ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不定期連載ノスタルジックプラモデル 61

Category: ノスタルジックプラモデル  
岐阜放送ラジオ ヤングスタジオ1430

今日はふと思い立って、プラモデルとは全然関係ない昔話
(それも岐阜県民限定)をさせていただきます。(笑)
他県の方にはわかんないでしょう、すんません。

ヒロナリ君、小学6年生の秋、40年前のちょうど今頃の季節です。
父親に自分用のラジオを買ってもらいました。
別にねだったわけでもないのに、ある日何の脈絡もなくラジオを買ってくれたのでした。
縦10センチ横20センチくらいの極めてシンプルなラジオで、
ベルト付きの黒い革ケースに包まれていて、右側にチューニング用の丸いダイヤルがついていました。
たしか、ミツビシ製だったと思います。

早速スイッチを入れると、雑音がザーザー入ってきて、ダイヤルをゆっくり回すと
所々でアナウンサーの声や音楽がキャッチできました。
せっかく放送局をキャッチできても、かすかに別の放送局の音が混信してきたり、
中国語や韓国語らしき外国語が聞こえたりもしました。
へえ、外国にも放送局があって今この瞬間放送していて、聞いてる人がいるんだなと
当たり前のことに妙に感心しました。

その頃、この地域ではどんな放送局があるかなんて何も知らず、
適当に選局して興味をひかれた局を聴いてみました。
たまたまその日は月曜で、夜10時を回っていました。
なんだか騒がしい声で、エッチな下ネタをしゃべっている声が耳に止まりました。
それが岐阜放送(現ぎふチャン)の通称ヤンスタ、
ヤングスタジオ1430(イチヨンサンマル)でした。
しゃべっていたのは、つボイノリオ、
わ、びっくりした!
今「つぼいのりお」と入力して変換キーを押したら、なんのためらいもなく
「つボイノリオ」と変換されました!
現在では中京地区のラジオ界で大御所として有名なパーソナリティつボイノリオさんは、
当時「坪井のりお」の名で活動されてましたが、「つボイノリオ」と改名し、その後東京に進出され、
オールナイトニッポンやおはよう子供ショー、プリンプリン物語などにも出演されたので、
全国的にもそれなりに知名度はあると思います。
しかし、まさかパソコンの変換キーに認識されているとは思ってもみませんでした。
すごいぞ、つボイさん!

ヤングスタジオ1430は、月曜から土曜まで夜10~11時50分までの若者向け番組で、
曜日ごとに担当DJが変わりました。
かっちゃんとかビバとか他にもDJはいましたが、やはり月曜の坪井さんが一番面白かったです。
その日から毎週月曜は必ずラジオのスイッチを入れるようになりました。
ちなみに1430は岐阜放送の周波数で、78年に周波数が1431kHzに変わってからは、
番組タイトルもヤングスタジオ1431となりました。

この番組との出会いはちょっとした革命でした。
テレビしか知らなかった小学生が、ラジオの深夜放送という(10時では深夜とはいえませんが)
高校生や大学生のお兄さんたちのちょっとオトナの世界を知ったのです。
クラスメイト達より少し大人になったような気がしました。

テレビは情報を一方的に受け取るだけですが、ラジオは双方向です。
リスナーもハガキによって番組に参加し、DJとの対話を楽しみ、
同世代の若者の体験や考えを共有するというテレビには無い一体感がありました。
今を生きてるって感じです。
その頃の言葉でいえば、ナウでした。

で、坪井のりおのヤンスタはとにかく笑えました。
テレビでは放送できないようなきわどい下ネタが多く、トークが絶妙なので、
1時間50分笑いっぱなしでした。
もっとも、小学生は11時過ぎると眠気に勝てず、
番組を最後まで聞いたことはあまりありませんでしたが。

途中、「ハイディ矢野のイングリシュフォーヤング」などのコーナーをはさみながら、
坪井さんはフォークソングばかりかけながら、しゃべりまくります。
このフォークソングとの出会いも新鮮でした。
この年、よしだたくろうの「結婚しようよ」がヒットし、ヒロナリ君も背伸びして、
自分のお小遣いでシングル「旅の宿」を買ったりしてました。
坪井さんは番組内ではフォークしかかけないと宣言していて、
岡林信康や斉藤哲夫、江口晶、山名敏晴、金沢栄東、八事裏山フォークソングオーケストラ
などといった、聞いたこともないような人の曲ばかりかけていて、
自分が気に入った曲は、リクエストがなくても3週でも4週でも続けてかけるといった、
自分の趣味を前面に押し出した番組作りをしてました。
テレビの歌謡曲とは違う、マイナーだけどメッセージ性の強い歌の世界に触れて、
自分がちょっと大人びたような気になりました。
もっとも数年後、方針転換して歌謡曲もかけるようになりましたが、
リスナーの間では賛否両論でした。

ヤンスタ月曜日の名物コーナーと言えば、なんといっても
連続ラジオ紙芝居「嗚呼、さなえちゃん」でしょう。
紙芝居といってもラジオなのでビジュアルはありませんが、
ヤンスタ学園に通う美少女さなえちゃんの波乱万丈のストーリーを、
坪井さんは紙芝居屋さんのように太鼓をたたきながら物語ります。

貧しい家庭に生まれながらも心優しく美しい少女さなえは、みんなの人気者。
それを妬む美人だけど根性ワルのクラスメイト奥山敬子は、さなえに数々の意地悪を仕掛ける。
しかし、さなえは持ち前の明るさと、クラスのプリンス立花徹君の支えではね返していくという
当時の少女マンガにありがちなお話のパロディでした。

このお話の面白さは、登場人物のキャラです。
はっきり言って主人公さなえより脇役のキャラが立っていて、主人公がかすんでしまうくらいでした。
途中から登場するみなしごバッチという少年は、身なりがばっちいからつけられた名前です。
(現在ではみなしごという言葉自体がNGでしょうか?)
怪しい占い師の名前は、雲谷斎(うんこくさい)。
もしかしたら雲黒斎かもしれません。
なにしろラジオなので、漢字はヒロナリ君の想像です。

ただし、奥山敬子はこの字で間違いありません。
以前坪井さんが所属していたバンド「欲求不満フォークソングボーイズ」のリーダー
奥山敬造さんの名前を拝借したからだそうです。
「欲求不満フォークソングボーイズ」といえば、「女の娘が欲しい」という
身もふたもないタイトルの曲がありました。
You Tubeにアップされているので、よければ聴いてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=MuH62X7XJ_E
で、この奥山敬子のキャラが強烈!
初めは美人で頭がよくお金持ちだけど根性ワルという設定でしたが、
お話が進むにつれだんだんキャラが変わっていき、根性ワルという要素だけが残って、
デブでブスで、所構わず痰を吐き散らす下品な奴に変わってしまいました。(笑)

奥山敬子のテーマという歌もありました。
当時はやったエメロンシャンプーのCMソングの替え歌で、こんな歌詞でした。

♪泣いているのか 笑っているのか
  怒っているのか 喜んでいるのか
  生きているのか 死んでいるのか
  気持ち悪いな 奥山敬子

もう一つの名物企画は、小噺コーナーです。
リスナーから寄せられる小噺を紹介するのですが、
どいつもこいつも下ネタばかりです。(笑)
その中でも最強の人気を誇ったのが、金太君シリーズでした。
「金太、負けるな。」→「金玉、蹴るな。」
「金太、守って。」→「金玉、持って。」
などという下品な言葉遊びをオチにした小噺が毎週送られてきて、
たいへん盛り上がっておりました。
その後、坪井さんはこれらのネタを無理やり一つのストーリーにした歌を作り、
レコードを発売しました。
不朽の名曲「金太の大冒険」であります。
この曲は発売後わずか20日で放送禁止に指定されてしまいましたが(笑)、
当時の岐阜の中高生の間には深く浸透し、たいてい誰でも知っていました。
現在では放送禁止という制度が無くなったそうで、
どこかで耳にされた方もいらっしゃるかもしれません。
「金太の大冒険」もYou Tubeにアップされているので、聴いたことの無い方はぜひお聴きください。
http://www.youtube.com/watch?v=2xXlS9pQSo8
そのほかにも「吉田松陰物語」「極付け!お万の方」などいろいろ揃っております。
タイトルを見ただけで、内容が想像ついてしまいますね。(笑)

最後にもう一つYou Tubeネタを。
今回この一文を書くにあたってウィキペディアで調べたところ、
ヤンスタのテーマ曲のタイトルが分かりました。
The 5th DimensionのTime and Love という曲です。
現在、毎週火曜22時よりぎふチャンで「復刻版ヤングスタジオ1431」が放送されていて、
当時と同じテーマ曲が流れていますが、You Tubeではフルコーラス聴けるので、
当時のヤンスタリスナーの方、昔を思い出して聴いてみてください。
泣けますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=10CUlyset0A

この曲を聴いていると、坪井さんのあの元気な声が聞こえてくるようです。

「ハイ、皆さんこんばんは!岐阜の中学生をスケベにするために
今日も一宮からやって来た坪井のりおでーす!・・・・・・・」


スポンサーサイト
テーマ : 趣味と日記    ジャンル : 趣味・実用

美濃の蘭学事はじめ―江馬蘭斎伝― 1

Category: 演劇  
ワークショップ

大垣市文化事業団が主催する市民創作劇、今年のお題は
「美濃の蘭学事はじめ」であります。
今回も劇団はぐるまの浅野さんから出演のお誘いがあったのですが、
実は一度お断りしたのです。

おじさん、お芝居に参加するのは好きなのですが、
この文化事業団主催の市民創作劇には限界を感じていたんですね。
というのは、大垣市ゆかりの歴史上の人物を広く紹介するというのが主眼なので、
どうしても地味にならざるを得ません。
今回のテーマは江馬蘭斎。
江戸時代の蘭方医ですが、あなた知ってました?
おそらくほとんどの方がご存じないと思います。
こういう知られざる人物を広く知っていただくということは、
それはそれで意義深いことでしょうが、史実からあまりに離れるわけにはいかないので、
物語として波乱万丈な起伏のあるストーリーにはなり得ません。
正直、エンタテインメント性に欠けるんですね。
なにしろ子孫の方が、まだこの大垣にいらっしゃるので、
あまり無茶なフィクションを加えるわけにもいきません。

お客さんにお金を払って観に来ていただく以上、
「ああ、面白かった。」と言っていただけるものを提供したいんですよ、おじさんは。
「内容は面白くないけど、俺が出てるからチケット買って。」
なんて言いたくないんです。
やる以上、自信を持って、
「面白いから観に来てね。」
と言いたいんです。

それはずっと思っていたことだったので、浅野さんには申し訳ないと思いながら、
今回思い切ってお断りしてしまいました。

しかし、3週間ほどして再び浅野さんから、どうしてもキャストが足りないから
何とか出てもらえないだろうかという電話がありました。
浅野さんにはお世話になっているし、2度まで頼まれて断るというのは、
男らしくないと思い、自分の思いは思いとして、
お受けすることにしました。
自分は今必要とされているのだから、精一杯勤め上げようと思っています。

こうして、8月から練習が始まりましたが、先日10月7日は、ワークショップがありました。
ワークショップでは、大垣市内の物語ゆかりの地を出演者みんなで訪ね、
江馬蘭斎の子孫の方にお話を伺いました。

江馬邸にて

まずは江馬邸にお邪魔して、いろんな資料を見せていただき、お話を伺いました。
子供たちがたくさんいますが、この子たちも出演者です。
おじさんは少し遅刻して行ったので、お話はあまり聞けませんでしたが、
すごいものを見せていただきました。

解体新書

解体新書の実物です!
教科書でしか見たことないものを、生で見られるなんてすごいです。
これは江馬家に伝わるものなので、江馬蘭斎先生も手に取られたことでしょう。

解体新書

白手袋をはめてページをめくると、うわっという図が載っています。

解体新書

まるでミカンの皮をむいたように頭皮をめくっています。

解体新書

グロテスクではありますが、どこかユーモラスな感じもします。
髪型からみてこの図に描かれているのは西洋人のようです。
解体新書の中身って初めて見ましたが、思った以上に精密に描かれていました。
写真の無い時代、人体の仕組みを知ろうとする医師たちの
強烈な思いを見たような気がしました。

その後、江馬家の墓地に行き、蘭斉先生や江馬細香女史のお墓参りをしてきました。

練習風景

昼食をとった後、午後からはいつものように練習です。
今回のおじさんの役は大工の仁吉です。
話の本筋には関係のないフィクションのキャラクターなので、
好きなように自分で作れるので、やってて楽でいいです。
しかも、出番はあまり多くないので負担も少ないです。

あまり笑える場面のない芝居の中、数少ないユーモラスな役なので、
何とか笑いをとれるよう頑張りたいです。

ところで、今年の秋はまだキンモクセイの香りをかいでいません。
いつもの年なら、10月に入った途端、どこからともなくあの甘い香りが漂ってくるのですが、
10月も半ば過ぎだというのに、いまだに香ってきません。
夏の猛暑のせいだと思われますが、一体どうなってんだろうねー。
なんだか自然のサイクルが崩れてきているようで、ちょっと不安になってしまいます。


テーマ : 演劇    ジャンル : 学問・文化・芸術

« »

10 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。