ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 22 駅舎編15

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
ベンチの製作

最近ハンスさんとかおりさんがしょっちゅうコメントをくださるので、
必要以上に張り切って更新するヒロナリさんです。

駅舎の前にベンチを置く予定なので、さっそくかかります。

作図
まずは、1ミリプラバンにシャープペンシルで、
ベンチの側面形を作図します。
フィギュアを横に置き、大体の大きさを決め、
フリーハンドで描いていきます。

切り抜き
これを切り出すのですが、こういう場合の鉄則。
全体形を切り出す前に、穴の部分を先にあけること。
先に全体形を切り出すと、小さくなり作業がしづらく、
破損しやすくなるからです。
切り抜いたら、ヤスリで穴の形を整えておきます。

切り出し
切り出したら、またもヤスリで全体形を整えます。
デザインナイフの刃で、切り口にめくれができるので、
これもやすって面を出しておきます。

テンプレート
満足のいく形になったら、それをテンプレートにして
もうひとつ作図します。

複製
同じ要領で、形を整え、同じ形のものが複製できました。

組み立て
それぞれ4箇所ずつピンバイスで浅い穴を掘って、真鍮線を差し込み
接着固定します。

ここに、細長く切ったバルサを貼るのですが、貼ってしまうと
塗りわけが面倒なので、まずこの状態で塗装します。

というわけで今日はここまで。
次の休みに小物をまとめて塗装しようかなっと。

スポンサーサイト

Comments

すいません、またお邪魔します!
ヒロナリさんに張り切って頂くためにまたコメントいれちゃいます。・・・(笑)
フリーハンドで簡単に描けるのは、お仕事の影響ですか?デザインの勉強をしていたみたいですね。

プラ材のカットはカッターナイフを使用しているのですか?私の場合不器用なので最近は超音波カッターを使用しています。

全て手作りのジオラマ製作は、積み重ねてきた技術がものをいいますね~。素晴らしい感性と技術の持ち主だと言う事が作品を見て良くわかります。

またまたお邪魔致します(*^^)v 
すごい!凄すぎる!ベンチが自分で作れるなんて・・・
ジオラマを作っていて一番感じることは、
そのジオラマにあったキットがなかなか見つからないことです。
見つかって作ってみても気に入らなかったりで・・・
手作りの素晴らしさを、本当に実感しました。
ハンスさんのブログにも書かせていただいたのですが、
お二人のファンクラブがあったら入会したい気分です(マジですよ)
ヒロナリさんのジオラマがこれからどのような展開を見せていただけるのか、本当に今から楽しみです。
私も素人ですが、負けずにモデル作りをこれからも楽しみたいと思います(*^。^*)
段取力
コメント入れなくても、ずっと見てますよー!
ちょっと忙しくって・・・。

ヒロナリさんの場合、企画力というか、段取力というか、いろいろなカタチを実現させてしまう周到な構成力が、すごすぎます。
アイディアマンなんですよね。
ここ数回の記事は、「ほー、こうやって作るのか!」と感心することしきりです。
もーみなさん、才能爆発させまくってますね。

大河ドラマを見るつもりで、壮大なジオラマの完成を
ゆっくり楽しませていただきます。
みなさん、ありがとうございます
横着して、まとめてお返事します。

ハンスさん
若い頃、デザインの仕事はしていましたが、子供の頃からお絵かきは得意でした。絵が好きなので、自然に工作も得意になっていきました。
プラバンのカットは、カッターとデザインナイフです。直線はいいとして、1ミリプラバンを曲線切りするのは大変ですね。超音波カッターか、そういえば職場にあったな。今度試してみます。

かおりさん
手作りは大変ですが、満足感がありますよ。手始めに、バルサとスチレンボードで、木箱を作ってみたらいかがでしょう。想像以上に簡単に作れますから。
ファンクラブとはまた、うれしはずかしです。世の中には、おじさんなどよりもっとすごい人がいっぱいいます。例えば、ここにリンクしている戦車模型AFVファンの宮崎さんとか。
でも、そう言っていただき、とても励みになります。ありがとう。

宮崎さん
ご無沙汰してます。すみません、最近見に行ってなくて。
しばらく前からハンスさんとお付き合いが始まり、ハンスさんにも宮崎さんのブログを紹介しようと思っていたら、お二人ともお互いのブログをご存知だったようですね。驚いたり、うれしかったりです。お二人の長いやり取りだけは、読ませていただきました。
また、行きますから、よろしくね。
コメント、ありがとうございました
昨日は、私のブログへのコメントをありがとうございました。
ヒロナリさんのブログにリンクを張っていただけるなんて・・・
凄く光栄です!
私も事後報告になりましたが、ヒロナリさんのブログをリンクさせていただきました。
一人でも多くの方に、ヒロナリさんの技術を見てもらいたくて・・・
私もいつの日か、ドイツの町並みを再現したようなジオラマに挑戦してみたいです(*^。^*)
その時は、またアドバイスお願いいたします。
では、これからもよろしくお願いいたします(*^^)v
ヤッパリ!
やはりデザインの仕事をしていましたか~、フリーハンドでプラ板にサッサッと描けるのは勉強していなければ出来ませんしシャーペンで描いた線でわかりますよ。
子供の頃からお絵かき上手なヒロナリさん、私も絵を描くのは好きでした。
小4の時に描いた絵はオーストラリアに行っています。
ここからは年寄りの昔話・・・(無視しましょう)
小6の時に描いた絵は、鬼と恐れられていた担任の教師が私の描いた絵を見て泣いた事があります。
中学の美術教師は在学中に描いた私の絵を全て保存しています。何かあったら、いつでも言ってくれと卒業の時に言われました。(いまのところ何もないです・・・笑)
絵が好き工作も好きなら気が合わない訳がありませんね~。
今度かおりさんが言っているファンクラブじゃないですけどサークルでもつくりますか?宮崎さんも誘って。
ドイツの町並み!
いいですねー、でもとても大変ですぜ。
中学の頃、伝説的なAFV模型クラブ、カンプグルッペジーベンが、少年キングという漫画雑誌のカラーページで、巨大なディオラマを製作している記事がありました。タタミ一畳くらいのベースに、ドイツの町並みが作られ、激しい市街戦が展開されているディオラマでした。こんな建物、どうやって作るんだろうと、感動していつまでも眺めていました。
かおりさん、経験を積んでいつかそんなディオラマを作ってくださいね。
絵について
確かに絵は好きでしたが、最近描いてないなあ。
中学の頃、絵やプラモデルが好きな友人と、戦車や兵隊のイラストを描いては見せ合っていました。ヒサクニヒコさんのまねをした、ミリタリーひとコママンガといったようなものです。
今でも、年に一度、年賀状にAFVのイラストを描いています。
このブログ内にも、二点だけイラストを載せていますので、よろしければ、「年賀状」と、「ミラー大尉に敬礼!13」という記事を見てやってください。ま、この程度の画力ですが。(笑)
イラストもプロ並み!
イラスト上手いじゃないですか~!今度フルカラーのイラストが有れば掲載して下さいよ。
私も絵を掲載したいのですが、すべて売れてしまったのでチョット残念です。(恥をかかなくて良かったんですど・・・笑)
しばらくはAFVで頑張ります。
いや、そんな
褒めていただくようなものではございませんが。
それより、ハンスさんの絵は、売れてしまったとは!僕など、自分の絵を人がお金を出して買ってくれるなんて、考えたこともありません。誰かが、お金を払ってでも欲しいと思える絵が描けるなんて、それだけですごいです。

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード