ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホコリだらけの61式 2

Category: 61式中戦車  
61式中戦車 at 今津駐屯地

中学3年の夏休みのことでした。
友人の親父さんが退職自衛官で、その方の計らいで、
ヒロナリ君も含めた10人ほどの中学生が、滋賀県今津町にある
陸上自衛隊今津駐屯地に見学に行くことになりました。

地連が用意してくれたマイクロバスに揺られること約2時間、
初めて入る自衛隊の駐屯地。
営門を通るとき、警衛が僕らのバスにも敬礼をしてくれるので、
ああ、軍隊の施設に来たんだと、なんだかドキドキしました。
到着するとまず、室内で64式小銃、コルトガバメント、
M3グリースガン、M2重機関銃などを、いじらせてもらいました。
もう、この時点で大興奮!!
実銃の重さ、鉄の冷たさ、オイルの匂い、何しろすべて本物!
ミリタリーマニアの中学生には、夢のようなひと時でした。
非力なヒロナリ君は、M2のチャージングハンドルを
引くことが出来ず、隊員の方に、
「こないだ来た、中学生の女の子だって引いたぞ。」
と、笑われてしまいました。

そのあと、隊員食堂で昼食をいただき、いよいよメインイベント、
61式中戦車の体験搭乗です。
演習場の片隅で待っている僕たちのほうに、轟音をたてながら
一両の61式戦車がやって来ました。

61式 21
まさに地響きを立てながら、こっちへ向かってくる61式は、
ものすごい迫力で、砲塔が回転し、砲口がこっちを向いたときは、
本当に恐怖を感じました。
僕たちは、見学の中学生なのだから撃たれることはないと
分かっていても、戦車砲が自分のほうを向くというのは、
本当に怖いものなんだと実感しました。

61式 8
よく戦争映画で、物陰で戦車を待ち伏せして、
手榴弾を投げるシーンがありますが、あんなの絵空事で、
実際には恐ろしくてそんなことできないぞと思いました。

61式 10
ヒロナリ君たちは、全員戦車用のヘルメットを貸してもらい、
白いシャツに黒いズボンという池田中学校の制服に
戦車ヘルメットというチグハグな格好で、
二人ずつ順番に戦車に乗りました。
一人が車長用のキューポラに、一人が砲手用のハッチに
おさまると、戦車はガクンと動きはじめました。

61式 12
キューポラにおさまると、目の高さが地上から
3メートル半くらいになるので、とても眺めがいいです。
戦車は、発進も加速も方向転換も、自動車のように
スムーズではなく、ガクンガクンと揺さぶられ、
しっかりつかまってないと振り落とされそうでした。
走りながら、砲塔を右に左に振ってくれました。
一周200メートルくらいの荒地のコースを、
すごい勢いでつっ走って、次の二人と交代します。

61式 15
エンジンの轟音と振動、排気ガスのにおい、風を切る意外な速さ、
高い視点、ガクンガクンと首が前後に揺さぶられる激しい動き、
乗ってみなければ分からないさまざまなことを体感し、
まさに気分は戦車兵!
それまでに観た戦争映画のシーンや、コンバットマーチが
頭の中で錯綜し、アドレナリン全開でした。

あの時、帰ってからお礼の手紙を書けばよかったのですが、
そこまで頭が回りませんでした。
案内してくださった山方三尉様、本当にお世話になりました。
素晴らしい体験を、ありがとうございました。
(いまさら遅すぎるって!)

スポンサーサイト

Comments

イイな~!
ヒロナリさん!こんにちは(*^。^*)
記事、とても興味深く拝見いたしました!
ところで61式戦車搭乗体験、本当に羨ましいです(#^.^#)
私も先日行った富士学校の記念行事で戦車搭乗体験の抽選に挑戦したのですが、はずれてしまい乗る事が出来ませんでした!
本物の戦車に登場できる機会なんてめったにないことなので、
ヒロナリさんにとって、本当に良い経験だったのでしょうね(*^。^*)
その経験が、Realな戦車作りの源ですか・・・?
私も今61式戦車の製作を頑張っています(*^^)v
出来上がったらまたアップしますので、見てください!
これからも、よろしくお願いいたします!
強烈な体験でした
生まれて始めて本物の銃に触れ、戦車に乗ったのですから、田舎の中学生にとっては、忘れられない強烈な体験でした。事実、34年経っても細部までしっかり憶えています。
かおりさんの61式の完成も楽しみです。ひとつのディオラマの中に富士山まで配すというユニークな作品、ぜひ完成させてください。
その恐怖わかります!
わたしは、ビデオの中の戦車が砲塔を回し始めた瞬間、こちらに砲口を向けるかもしれない恐怖を感じました。
あまりにスムーズに回転するものですから、ぞくっとするんです。
ちょっと逃げられないぞと。
本物だったらその恐怖はいかばかりか。

乗車体験など
ヒロナリさんの体験はうらやましいかぎりです。
60式にも乗りました
大人になって車が運転出来るようになると、今津駐屯地の記念行事に何回か行きました。そのときは、74式戦車と60式装甲車の体験搭乗がありました。74式はエンジンデッキに、手すりの付いた架設の足場のようなものを載せ、一度に15人ほど立って乗るものです。キューポラに乗るのではないので、戦車兵気分は少し薄れるので、僕はあまり魅力を感じなかったのですが、抽選などなく、希望者全員を乗せるので、長蛇の列でした。
それに反し、60式は人気がなく、すぐ乗れました。こちらは直接兵員室に乗り、ハッチから顔を出せるので、普通科隊員気分が味わえるので、僕にはかえって好都合でした。
年代物の車両なので、車内は傷だらけ、サビだらけで、軍用車両というより、建設現場の重機のような雰囲気でした。あの61式のときと同じコースをガクンガクン揺られながら走っていると、演劇部出身のせいか、無意識のうちに、心の中で普通科の指揮官を演じていました。あれも楽しかったなあ。
宮崎さんもお近くに駐屯地があったら、ぜひ記念行事に出かけてみてください。きっと得るものが、いっぱいありますよ。
おはようございます
ヒロナリさん最近、古い作品が良く登場しますね~!
私もヒロナリさんの様にガラスケースを使用していますが、
なんでこんなにホコリが着くの?と感じる時が度々あります。・・・(汗)
まあそのホコリも、筆などで払うと結構リアルな雰囲気が出て良いんじゃな~い何て事もありますけど。・・・(笑)
こちらはチョット仕事が忙しくなり、工場がお盆休み状態です。・・・(汗)
ちょっと息切れ
実は、駅舎の工作ちょっと滞ってます。せっかく作った雨どいの寸法が一部合わず、作り直さねばならなくなり、テンション下がってしまいました。
ちゃんと完成させますが、少しの間、昔の作品で場をつないでおります。(笑)

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。