが一体で成型されていました。
甲板は深いグリーン、上部構造物はグレーとそれぞれ色分けして
成型されていたので、全体を塗装しなくても、細部を
塗り分けるだけで、カラフルな完成品を手にすることが出来ました。

もちろん、モーターと電池を組み込んで走行させることも
出来ましたが、ヒロナリ君はすでに実際に走らせることには
興味を失っていました。
どんなにキットが精密に出来ていても、水を1/72に
縮小することは出来ず、実際に水に浮かべるとどうしても
オモチャっぽく見えてしまうからです。
それより、完成品を眺めながら、大海原を疾駆する姿を
頭の中でイメージするほうが楽しかったのです。

手すりは細い支柱パーツに、付属の黒糸を通して再現します。
また、乗組員の人形が6体ついていて、オープントップの
ブリッジに配置することが出来ます。
その精密さにワクワクしたもんです。

ヒロナリ君のボスパーは、戦車模型のように壊されること無く、
ホコリをかぶりながらも、長年にわたって
勉強部屋を飾っていたのでした。


お芝居日誌 1

Category: 演劇  
青墓の小萩 練習開始

先週土曜日、久しぶりに時間が取れたので、模型の塗装作業に
集中するつもりでした。
ところが、急に仕事が入ったため、まったく塗装できませんでした。
で、今回は大垣市市民創作劇をご紹介します。

96年に始まった市民創作劇の今回のタイトルは、
「青墓の小萩」です。
小栗判官照手姫の照手姫を主人公にし、照手姫が売られてきた
大垣青墓宿を舞台にした物語です。

ご存じない方のために、ざっとストーリーをご紹介しましょう。

不行跡のため常陸の国に流された小栗は、相模の国に美女が
住むことを聞きつけ、照手と結ばれます。
しかし、小栗は照手の父に毒殺され、照手は人買いに売られ、
全国をさまよいます。
小栗は閻魔大王の計らいで生き返りますが、
目も見えず口も利けず耳も聞こえない、餓鬼のような姿となります。
流れ流れて青墓の宿に売られてきた照手は、遊女となるのを拒み、
小萩と名乗り、下働きとしてつらい毎日を送ります。
餓鬼阿弥となった小栗は、熊野の湯につかれば元の姿に
戻るということで、車に乗せられ信心の篤い人々に引かれ、
青墓までやってきます。
この車を引けば千人のお坊さんが供養してくれたことになると
聞いた照手は、亡き夫を弔うため、そこに乗っているのが
小栗とも知らず、車を引きます。
熊野の湯で元の姿に戻った小栗は、美濃の国司として戻ってきて、
ついに照手と結ばれ、めでたしめでたしというお話です。

大垣市には、今も青墓という地名が残っています。
そのため、脚本では、この長い物語の青墓の部分だけに
絞り込んでいます。

8月8日に、一般公募の参加者のオーディションが行われました。
小学1年生から60代の方まで、30人前後の人が集まりました。
オーディションという形はとっていても、実質、
やってきた人は全員採用です。(笑)
全員採用しても、まだキャストが足らないんですから。

8月22日、大垣市スイトピアセンターで、第1回目の
練習がありました。
キャスティングのための読み合わせです。
22日はカミさんの誕生日だったので、岐阜都ホテルで
食事をしてから行ったので、おじさんは少々遅刻しました。

キャストが足らないことは分かっていたので、この日は岐阜の
劇団はぐるまから、何人か来てみえました。
おそらく、このままキャストとして参加されるでしょう。

おじさんは、小栗の家来だった池野庄司の役を読みました。
オーディションのときも、池野の役だったので、
たぶん、このまま池野になるでしょう。

演出の三島さんの頭の中では、すでに配役はあらかた
決まっているみたいで、最初に割り振られた役から外れることは
まずありません。

さて、こうして練習は始まったのですが、正直言って、
この脚本、少々問題があると思われます。
舞台を青墓だけに絞っているので、原作の持っている面白みが
半減しています。
(わあ、言っちゃった!)

演出の三島さんとは、何年も前からのお付き合いなので、
思い切って、意見を手紙に書いて送ることにしました。
もう手紙は書いてあります。
次回の練習で、渡すつもりです。
さあ、どんな結果になるでしょう。


テーマ : 演劇    ジャンル : 学問・文化・芸術

ブログ再開します!

Category: 日記  
長い夏休みをいただいていた「ヒロナリさんのモケーな日々」
ようやく再開いたします。

いえ、休んでいたのは、別に理由があるわけではございません。
おじさん、週2回の更新を目標にしていたのですが、
何かの都合が重なって10日ほど更新しないと、緊張の糸が
切れてしまい、なんだか投げやりになってしまうのです。
更新しなきゃという変なプレッシャーが形成され、それが逆に
やらなければいけない宿題を先延ばしするように、
ズルズルといってしまうのです。

このブログの読者の一人、高校時代の友人I君の
「ヒロナリ何やっとるんや、ぜんぜん更新してへんやねえか。」
と言うつぶやきが聞こえるようです。(笑)

休んでる間に、チャン家のママさんや、コウさんといった
新しいお客様がおいでくださったのに、新しい記事が無くて
本当に申し訳ない気持ちでした。
また、更新が無いにもかかわらず、一日30~40件の
アクセスをしてくださった皆さん、
本当にごめんなさいね。
ヒロナリさん、どうやら立ち直ったようです。
まだ、模型の製作の方は進んでいませんが、ネタが無いときは
昔の作品の紹介や、子供時代のろくでもないプラモ話で
お茶を濁しつつ、更新を続けていきますので、
よろしくお付き合いください。

小さな戦友
今日はリハビリなので、これで終わりますが、
何も写真が無いと色気が無いので、脈絡無く過去作品を
1点だけ載せておきますね。

次回から、本格的に始動します。
よろしくね!


テーマ : 趣味と日記    ジャンル : 趣味・実用

舞台へのいざない

Category: 日記  
昨日の朝、めったに鳴らないおじさんの携帯が珍しく鳴りました。
かけてきたのは、岐阜の劇団はぐるまのAさんです。
ディスプレイに表示された名前を見ただけで、
用件はだいたい想像つきました。
聞いてみると思ったとうり、お芝居への出演依頼でした。

大垣市文化事業団が1996年に始めた市民創作劇は、大垣市に
ゆかりのある人物を主人公にして、劇団はぐるまの方にオリジナル
脚本を書いていただき、一般公募した市民が出演するお芝居です。
おじさんは第1回から参加していて、今まで、
江戸時代の画家 浦上春琴、大垣藩主の家系 戸田欽堂、
徳川家康、江戸時代の漢詩人 梁川星厳などの役を
やらせていただきました。
市民創作劇は2~3年おきにあるのですが、今年またあるので
出てもらえないかというお話だったので、喜んでお受けしました。

今回のお話のテーマは、小栗判官と照手姫だそうです。
小栗判官については、恥ずかしながら名前だけは知っていましたが、
どんなお話かぜんぜん知りませんでした。
今、ウィキペディアで調べてみたら、波乱万丈の
とても面白いお話でした。
いやあ、楽しみだなあ。

演劇というものは、観るよりやるほうが100倍楽しいのですが、
この大垣市の市民創作劇は、ありがたいことに芝居作りの
おいしいところだけ味あわせてくれます。
おじさんは若い頃アマチュア劇団を立ち上げたので分かるのですが、
1本の芝居を上演するためには、演技の練習だけでなく、
実にさまざまなことをやらねばなりません。
会場の手配、大道具小道具衣装の製作、音響や照明のプラン、
チラシやチケットの製作、そして、一番大変なチケット売り!
まあそういった大変なことすべてひっくるめて楽しむのが、
アマチュア演劇なのですが、市民創作劇では、そういった
面倒なことはすべてプロがやってくれます。
僕らは芝居だけに集中すればいいのです。
なんて素晴らしい、素人役者としては、夢のような
ありがたい企画です。
もっとも、チケット売りだけはちゃんとノルマがありますが。(笑)

役者と乞食は3日やったらやめられないといいますが、
この市民創作劇も一度出た方は、その後続けて出演されます。
すっかり気心の知れたメンバーが久しぶりに集まって、
また芝居が出来ると思うと、今から楽しみでなりません。

本番は来年の2月。
それまで週2回の練習があるので、ドイツの駅の完成は、
また遠のきます。(笑)
練習の進みぐあいは、またこのブログで
随時紹介していくつもりです。
え、別に興味ない?
まあ、そう言わずにお付き合いくださいな。


テーマ : 趣味と日記    ジャンル : 趣味・実用

« »

08 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。