ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

プラモデルをかなり処分します

Category: 日記  
おじさんの模型部屋にはスチールの棚が3台あり、ぎっしりプラモデルが詰まっております。
さらに実家の自分の部屋には同じ棚が6台あり、8分目くらい詰まっております。
数にしたらいくつくらいあるんだろう、自分でもわかりません。
数える気にもなりません。(笑)
少なくとも町の個人経営の模型屋さんよりは、間違いなくたくさんあります。
別に集めようと思って集めたわけではなく、中学生くらいの頃から徐々に
作るスピードが買ってくるスピードに追い付かなくなり、どんどん増えていった結果です。
これだけ大量のプラモデル、どんなに頑張っても残りの人生で完成させられるのは
せいぜい2割程度でしょう。
分かっております。
でも、だからといって捨てる気にはなりません。
みんな欲しくて作りたくて買ったものばかりです。
嫁さんに少しは処分したらと言われても、頑として拒み続けてきました。

ところが。
状況が変わってしまいました。
実家のおじさんの部屋に、甥っ子が住むことになったのです。
さあ、片づけなくてはなりません。
買い込んだ模型が自分の部屋に収まらなくなると、実家のこの部屋を倉庫代わりに使ってきたので、
これ以上どこへも持っていきようがありません。
他にも文庫本やら、ガラクタのような軍装品も結構あります。
しかたありません。
処分しましょう!
どうせ作れないことはわかっています。
今まで分かっていても、見て見ないフリをしてきましたが、
ついに正面から向き合う時が来たようです。

初めは、フリーマーケットで売ろうと考えました。
一度ああいうこともやってみるのも、楽しそうに思えたのです。
すぐ近所でもやっているので参加しようとしましたが、ネットでいろいろ調べるうちに、
プラモデルの買い取りショップの存在に思い至りました。
そうだなあ、そっちのほうがいいか。
フリマはどれだけ売れるかわからないけれど、買い取りショップなら確実にはけます。
それに品数が半端じゃないのでフリマは準備が大変で、しかも売れ残った分は、
また箱に詰めて自宅で保管しなければなりません。
買い取りショップは値段を決めるのは向こうなので、買い叩かれるかもしれませんが、
一度に大量に処分しなければならないので、それは覚悟の上で
買い取りショップを利用することにしました。

土曜日曜丸二日かけて、実家から自宅へ模型を移動させました。
一つ一つ雑巾でホコリをふき取って、箱を開けてパーツや説明書を確認して、
段ボール箱に入れて車でピストン輸送しました。
棚に並んでいるとそんなに多く感じませんが、(多いって!)
床に並べると我ながらあきれるほどあります。

DSC01100.jpg

これでも全部じゃありません。
まだ大物は実家に残してあります。
最近のものは新品に近い状態ですが、30年以上前のものは箱もシミが浮き、
かなりひどい状態です。
それに、中のビニール袋を開封しているのもかなりあります。

本当は1点1点査定してもらいたいのですが、数が多いので10点ほど選び出して、
ネット査定をしてもらいました。
タミヤJS3美品、定価3000円が、675円
ドラゴン4号駆逐戦車美品、定価3200円が、540円
と定価の2割程度でした。
でも中のビニール袋を開封したものは商品価値がガクンと落ちて、
タミヤM60A3定価2200円が、45円
と二束三文になってしまいます。とほほほ・・・・・・
逆に少々箱が汚れていても、今でも人気のある絶版キットなどは、
ツクダホビー音無響子定価1200円が、675円
ニットークレーテ定価2300円が、1125円
と、約半値でした。
それでも半額なんだね。プレミアはつかないんだね。
オークションに出せばもっといい値がつくかもしれませんが、
一つ一つ写真に撮って、落札者に一つ一つ梱包して発送するなんて気の遠くなるような作業、
おじさんには出来そうもありません。

このプラモの山を一つ一つ確認して、開封済みのものやこれだけはどうしても手放したくないものを
除外して、整理して段ボール箱に詰め直すのにまた二日かかりましたが、まだ終わりきっていません。

どうしても手放したくないものは、模型部屋の棚に収めようとするのですが、
すでにいっぱいいっぱいなので、こちらの棚からも買い取りショップ行きのものを
泣く泣く何点か選び出しました。
こうして、部屋の棚にどうにか収まりました。

DSC01101.jpg

これが現在の状況です。
実は新しく買いたいキットが何点かあったのですが、棚には全く入る余地がないので、
(それどころか、写真には写ってませんがこの他に衣装ケースの引き出しを一つ占領しているくらいなので)
自粛するしかないですね。(笑)



スポンサーサイト
テーマ : 趣味と日記    ジャンル : 趣味・実用

大垣ケーブルテレビの取材を受けました

Category: 日記  
4月の終わりに、地元のケーブルテレビから職場に電話がかかってきました。
おじさんの趣味であるプラモデルについて、取材したいとのことでした。
「えーっ?そんなので番組ができるの。」って思いましたが、とりあえず承諾したら、数日後、
ディレクターさんが説明にいらっしゃいました。
漫才コンビのザぼんちの里見まさとさんが、田舎町をぶらぶら歩いて、地域の面白い人を紹介する
「里見まさとのご町内探訪」という番組だそうです。

正直言って、この番組のことは知りませんでしたが、面白そうなのでお受けすることにしました。
この日はディレクターさんが見たいと言われるので、とりあえず以前作った1/16キングタイガーの
ディオラマをお見せして、マニアックかなあと思いながらもOVMの取り付け金具の自作の話や、
ツィメリットコーティングの話などをしたら、意外にウケて
これだけでも充分面白いので、ぜひお願いしますと言われました。

おじさん、初対面の人とはあまりうまく話せませんが、
プラモデルの話ならいくらでもできる自信があるので、取材当日が楽しみになりました。

5月8日夕方4時ごろ、予定通り撮影チームが職場にやって来ました。
幸か不幸か、この日は仕事が少なく全然暇だったので、仕事はさっさと切り上げて撮影に臨みました。
里見まさとさんは、気さくな大阪のおっちゃんでとても話しやすい方です。
工場のフォークリフトの前で、簡単な紹介みたいな部分の撮影をして、そのあと自宅へ移動しました。

撮影チームはまさとさん含めて合計8人、一緒にインタビューする女子アナの日比野さんと、
二人のカメラマンとその助手、音声さん、ディレクターさんと女性のADさんと結構な大所帯です。
いったんカメラさんだけ室内に入り、室内の光源とカメラの調整をして、あらためて外へ出て、
玄関から入るところから撮影はスタートしました。

スタッフさんにピンマイクをつけてもらい、室内に入ると、さっそく2階に案内しました。
おじさんの模型製作部屋は狭いので、いつもパソコンをやっている広い机に完成品を何点か並べると
それなりに壮観になりました。
まずは大きくて見栄えのする1/16のキングタイガーのディオラマを紹介しました。

DSC01095.jpg

以前ディレクターさんにしたツィメリットコーティングの話や取り付け金具の話をしたら、
やはり結構興味を持って聞いてくれました。

DSC01097.jpg

コーティングはタミヤのポリパテ、糸鋸の歯を使った自作工具でパターンを刻みました。
取り付け金具は釣り用の板オモリ、プラバン、真鍮線などの組み合わせです。

DSC01096.jpg

フィギュアはタミヤとドラゴン製。
タミヤの戦車兵は顔が気に入らなかったので、ドラゴンのフィギュアのものと交換してます。

DSC01098.jpg

調子に乗って1/16のラジコンレオパルド2A6も出してきて走らせると、
まさとさんも日比野さんも大喜び。
部屋の棚にぎっしり並ぶストックの山に、お二人ともあきれるやら感心するやら。

DSC01091.jpg

奥のおじさんがまさとさん、手前の方が日比野さんです。
日比野さん、顔写ってません。すみません。
「里見まさとのご町内探訪」、あらためてケーブルテレビで見てみました。
おもしろいんだな、これが。
大垣周辺のなんてことのないところを歩くのですが、地元の人間にとってはなじみのある場所が映るし、
「へえーこんな人がいるんだ」っていう面白い人たちが紹介されています。
まさとさんも日比野さんも親しみやすいキャラクターで、地元の人たちに自然に溶け込んでいます。
おじさん、お二人とこの番組のファンになってしまいました。

おじさんも好きなプラモデルの話ができてテンションが上がり、撮影は1時間くらいに及びました。
でもこの番組は30分番組で、今回おじさんも含めて4人取材したそうなので、
おじさんの出番は5~6分、長くても7~8分でしょう。
話のほとんどはカットされます。(笑)
でも、ローカルなケーブルテレビとはいえ、カメラの前でタレントさんと話すなんて初めての経験で、
とても楽しかったです。
まさとさん、日比野さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

放送日は、5月20日(月)~26日(日)
午前7:00/午後1:00/3:30/6:30/9:00/11:00
1日6回、まるまる1週間くどいくらい放送されるので、
大垣周辺でケーブルテレビに入ってる方はご覧になってみてください。


テーマ : 趣味と日記    ジャンル : 趣味・実用

« »

05 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード