ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

不定期連載ノスタルジックプラモデル 59

Category: ノスタルジックプラモデル  
タミヤ パチッ特集号

ミリタリーモデラーの方には説明不要でしょうが、そうでない方もいらっしゃるので、
少しばかり説明を。

田宮模型が毎月発行している広報誌タミヤニュースの中に、
読者投稿の情景写真を紹介するコーナーがありました。
カメラのシャッター音からきているパチッというタイトルのこのコーナーは、
1/35スケールの戦車や兵隊の人形を使って、戦場の風景を再現した特撮写真を紹介していて、
小学生だったヒロナリ君は、パチッのページが一番のお気に入りでした。

タミヤニュース本誌のパチッとは別に、半年に1回くらいの割合で、
コンテスト形式で情景写真の募集が行われ、腕に覚えのある全国のモデラーが応募し、
その作品集としてパチッ特集号が発行されました。

当時(72年頃)、タミヤニュースが30円だったのに対し、パチッ特集号は200円くらいしたかなあ。
少々お高めでしたが、第4号から90年代ごろまで欠かさず買っていました。

金賞、銀賞の作品はさすがに素晴らしく、中には本物の記録写真としか思えないようなものもありました。
ヒロナリ君は毎号ていねいに写真を眺めては、塗装やちょっとした改造のヒントを得ていました。
やがてヒロナリ君は自分も投稿したいと思うようになりましたが、いかんせん、カメラがありません。
当時、我が家にもカメラはあったはずですが、使い方が分からず、
というより触ったことさえありませんでした。
これでは、投稿できません。

そこでヒロナリ君が考え出した解決法は、学校の担任の先生に頼んで撮ってもらうという、
かなり強引で厚かましい方法でした。

温知小学校6年1部(1組ではなくて、なぜか1部と言ってました)の担任は亀井先生といって、
メガネをかけた小柄なおばちゃん先生でした。
亀井先生は生徒たちに信頼されている素敵な先生で、おかげで6年1部は
男女の仲のいい、和気あいあいとしたとても楽しいクラスでした。
この頃、ヒロナリ君は生まれて初めて女の子を好きになりました。
彼女は涼やかな顔立ちの美少女で、
おっとと、話がどんどん横へ行ってしまいました。
いかん、いかん。

女の子の話は、とりあえずこっちへ置いといて、パチッ特集号です。

亀井先生にプラモデルの写真を投稿したいので、写真を撮ってほしいとお願いすると、
先生は快く引き受けてくださいました。
本当は学校にプラモデルなんか持ってきちゃいけないので、次の日、他の人にバレないようにこっそりと
キューベルワーゲンを持っていきました。

放課後、校舎裏のゴミ焼却炉のわきで秘密の撮影は開始されました。
キューベルワーゲンが突如敵の攻撃を受け、将校が撃たれ、部下たちが応戦しているという設定です。
助手席のドアを半開きにしたキューベルワーゲンを直接地面に置き、まわりに人形を配置します。
立ちポーズの将校はベルトの位置でカットして、着座ポーズの下半身を接着し、
背中に線香の火を押し当て被弾跡を作り、撃たれて後部座席から身を乗り出しているように配置します。
車体後方へ向けてライフルを撃っている兵士を2体ほど配置して、セッティング完了です。

「こっちから撮って。」「今度はこっちからもう一枚。」
などと先生に指示を出しながら、撮影は進行しました。

応募規定では、写真はキャビネ版で送るということなので、
キャビネ版とはどういうものかわからないまま、先生にキャビネ版でプリントしてもらうよう頼みました。
現像もプリントもお金がかかるということくらい、考えれば分かることなのですが、
ヒロナリ君はそんなことは思い浮かばず、かかった費用はすべて先生に払わせてしまいました。
ああ、恥ずかしい!
厚かましいにもほどがある!

数日後、先生が普通の写真よりかなり大ぶりな写真を5枚ほど手渡してくれました。
おお、出来てきたか!
ところが、その写真は思っていたものとは少し違っていました。
ヒロナリ君の頭の中のあった構図では、もっと画面いっぱいに車両や人形が写っているはずでしたが、
その写真はかなりロングで撮られていて、いかにも地面に置いた
小さなプラモデルといった感じのものでした。
何しろ自分でファインダーをのぞいて構図を決めたわけではないので、イメージと違っていて当然です。
ですが、カメラで撮れば自動的に迫力ある戦場写真が撮れると思い込んでいたヒロナリ君は、
正直言ってややがっかりしました。

しかしながら、さすがに先生に対して不満を漏らしたりはしませんでした。
おバカなヒロナリ君も、それくらいの心遣いはかろうじて持っていたようです。
一生徒のためにこれだけしてくださったのに、文句を言ったら罰が当たると思ったんでしょうね。
それでも見る目だけは持っていたので、これでは入賞は無理だろうなあと自覚しながらも、
ダメもとでその写真をタミヤに郵送しました。

結果は、予想通り落選でした。
その後、20代後半まで自分専用のカメラを買うこともなかったので、
パチッ特集号への挑戦はこれが最初で最後となりました。

それにしても、亀井先生には大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。
もう何十年もお会いしていませんが、小学校を卒業した翌年から現在まで、
毎年年賀状だけは欠かしておりません。
どうぞいつまでもお元気でお過ごしください。


スポンサーサイト

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 115       レオポルド列車砲編 7 

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
弾薬車の組み立て

ブログを再開したら、友人たちから「ようやく再開したな」とすぐ声をかけられました。
彼らはこの半年間、パソコンの電源を入れるたび、習慣のようにこのブログを見に来てくれてたようです。
ありがたいことです。
わざわざ電話してくれた友人もいました。
がんばって、できるだけ更新していきます。
でも、I君などは、模型の製作記事はつまらんと言います。しくしく。
ノスタルジックプラモデルの昔話のほうがお好みなのでしょう。
彼には悪いのですが、今日も製作記事です。

さて、後部車体の上に配置する弾薬車を組み立てます。

弾薬車床板

箱組みにするパーツを切り出したら、床板の裏側に大量の押し出しピンの跡を発見しました。
ここは完成後も見える場所なので、面倒ですが、パテ埋めをしましょう。

パテ埋め

タミヤパテをシンナーで少し柔らかめにして、押し出しピンの跡に筆でそっと盛っていきます。
タミヤパテは硬化するとかなりヒケますので、かなり盛り上げておきます。

パテ埋め終了

一晩ほっといて、耐水ペーパーをかけて均します。
一部、パテ処理してない部分がありますが、ここは側板の内側にあたるので問題ありません。

弾薬車箱組み

パテが硬化するのを待つ間、弾薬車本体を箱組みします。

床板接着

そこに床板を接着し、細かなディテールパーツを接着していきます。
だんだん形になってきました。

短いですが、今日はここまでとしましょう。

ところで、ブログを休んでるうちに、いつの間にかこの画面のレイアウトが変わってしまいました。
本文の右側にカテゴリーや月別アーカイブがあったはずなのですが、画面のずーっと下に移動していて、
プロフィールはなくなっています。
これは自分で設定を変えたわけではなく、気が付いたらこうなっていたので、
どうやったら元に戻せるのかわかりません。
困ったなあ、せっかくこのテンプレート気に入ってたのに。(泣)


1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 114       レオポルド列車砲編 6

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
砲の製作

さて、続きましては、砲の製作に入っていきます。

レオポルドの装備する砲は、口径実に280ミリ!
とんでもなくデカいです。
普通の戦車砲とはあまりにサイズが違いすぎるので、とても同じ1/35スケールとは思えません。

揺架

揺架だけで、戦車1両分くらいのボリュームがあります。
パーツが大きい分、多少の反りが見られましたが、接着剤をたっぷり使い、強制的に接着します。

筒抜け砲尾パーツ

これは、砲尾を仮組したところですが、問題が一つ発生しました。
四角い穴は閉鎖機が通る穴ですが、前方から見ると、内部ががらんどうなのが丸見えで、
これではちょっとまずいです。

プラバンでふたをする

仕方がないので、1ミリのプラバンでふたをします。
見えるのは一部なので、丸々全部ふたをする必要はありません。

筒抜け解消

ほーら、これで筒抜けは解消されました。
ところが!
組み立てが終了した時点で、意外なことが判明しました。
このプラバンで作ったパーツ、実はもともとパーツ番号B26として、キットの中にちゃんと存在していて、
組み立て説明書に書き忘れられていただけなのでした。
この時点では、まだ箱の中にパーツがついたランナーがどっさり残っていて、気がつかなかったのですが、
すべての組み立てが終わった時、パーツが一つ残っていて、なんだこりゃと思いよくよく見ると、
このふたのパーツだったんですね。
もうガックリ力が抜けました。
まさか、こんな落とし穴があろうとは。(泣)
よけいな手間をかけさせやがって!
トランぺッターのキットは、全く油断できません。
このキットを作られる方、この工程でB26を忘れずに接着しましょうね。

砲尾接着

で、お騒がせの砲尾を接着すると、こうなります。
こうやって握ると、大砲の尾部というより、なんだかSF映画に出てくるレーザーガンみたいですね。

ところで、ブログを休んでいた間の4月22日にコメントをくださった41才デビューモデラーさん、
遅ればせながら、ご質問にお答えいたします。

スチレンボードにけがいたレンガに、うまくモデリングペーストを塗れないとのことですが、
まあ確かに塗りにくいですね。
そのままではベトベトすぎて筆にくっついてうまく塗れず、水で薄めすぎると目地にばかり溜り、
凸部は弾かれて水玉みたいになってしまいます。
つまりは、薄める水の分量次第ってことです。
モデリングペーストに少しずつ水を加えて、いらないスチレンボードに試し塗りをして、
塗りやすく弾かれない良いあんばいの濃度を見つけるしかないですね。
加える水の量は文章で表現するのは不可能なので、ご自分でいろいろ試してみてください。

お答えしたのはいいけれど、4か月も前のご質問なので、おそらくすっかり忘れられて
このブログももう見てらっしゃらないかと思います。
41才デビューモデラーさん、本当に申し訳ありませんでした。


1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 113       レオポルド列車砲編 5

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
雌伏6か月

ほとんど半年、ブログを更新しませんでした。
その間、のぞきに来てくださった皆さん、コメントを寄せてくださった皆さん、
本当にごめんなさい。

実は、パソコンの調子が悪く、せっかく撮った写真がどうしても
パソコンに取り込めなくなってしまったのです。
ついにはパソコンをリカバリしましたが、状況は改善せず、
それどころかワードが使えなくなってしまいました。とほほ。

ならば、せめてノスタルジックプラモデルでパチッ特集号の話でも書こうと、
ある程度書いたのですが、うっかり操作を間違えて、せっかく書いた文章を削除してしまいました。
あまりにガックリきて、そのまましばらくブログを開く気にもなりませんでした。
そしたら、それがそのまま今日までズルズル来てしまったのです。
その間、全く自分のブログも人のブログも見てなかったので、
コメントをくださった皆さんには本当に申し訳ありませんでした。

しかし、とうとう再開する気になったのは、新しいパソコンを買ったからです。
サクサク気持ちよく動くし、写真もちゃんと取り込めました。
いやいや、技術の進歩はすごいなあ。
前のパソコンは10年使ったので、全く別物って感じです。

ソニーバイオL239

今まではノートでしたが、今度はデスクトップにしました。
というより、ボードPCっていうのかな?
24型ワイドの画面はデカく、ブログの入力画面も左右いっぱいに広げられるので、
とても見やすくて快適です。

ブログそのものは停滞していましたが、模型の製作はちゃんと続けていました。
もちろん写真も撮っているので、どんどん更新していくつもりです。

台車完成

さて、ブログを休んでる間に、台車の組み立ては終了してしまいました。

前方用台車

こちらが前方用の台車です。
前半分はスノコ状になってますが、ここは木の色にするべきか、車体色にするべきか悩みどころです。

エッチングパーツ

一部にキット付属のエッチングパーツを使用しますが、
これはいったいどんな役目のパーツなんでしょうね。
どっちにしても、完成したらほとんど見えなくなりますが。

後方用台車

こちら、後方用台車。
前方用とは細部が異なります。
車体上面には細かなモールドが施されていますが、これも完成後はほとんど隠れてしまいます。

真鍮線で作り変え

細くて折れやすいパーツは、強度確保のため、キット付属の銅線で作れと指示されてますが、
銅線は曲げやすすぎて、直線が出しにくいので、真鍮線で作ります。
インストの原寸図に合わせて、真鍮線をペンチで曲げます。

取り付け状態

取り付けると、こんな感じになります。

じゃ、今夜はここまでにしときましょう。
これからどんどん更新するつもりですが、またもや来年2月本番の芝居に参加することになってしまい、
思うように作業が進まないかもしれません。
ホントにいつになったら完成するやら。(笑)


« »

08 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード