ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

神は我らと共にあり 2

Category: 1/16ティーガーⅡ  
1/16ティーガーⅡ パート2

ここからは、別の日に別の場所で撮影したものです。

フィギュア1
自分でも久しぶりに見たんですが、ドイツの軍装って
やっぱりカッコいいですね。根強い人気があるのもうなづけます。
戦車長は、タミヤの国防軍戦車兵からの改造。
振り向いている下士官は、ドラゴンのストレート組みです。

フィギュア2
タミヤの戦車兵は、ポーズは変えず、ジャケットの裾あたりで
切断して、上半身だけ作っています。
ただし、顔がどうにも気に入らない。
なんだか、星野仙一さんに似てて、ドイツ人には見えません。
そこで、ドラゴンのディーフェンタール少佐の
(少尉?階級がうろ憶え)ヘッドと交換しました。
徽章や階級章は、プラペーパーで、国防軍のものからSSのものに
作り変えてあります。
厳密なことをいうと、国防軍とSSでは襟の形も微妙に違うのですが、
苦労して直しても、ほとんど違いが分からないのでパス。
ヘッドフォンは、同じくドラゴンのミヒャエルヴィットマンから拝借。
咽喉マイクと切り替えスイッチは、プラバンで作りました。

フィギュア3
この下士官は、ドラゴンのストレート組み。
銃のスリングと、ガスマスクケースのベルトだけ、
板オモリで追加しました。
ピーパターン迷彩は、プラカラーでは思うような色を作るのが難しく、
リキテックスで描きました。

リアパネル
戦車の省略されてるディテールは、
アハトゥンクパンツァーティーガー戦車編を見ながら、
すべて再現しました。
このとき作った一番小さなパーツは、蝶ネジの頭です。
何とか楽する方法はないかと、いろいろ考えましたが、
結局覚悟を決めて、真鍮線と真鍮パイプ、プラペーパーで、
エイヤッと作りました。
やれば、出来るもんです。

斜め後ろより
それより一番大変だったのは、キャタピラの突き出しピンの跡を
消すことです。
来る日も来る日も、エポパテをつめ、ヤスリで削って、
まるで賽の河原で石を積んでいるようでした。
そのわりに完成後は、全く目立たず、(目立たせないのが
目的なので)苦労が報われない作業でした。(泣)

後方
道標は、バルサに手描きしました。
はじめ、ヴァーリンデンの道標を拡大コピーしたのですが、
印刷の網点がもろに出てしまい、使い物にならなかったので、
これまた覚悟を決めて描きました。
昔デザインの仕事をしていたので、レタリングには、
腕に覚えがあります。

こうして、中京AFVの会前日、徹夜してどうにか間に合わせました。

1/16インパクト作戦は功を奏し、めでたくディオラマ部門金賞を
獲得し、山田卓司さん御本人からお褒めの言葉を頂きました。
ただし、副賞はあろうことか
アハトゥンクパンツァーティーガー戦車編!
オレ、この本見ながら
作ったんだよお!

とほほほほほほほほ・・・・・・・・・・

スポンサーサイト

Comments

師匠と呼ばせてください!!
本当にヒロナリさんは、出来ない事がないんですね(*^。^*)
フィギュアの顔なんか、完璧ですね!!
私はフギュア塗装が大の苦手で、
何とかごまかして作っているといった所です!
ハンスさんのプロフィールのフィギュアと言い、
お二人は、ホント最高だと思います。
これからヒロナリさんと、ハンスさんのことお師匠様!
と呼ばせていただかなくては・・・!
真剣に感じています(*^^)v
これは余談ですが、山田卓司先生!
私の住んでいる静岡県西部にお住まいがあるんですよ(*^^)v
展覧会が浜松市の美術館で開かれた時、
お会いして、サインをいただいて、一緒に写真まで撮って頂きました。山田先生はテレビチャンピオンからのファンです。
もう一つちなみに、おなじモデルショップでプラモデルを購入しています!2回くらい、模型ショップでもお見かけしました(*^。^*)
出来ないことはいっぱいありますよ
フィギュアの塗装にしても、これは1/16なので、まだ塗りやすいのです。最近老眼が入ってきたので、1/35になると、ちとつらいものがあります。フィギュアの自作やレジンによる複製など、出来ないこともいっぱいあります。
まあ、師匠などと大げさに考えず、少しばかりプラモデルが得意なおっちゃんくらいに思っといてください。(笑)
山田卓司さんの行きつけの模型店って、もしかしてやおやですか?以前静岡ホビーショーの帰りに、一度だけ行ったことがあります。テレビチャンピオンで作られたディオラマが、ショウケースに飾ってありました。
なんとぉーー!
お久しぶりです。
痣だらけの俳優(自称)です。

なんと!おじさんは、あの山田殿にお会いしたのですか!?
スゲェ・・・
何と言うか・・・あのヒトは私の中でもあこがれのヒトでして。「ああ、こんな技術あったらなぁ・・・」とよく思います。



話は変わりますが、今、僕は部活やら勉強やらと並行しつつ、トヨタ”JZA80スープラ”と、ランボルギーニ”ムルシエラゴ”を制作中。
大会が済んでから、来年に向けてガンダム系のジオラマなんかも作ってみたいなぁ~と思っております。

その時はぜひ、助言願います。(土下座
そんな親しいわけではありません
山田卓司さんは、中京AFVの会に行けば、毎年必ずお見かけします。機会があれば、お話しすることもありますが、山田さんは僕のことを覚えてらっしゃらないでしょう。その程度の関係です。(笑)
ディオラマについては、分かる限りお答えしますので、またここにコメント下さい。でも、ガンダムの知識は、おじさんゼロだからね。
やおやさんです(*^。^*)
私がモデルを購入しているお店は、
山田卓司さんご用達、やおやさんです(*^。^*)
実は昨日も、予約してあったプラモデルを買いに出かけました!
ただまだ入荷がなく・・・
今回は手ぶらで帰ってきました(ーー;)
入荷次第連絡をもらえることになっているので、
今から入荷が楽しみです(*^^)v
達人の過去作品をこの調子でどんどん見たい!
ヒロナリさんは、わたしみたいにやることがハデじゃない(サビの色なんかも)けれど、細かいところにまで(フィギュアのひげとか)
しっかりと手が入ったすばらしい作品を作られるんですよね!

1/16だと、もう本物に見せることが可能なレベルですね。

やっぱり!
やおやさんでしたか。しかしフシギな店名ですね。
模型店なのにやおやとは・・・・・・・
このとき、第1騎兵師団のマークが描かれた黄色いスタンプカードを作ってもらいましたが、なんせ浜松なので、あれから一度も行っていません。(笑)
大きいことはいいことだ
高機動車のときも書きましたが、大スケールの模型(できれば実物大)なら、おのずと大きさが感じられ、実感のある写真が撮れると思います。
宮崎さんが1/16を作られたら、間違いなく実車と区別のつかない写真が撮れるはずです。(←作れという圧力)

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード