ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不定期連載ノスタルジックプラモデル 53

Category: ノスタルジックプラモデル  
スクラッチビルド 1/35 ヴェスペ

ここしばらく、お芝居や仕事が忙しく、信号所の製作が
ストップしています。
場つなぎに、初めてのスクラッチビルドの話を。

タミヤニュース34号の「これだけは作ろう」のページに、
Ⅱ号戦車からヴェスペに改造する記事が載ったのは、
ヒロナリ君6年生の夏でした。

完成写真を一目見て、そのスタイルに目を奪われました。
カッコいい!
ヴェスペなどという車両の存在も知らなければ、
戦車と自走砲の違いも分からないヒロナリ君でしたが、
そのフォルムはヒロナリ君の好みのツボをいたく刺激しました。

当時のヒロナリ君の美意識では、戦車の砲塔は
なるべく後にあったほうがカッコよかったのです。
だからシャーマンやT-34は不恰好に見えました。
例えば、車ならフェアレディZ、飛行機ならコルセアのように
車体後部にボリュームがあるものが好きなのでした。
その基準でいくと、ヴェスペはまさにストライクど真ん中でした。

しかし、これは組み立てキットではなくⅡ号戦車の車体上部を
切り取って、プラバンを使って自分で戦闘室を
作らなければなりません。
ヒロナリ君はひとつの車両を別の車両に改造するなんて
やったことありませんが、果敢にも挑戦することにしました。

こんな面倒な工作、今やれと言われたら尻込みしてしまいますが、
当時は怖いもの知らずだったんですねえ。

ベースとなるⅡ号戦車はすでに持っていたので、
新しく買わずにすみました。
そのかわり、その頃発売されたばかりのプラバンを買ってきました。
0.3ミリ、0.5ミリ、1.2ミリの5枚組みで150円でした。
BMWサイドカーが200円、ウォーターラインシリーズの
駆逐艦が100円なのに、ただのペラペラのプラスチックの板が
なんでこんなにするんだろうと思ったものです。

Ⅱ号戦車は作ってからだいぶ遊んだので、改造のベースに
するのには、ためらいはありませんでした。

まずは車体の上部構造を、フェンダーを残してカットします。
これがかなり大変。
工具といえば、爪切りとオルファカッターしか持っていないので、
なかなかうまくカットできません。
切り口もボロボロですが、ヤスリも持ってないので、そのままです。
何度も指を切りそうになりながら、どうにかカットできました。

次に、0.5ミリのプラバンで、車体上部を作ります。
タミヤニュースに載っている展開図をもとに、
プラバンに鉛筆で各装甲板を作図します。
ただ、書かれている寸法は仕上がり寸法なので、大きめに切って
組み立てながら寸法を合わせろという指示なのですが、
そんな面倒なことはせず、書かれている寸法そのままのサイズで
切り出しました。

各装甲板を接着するのですが、小口どうしで接着しようとすると、
接着面積があまりに狭く、形にしにくいったらありゃしない。
見えないところに補強材を入れるという知恵は無く、
(どちらにしてもプラ棒はまだ発売されてません)
かなりてこずりました。

特に難しいのが、ルーバーです。
窓のブラインドのようなものを作るのですが、細切りのプラバンの
両端は接着面積が狭すぎて、面ではなく点で接着しているので
接着剤が固まる前にポロポロ取れてしまい、苦労しました。

それでも何とか車体上部はカタチになりました。
砲身は他のキットから流用しろという指示なので、
遊び倒して壊れかけのM36バッファローから持ってきました。
それを支える砲架はM42ダスターのものです。
え?アメリカ軍の戦車のパーツを、ドイツ軍の自走砲に
使っていいの?
小学生だったヒロナリ君も、さすがに少し疑問に思ったのですが、
そういう指示だったので、あまり深く追及せず、
これまた壊れかけのダスターの砲塔をバラし始めたのでした。

最後に装甲板で囲って、工作は終了。
出来上がったヴェスペは、Ⅱ号戦車のダークイエロー、
M36やM42のオリーブドラブ、プラバンの白と、
とてもカラフルで、いかにもいろんな素材から作りました
といった感じがして、なんだか自分がいっぱしのモデラーに
なった気がして、こそばゆいような満足感がありました。

さて、塗装はタミヤのタンクカラーを使いました。
ダークイエローをシュッとひと吹き。
転輪のゴムを塗り分け、余っていたドイツ戦車の
デカールを貼って完成です。

苦労して完成させた達成感と、キットになっていない車両を
所有している満足感を味わいました。
ただ、自分でもプラバン細工の精度の低さは自覚していて、
メーカー純正キットのような精密感は、ありませんでした。
だから、点をつけるなら、65点ってとこでしょうか。

あれから40年。
今ではタミヤからヴェスペもキット化され、精密な完成品を
手軽に手にすることができます。
おじさんもヴェスペは買いましたが、まだ作ってはいません。
そのうち、リターンマッチしますから。


スポンサーサイト

お芝居日誌 8

Category: 演劇  
千秋楽!

本番1週間くらい前、チケットの売れ行きが悪いので、
みんなもっとがんばって売るようにと、ハッパをかけられました。
でも、おじさんが売ったチケットは、たった11枚。
申し訳ない。
人にモノを買ってもらうのが、どうにも苦手で。

それでも、他のみんなががんばって売ってくれたおかげか、
初日の土曜日は8割くらい客席が埋まりましたし、
日曜はほぼ満席になりそうだという話です。

演出の三島さんは、ギリギリまでセリフを追加したり、
変更するので、キャストもスタッフも大変です。
小栗と照手の再会のシーンもセリフが追加されたらしく、
本番1時間前にまだ練習していました。
おじさんも、カーテンコールのとき挨拶するよう、本番前日に
急に言われ、挨拶の文面を考えねばならず、あたふたしました。
そういうことは、せめて3日前に言ってよね。

みんな衣装を着て、メイクも済まして、
午後1時半、客入れが始まりました。
ロビーは長蛇の列だそうです。
予想以上のお客さんが入り、600席の会場が完全に満席になり、
補助椅子まで出したのですが、なんとそれでも入りきらず、
やむなく帰っていただいた方まで出たそうです。
ワオ!

本番5分前、41名のキャスト全員が舞台に集まり、
気合を入れました。
ただ、大声を出すと緞帳の向こうの客席に聞こえるので、
小声でですが。

全員がそれぞれ所定の場所に待機して、さあいよいよ始まります。

エミが扮する講談師の語りで幕が開きます。
この役は他のキャストとのからみが一切無いので、本人は不平を
漏らしていましたが、エミはさすがに実力があるので、
うまくお客さんの心をつかみ、物語世界へ導いていきます。

幕が上がって30分ほど、そろそろおじさんの役、
池野庄司の出番です。
池野は小栗の家来だったのですが、小栗が死んだあと商人となり、
偶然井戸で水を汲む小萩(照手)に出会います。
舞台に出ると、満席のお客さん。
でも、集中が切れるといけないので、客席は見ているようで、
見てません。

初めは、子供たちとの会話。
練習では彼女たちはよくセリフを忘れたり、段取りを
間違えたりしていましたが、さすがに本番では集中していて、
テンポよく会話が進み、実に上手です。

小萩が現れ、池野が
「あなたさまは、照手姫様ではありませんか。」
と訊ねるシーン。
おじさんは目立ちたがりなのか、気がつくと、
ついつい舞台の前面に立とうとしてしまいます。(笑)
演出に、立ち位置が照手と逆だろと言われたので、
照手より前に出ないよう気をつけます。
何のミスも無く、このシーンは終わり、退場します。

袖に戻ると、暗転幕が下りて、舞台転換。
スタッフの手によって、よろずやのセットが組まれます。
その間、講談師の語りで場をつなぎます。

ふと見ると、照手がはいつくばって
「あー、どうしよう!」
と言ってるじゃありませんか!
「どうしたの?!」
「ぞうりが足に当たって、平台の下に入っちゃったの!」
照手は次のシーンにすぐ出なければならないのに、
小道具のぞうりが平台の隙間に入り込んでしまったのです!
あわてておじさんも腹ばいになって、隙間に手を突っ込んで
探しましたが見つかりません。
もう時間が無い!
見つからないまま、照手は位置につきます。
そのとき、袖でスタンバイしてた村のおばあちゃん役の方が、
言いました。
「私のぞうりを代わりに使ったら?」
おじさん、すぐぞうりを受け取って舞台に走りました。
「照手ちゃん、ぞうり!」
「え、どこ?」
「ここに置いたから!」
「えっ、違う、場所こっち!」
あとは照手に任せて、おじさん袖に戻ろうとしたら、
舞台の地明かりが落とされて真っ暗になりました。
うわ!何にも見えん!
早く戻らないと、暗転幕が上がって姿をさらしてしまう!
走って戻りたいのですが、舞台に段があるので
つまずいて大きな音を立てるわけにはいきません。
闇の中、手探りでゆっくりと、でもできるだけ早く戻りました。
どうにか間に合い、暗転幕が上がり、何事も無かったかのように
次のシーンが始まりました。
ほっ。

いやあ、生の舞台って何が起こるかわかりません。
ホント、ギリギリの綱渡りをやってるようなモンです。

池野の2回目の登場シーンも何事も無く、
練習どおりきちんとできました。

その後、いったん楽屋に戻って着替えます。
池野は再び、元の姿に戻った小栗の家来になって、
小萩に小栗からのお召しを伝えに行くという設定です。
そのため、立派な衣装を着て刀まで下げています。
せっかく立派な衣装なのに、このシーンは
ものの1~2分で終わります。
なんだかもったいないなあ。

これでおじさんの出番は終了。
後は照手と小栗が再会して、カーテンコールを残すのみです。

袖で小栗と照手の再会シーンを見ていたら、セリフが途切れて
なんだか不自然に長い間をとってるじゃないですか。
このシーンも直前にセリフが増やされたので、
それに従ってやってるだけなのかなあと、思っていましたが、
実は小栗がセリフを間違えてしまっていたのです!
後で聞いたのですが、小栗がもっと後に言うべきセリフを
先に言ってしまったので、照手が答えることができなくなって、
シーンとした間が続いていたのです。

結局、照手がアドリブを入れてセリフをつないで、
どうにか話を元に引き戻しました。
照手、偉いっ!

おじさんも経験ありますが、ああいうとき役者は頭が真っ白になり、
観客やスタッフのすべての視線が自分に集中しているのを感じ、
でも何も思い浮かばず、テンパってしまいます。
だからといって取り乱すわけにもいかず、平静を装うのが精一杯。
今回みたいに、相手役がうまく取り繕ってくれたりしますが、
自分ひとりのモノローグなんかでこれをやらかすと、最悪です。
まさに役者にとっての悪夢(笑)
おじさんもこんな事になるんじゃないかという不安を
いつも抱えて舞台に立っています。

危ういながらもどうにか無事に幕は下りて、カーテンコールです。
キャスト全員ズラリと舞台に並んで、お客さんの拍手を受けます。
打ち合わせどおり、おじさんが一歩前へ出て挨拶をして、
緞帳が下りてきます。
下りきった瞬間、全員が
「お疲れ様でしたっ!」
と口々に叫び、握手したりハイタッチしたり抱き合ったりします。

いやあ、この瞬間がいいんだなあ。
5ヶ月間続けてきた練習が結実した達成感と開放感。
みんな高揚してます。
でも、これで終わりなんですよね。
もう次の木曜日は稽古が無いんです。
そう、芝居の本番を迎えるってことは、
その芝居とサヨナラすることなんです。

この芝居を再演することは、たぶん無いでしょう。
万一あっても、今回のキャストと同じメンバーではないはずです。
だから芝居はその瞬間一回限りで消えていく儚いものなのです。
たとえ録画しても、それはあくまで記録であって、
作品じゃありません。
それだからこそ、芝居はいとおしく、稽古がどんなにつらくても
終わってしまえば、またやりたくなるんです。

「青墓の小萩」にかかわったすべてのキャスト、スタッフの皆さん、
本当にお疲れ様でした。
観に来てくださったお客様、本当にありがとうございます。
またいつか、ステージでお会いしましょう。


テーマ : 演劇    ジャンル : 学問・文化・芸術

お芝居日誌 7

Category: 演劇  
ステージメイク

大垣市市民創作劇「青墓の小萩」
2月6日 日曜日、千秋楽を迎えました。
といっても、2ステージしかないので、前日が初日、
2日目が千秋楽であります。(笑)

開演は午後2時からなのに、10時半頃には会場に入りました。
なんだか時間が過ぎていくのが惜しくて、少しでも
舞台や楽屋の雰囲気に浸っていたかったからです。

ロビー
ロビーにはまだ誰もいません。

舞台全景
青墓の宿よろずやのセットが、静かに出番を待っています。

客席
書割の裏側から見た客席です。
数時間後にはここにお客さんが入り、芝居が進行し、
やがて幕が下り、このセットも撤去されます。
ちょっとセンチな気分でこの時間を味わいます。

衣装を着る
11時頃早めの食事をして、着替えにかかります。
和服って大変で、とても一人じゃ着られなくて、衣装さんに
着せていただきます。

では、舞台用のメイクの手順をご紹介します。
舞台のメイクは役者の表情をわかりやすくするため、
派手めに誇張しておこないます。

地塗り
かつら屋さんに羽二重をつけてもらったら、
まずはファンデーションを塗ります。
色が何種類かあって、大人の男性はたいてい7Nを塗ります。
まんべんなく塗って、これをベースとします。

メイク道具
ここからはドーランの作業です。
これがドーラン。

パレット
ドーランは手の甲をパレット代わりに調色して、指で塗ります。

シャドウ
顔の立体感を出すため、眉の下、鼻の脇、頬の脇などに
茶色系の色でシャドウを入れます。

眉とヒゲ
頬やおでこに朱色系の色を入れ、さらにペンシルで
ややおおげさに眉を描き込みます。
おじさんはヒゲの密度が薄いので、ヒゲも描き込んでおきます。

しわとアイライン
目をパッチリさせるため、太めにアイラインを入れ、
しわも描き込みます。
笑顔を作ったときにできるしわを強調するように、
しわを描き込みます。

被り物
この上にかつらを被り、相撲の行司のような烏帽子を被ると
出来上がりです。
なーんだ、やってることはフィギュアの塗装と一緒じゃん!
高校の演劇部でこのメイクを覚えたのですが、
昔からフィギュアを塗っていたので、コツは簡単に飲み込めました。

さあ、もうすぐ最後のステージが始まります!


テーマ : 演劇    ジャンル : 学問・文化・芸術

お芝居日誌 6

Category: 演劇  
初日!

大垣市市民創作劇「青墓の小萩」、本日初日を終えました。
初日といっても、明日が最終日ですが(笑)

いやいや大変でした。
何が大変って、おじさん、急に仕事が忙しくなったのです。
リーマンショックからこっち、仕事が激減して、
今まで月2回の土曜休みを、毎週土曜日休みにしてたくらいです。
だから土曜日が本番でも全然問題ないと思っていました。

本番前、水、木、金と毎晩7時から通し稽古なのですが、
この水曜日から突如注文が入りだして、毎晩7時まで残業と
なってしまい、30分遅れで稽古に参加するといったぐあいに
なってしまいました。
芝居の稽古が終わった後、11時半まで
また仕事をした日もありました。
ああ、しんど。

本当は本番直前レポートもしたかったのですが、家へ帰ったら
バタンキューで、ブログの更新なんかできません。

今日、本番前3時から最終のリハーサルが(ゲネプロといいます)
あったのですが、2時まで仕事をして、20分で会場に駆け込んで、
大急ぎで着替えて、何とか間に合わせました。

午後6時、客入れが始まります。
徐々に緊張が高まりますが、今までの公演と比べると、
それほどでもありません。

これはあれですね。
今回、おじさんの出番は幕が上がって30分ほど経ってからなので、
気持ちに余裕があるんですね。
前回の市民創作劇では、幕開きのシーンから
出なければならなかったので、開演の10分前くらいから
緞帳の後ろで待機していました。
照明の落とされた舞台は真っ暗で、緞帳の向こうから
客席のざわめきが聞こえ、たった一人で幕が上がるのを
待っていると、いやが上にも緊張感は高まり、
何もかも放り出して逃げ出したくなるほどです。

しかし今回はすでに始まってるところに入っていくので、
かなり気楽にやれます。
とはいえ、セリフや段取りを間違えはしないかという不安は
常に付きまといます。
実際、一度段取りを間違えかけてヒヤリとしました。(笑)

舞台に立ってしゃべり始めると、あの独特な感覚が
蘇ってきました。
役の心情になっている自分と、しゃべり方や立ち位置などを
一番効果的に見せようと計算している役者としての自分、
それを第三者的に客観的に見ている自分。
同時に3人の自分が存在しているという不思議な感覚です。

このステージでは、ヨメさんが自分の弟夫婦と
観に来てくれたのですが、座った席がまずかったそうです。
観劇の常識がまったく無いオババが3人、前の席にいて、
常にしゃべって笑っているので、
ぜんぜん集中できなかったそうです。

映画館やホールではしゃべってはいけないというルールを
まったく知らないらしく、周りの迷惑を考えず
茶の間でテレビを見ているように、思ったことをそのまま
しゃべりまくり、何がおかしいのか笑い転げています。
たまりかねて、ヨメさんが注意したのですが、1分ともたず、
すぐまたペチャクチャペチャクチャ。
あまつさえ、舞台上に立っている自分たちの知り合いに
「○○さーん!」
と声をかける始末。(笑)
おかげで、おじさんのセリフは何も聞き取れなかったそうです。
もう、怒るのを通り越して笑ってしまったそうです。
災難ですね、そんな席に座った日にゃあ。(爆笑)

さあ、明日もう1ステージあります。
がんばるぞっと!


テーマ : 演劇    ジャンル : 学問・文化・芸術

« »

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。