ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

不定期連載 ノスタルジックプラモデル 65

Category: ノスタルジックプラモデル  
タミヤ 1/35 イギリスSASジープ

とても楽しいプラモデルでしたっ!!
基本的にプラモデルを作っているときは楽しいものですが、
このSASジープは、本っ当にっ楽しかった!

SASジープ

もともとヒロナリ君はジープが大好きだったので、1974年これが発売されたときはすかさず買いました。
でも、正直SASって何だか知りませんでした。
箱に大きくスペシャルエアサービスと書かれていますが、当時中1のヒロナリ君には読めませんでした。
辞書を引け、辞書を!

まあ、読めなくても問題ありません。
発売前にタミヤニュースの新製品紹介のコーナーで、詳しく解説されていましたから。
スペシャルエアサービスは、特殊空挺部隊と訳されています。
要はイギリス陸軍の特殊部隊で、MBジープやシボレートラックなど2~3台でチームを組み、
ドイツ軍の飛行場や補給路にゲリラ攻撃を仕掛けるのが任務でした。
あのテレビドラマ「ラットパトロール」のモデルになった部隊です。

キットはそれ以前に発売されていたMBジープを基にしていますが、細部が多少違います。
実車では太陽の反射光で敵に発見されるのを防ぐため、ウインドシールドは取り外されていたので、
キットでもオミットしてあります。
それから、通風を良くするためにフロントグリルのステーを2本残して切断してあり、
また、オーバーヒートした時、沸騰した水蒸気を逃がさないための筒状の復水器が取り付けてありますが、
これらもちゃんと再現してあります。
また、MBジープではエンジンフードは開閉式でしたが、SASジープはエンジンフード上に
大量のジェリカンを積んでいるため、エンジンフードは固定されてエンジンパーツ自体もオミットされています。
その代り、付属の装備品がてんこ盛り。
これを取り付けるのが楽しかったんだなあ。

エンジンフード上だけでなく、後部のカーゴスペースにも山のようにジェリカンを積んで、
それを固定するための枠は、付属の0.3ミリのプラバンを細長くカットして自作するようになっていました。
このちょっとしたディテールアップ工作が、なんだかマニアックで楽しかったのでした。
他にも弾薬箱、擬装用ネット、毛布、雑納、スコップ、水筒、サンコンパス、砂からの脱出用のサンドチャンネル、
さらにはスペアタイヤが2本と、載せきれないほどの装備品が付いてきます。
これらは決まった置き場所はないので、説明書のイラストを参考に、自分がSAS隊員になったつもりで
狭いジープの車内に配置していくのです。
これがワクワクして楽しいったらありゃしない。

それから武装が凄い。
おなじみのM2ブローニング重機関銃、丸い弾倉を装着した航空機用のビッカース連装機銃、
ブレン軽機にトンプソン、おまけにドイツ軍から分捕ったシュマイザーまでついてます。
これらをどこに配置するかも楽しい悩みどころです。

そして、付属の人形がカッコいい!
半ズボンにゴツイ手袋、アラブ人がかぶる白い布を頭にかぶりモジャモジャのあごひげ。
とても軍人には見えない、冒険家か盗賊のようなワイルドでアウトローっぽい雰囲気の人形たちでした。
ちなみに頭にかぶる布は「クーフィーヤ」といって、箱には「ターバン」と書かれていますが、
明らかな間違いですね。
とは言え、「クーフィーヤ」といっても誰もわからないでしょうから、
あえて「ターバン」と表記したのかもしれませんね。

唯一残念だったのが、ヘッドライトのガラスがクリアパーツではなかったことです。
ウインドシールドがオミットされていたので、同じクリアランナー枠のヘッドライトも一緒に
オミットされたのでしょう。

軍用車両模型というものは、もともと独特の魅力がありますが、
そこに人形や様々な装備品を追加することによって模型としての見せ場が増え、
過酷な環境や困難な任務にまでイメージが膨らみ、その魅力が倍加します。
別売りのパーツや自作なんかしなくても、箱に入っているパーツだけで十二分に楽しめるので、
当時350円の定価はとても安く感じられました。
今までに作ったタミヤのMMシリーズの中で、
このキットが一番ワクワク度が高かったんじゃないかと思います。

まだ作ったことが無い方は、一度作ってみてください。
なんせ45年も前のキットですから、現在のレベルで見るとどうしたって見劣りする部分がありますが、
ここはあえてディテールアップなんかしないで、ストレート組みするのが正解でしょう。
CADなんか無かった時代のタミヤスタッフの情熱と、当時このキットを作った
MMファンの感動が味わえます。
いやあ、プラモデルって本当にいいもんですね。



スポンサーサイト

« »

11 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード