FC2ブログ

ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 132       レオポルド列車砲編 11

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)   Tagged: レオポルド列車砲  トランぺッター  
レオポルド列車砲完成しました

ようやく、ようやくレオポルド列車砲が完成しました。
振り返れば、2011年の10月に作り始めたので、2年と4か月もかかってしまいました。
うわあ、我ながらなんて手が遅いんだ。(笑)
作りたいキットも欲しいキットも山のようにあるのに、こんなペースじゃ死ぬまでに全部楽しめません。
なんとかしなきゃなあ。

ま、とりあえず完成写真をご覧ください。

DSC01487.jpg

モノが大きいので、何十枚も撮りました。
1回ではご紹介しきれないので、今回は前編ということで。

DSC01485_20140222102705ee8.jpg

無蓋貨車もちゃんと完成してます。

DSC01495.jpg

手すりのチェーンをモノクロームのものと交換したのが生きていますね。

DSC01493.jpg

デカールが一部シルバリングを起こしています。
リカバーしたのですがうまくいかなかったんですよ。
こらえてつかあさい。

DSC01492.jpg

車体側面にかなりサビを入れました。
実車はこんなに錆びてない気がしますが、模型的な見栄えを優先させました。

DSC01506_20140222104247f0d.jpg

実際、難しいんですよ。
リアルさを優先させるか、見栄えを優先させるか。
特にこのレオポルドは側面がのっぺらぼうなので、塗装で変化をつけないと間がもちません。
数少ないディテールのまわりにシャドウを入れてみましたが、本当はこの手法、
あまり好きじゃありません。
だって実車にはこんなシャドウなんて無いんだから。
でも、模型的にはこの方がいい感じなんですよねえ。

DSC01490.jpg

ここでもデカールのシルバリングが気になります。
不思議なもので、同じトランぺッターの製品でも無蓋貨車のデカールはきれいに貼れるのに、
なぜかレオポルドのほうはシルバリングがおきてしまいます。

DSC01549.jpg

ね、こっちはシルバリングどころか透明なニスの存在さえ全く分かんないでしょ?
同じように貼ってるんだけどなあ。
もしかしたらレオポルドのほうが製品的に古いからかなあ?

DSC01504.jpg

車体側面の操作盤のふたは閉じた状態にしました。
足場固定用の細い金具が2本下に突き出していて、折らないように最後に接着したのですが、
それでも取回しているうちに一度折ってしまいました。(笑)

DSC01483.jpg

取り回しといえば、大きな模型は大変ですね。
組立ても塗装も広いスペースが必要で、気を付けて取回していても
どこかにぶつけて細かな部分を壊してしまったりします。
写真を撮るのもモノが長大なので、ピントが合わせづらいです。
一眼レフなら被写界深度を調節したりできますが、おじさんのコンパクトカメラでは
それはちょっと無理です。

じゃ、今回はここまで。
次回もレオポルドでGO!


スポンサーサイト



« »

02 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード