ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

ペーパークラフトを作ってみよう 2

Category: ペーパークラフト  
1/24 エプソンNSX編 2

さて、何を思ったかドイツの駅をほっといて、またも横道にそれているヒロナリさん。
ペーパークラフトの続き、いってみましょう。

DSC01329.jpg

では、サイドパネルを組み立てます。
まずは、これだけのパーツを切り出します。
これは右側用で、左側用も同じだけパーツがあります。
この頃になると大分慣れてきましたが、それでも左右12パーツを
輪郭線からずれないように丁寧に切り出すのは思った以上に手間です。

DSC01328.jpg

そして、断面をタッチアップ。
黒はマジックで済ませましたが、エプソンブルーはそうはいかないので、
リキテックスを調色して筆の腹を使って塗っていきます。
初めはブルーのサインペンを使いかけたのですが、油性サインペンは浸透性が高く、
表面の印刷面までシミになってしまうので、アクリル絵の具のほうが調子よくいきます。

DSC01330.jpg

谷折りの部分は、鉄筆で折れ線を入れてやります。
山折りは裏側に折れ線を入れるのですが、裏面は当然アタリ線が無いので、
表面のアタリ線の始点と終点に小さな切込みを目印に入れ、
裏返してこの切込みを定規でつないで折れ線を入れます。
これは必須の作業で、折れ線無しで紙を折ると変なシワができて
シャープな仕上がりは望めません。

DSC01331.jpg

サイドパネルにはゆるいアールがつくので、パーツを手のひらに乗せ、
金属の棒を転がすように押し付け、クセをつけてやります。
そのあと、のりしろの表面を薄く剥いで、ようやく下準備は完了です。
サイドパネル左右分のパーツの下準備をするのに、2時間くらいかかります。
プラモデルに比べるとお手軽に思われたペーパークラフトですが、どうしてどうして
全然お手軽じゃありません。
プラモデルなら、ランナーからパーツを切り取ってパーティングラインをとってやったら
下準備完了なので、ペーパークラフトのほうがより大変かもしれません。
まあ、そのかわりプラモデルには塗装やデカールという作業がありますから、
総合的にはプラモデルのほうが大変です。

DSC01332.jpg

で、これらのパーツを接着したら、こうなります。
すごいなあ、とても立体的。
エプソンやダンロップのロゴのところのリブは印刷表現で、実際に凹凸があるわけではないのですが、
凹凸があるように見えるところがすごいですね。
そして、本当に感心するのがパーツの精度です。
こんな細長い曲線で構成されたパーツなのに、貼り合わせていくと始点と終点がピタリと合います。
ピタリと合わないときは、作り手が下手なだけです。
ずれないように歪まないように貼り合せるのもけっこう大変で、
サイドパネル左右を作るのにやはり2時間くらいかかります。

DSC01333.jpg

前回作ったボディ上部と組み合わせると、おおっ!カタチが見えてきました。
すごいよね、ペーパークラフトの設計者って。
3次曲面で構成された車体を、複数の平面のパーツに因数分解して、それを貼り合せると
1ミリの狂いもなく実車とほぼ同じ形になるなんて、ものすごいことだと思います。
もちろんコンピュータの力を借りているのでしょうが、どこでパーツを分割して
どういう構成にするか、どういう順でパーツを組んでいくのが理想的か、
そういうことを考えるのはやっぱり人間の頭です。
このキットの設計者、篠崎均氏に敬意を表します。


スポンサーサイト

ペーパークラフトを作ってみよう 1

Category: ペーパークラフト  
1/24 エプソンNSX編 1

おじさん、先日プリンターを買い替えましてな。
10年以上使ってきたキャノンのプリンターが調子悪くなってきたことに加え、
去年買い替えたPCが、プリンターの機種があまりに古すぎて認識してくれないんだわ。
でも、おじさんプリンターを使うことがあまり無いので1年以上ほっときましたが、
このたび、ついに新しいエプソンのプリンターをお買い上げになりました。

買ったのはネットですが、量販店で実物を見ていた時、印刷サンプルの中に
F1のペーパークラフトがありました。
それがすごく精密で美しかったんですね。
とても作りたくなって、プリンターをセットアップしたら
さっそくエプソンのサイトからデータをダウンロードしました。

http://www.epson.jp/sponsor/nakajima/craft/

ここではF1だけでなく、GTカーや輸送用のトレーラートラック、ピットの建物まで
ペーパークラフト化されていて、その気になればサーキットのディオラマが作れてしまいます。
別にエプソンユーザーでなくても誰でも利用できるので、興味のある方は覗いてみてください。

無蓋貨車の塗装も進んでいますが、作りたい気持ちが抑えられないので、(笑)
これからしばらくエプソンNSXを作っていきます。

さっそくプリンターの出番。
A4の写真用紙にパーツを印刷します。

DSC01315.jpg

クルマ1台分のパーツがA4サイズ3枚に収まっています。
ペーパークラフトの紙はふつうマット紙に印刷するらしいのですが、
クルマの模型の場合ツヤが命ですから、光沢紙に印刷します。
美しくレイアウトされたパーツを眺めているとワクワクしてきます。
買ってきたプラモデルの箱を開けて、パーツを眺めているときと同じ気分です。

光沢紙はホームセンターで20枚入り500円の物を買ってきたので、
1台分の費用はわずか75円!
安上がりでいいですねえ。
まあ、電気代やインク代がかかっていますが、しれたもんです。

DSC01316.jpg

分かりやすい組立て説明図もついているので、こちらは普通紙に印刷します。

DSC01335.jpg

使う道具はこの程度でOK。
鉄筆が無ければ、書けなくなったボールペンで代用できます。
一番右はインレタを転写するためのツールですが、昔デザインの仕事をしていたので
たまたま持ってただけで、無くても別に支障ありません。
カッターナイフは、壁紙職人さんが使う薄刃のものです。
普通のカッターは刃の角度が45度ですが、こいつは60度で、刃が薄くて
紙をカットするのにとても向いてます。
おじさんはプラモデルを作るのにも、もう20年くらいこれを愛用しています。

DSC01317.jpg

さて、ではパーツを切り出しましょう。
必要なパーツを大まかに切り出してから、輪郭線に沿ってカッターでていねいに切っていきます。
エプソンのサイトには作り方のコツも書かれていますが、それによると直線はカッターと定規、
曲線はハサミを使うとよいとあったので、ハサミも使ってみましたが、
おじさんには使いにくかったので、全部カッターで切ってます。

DSC01318.jpg

フロントウィンドウのようなゆるいアールのついたパーツは、定規をあててしごいてやると、

DSC01319.jpg

こんなふうにきれいなアールが付きます。

DSC01326.jpg

きれいに作るためのコツ、その1。
パーツの断面をタッチアップしましょう。
パーツ同士を貼り合わせたとき、断面の紙の白いラインが見えないように、
紙の断面を同じ色で塗っておきます。
黒ならマジックを使うのが簡単です。

DSC01322.jpg

きれいに作るためのコツ、その2。
のりしろのベロは、軽くカッターを入れ、

DSC01324.jpg

光沢のある表面を薄く剥いでおきます。
パーツを貼り合わせたとき、紙の厚みのぶん接合面が浮いてしまうのを防ぐためです。

DSC01325.jpg

パーツにアールをつけるのには、部分によっては筆などの丸い棒に
押し付けてやるのもいいでしょう。

DSC01327.jpg

こうした下準備にけっこう時間がかかり、ようやく貼り合わせにたどり着きました。
おおっ!いいじゃない!
細かなディテールは印刷ですが、十分立体感があります。
ウィンドウは、光の反射まで印刷で再現されていて、さらに光沢紙が実際に光を反射して、
とても紙でできてるようには見えません。
すごいぞ、ペーパークラフト!

そんなわけで、こいつが完成するまで、無蓋貨車はしばらくおあずけです。
一体、いつ完成するんだ?(笑)


« »

11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード