ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 41         平積み貨車編 7

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
貨車の完成

さあ、最後の詰めです。

綿棒塗装
車輪のレールと接する部分は、銀色に光っているので、
タミヤペイントマーカーのクロームシルバーで塗ります。
このときクロームシルバーをパレットに取り、
綿棒に沁みこませて塗ると、はみ出しが少なく、
筆よりずっとラクに塗れます。

このあと、粉末のパステルでサビ表現したのですが、
なんだか今ひとつ。
ポスの散歩のとき、近所の駅で見た電車の足周りは、
全体にムラ無く錆びてました。
これは、車輪とレールがこすれあい、細かな鉄粉が
霧状に付着して錆びたものと思われます。

ガッシュを吹く
そこでガッシュのセピアを、エアブラシで吹いてみました。
下が、パステルのみ、上がガッシュを吹いたもの。

こんな感じ
オイルの染みをつけて、車体に取り付けたら、
おじさんのイメージどおりになりました。

ついでに車体のあちこちに、ガッシュのサビを吹いてみました。
ただ困ったことに、途中でエアブラシがよく詰まりました。
おじさんの掃除の仕方が悪いのか、ガッシュ自体が
エアブラシとの相性がよくないのか、原因は分かりません。

貨車の完成
今回は、これで完成。
いつもは、完成すると自然光で撮影しますが、
上に何も載ってないとサマにならないので、
載せる戦車が完成したら一緒に外で撮るつもりです。

サビ
車体にもガッシュを吹いたら、なかなかいけます。

デッキ
デッキのメリハリが弱く感じたので、もう一度油彩の黒で
ウォッシングして、コケのグリーンを強めに入れてみました。

連結器
忘れるところでした。
油彩ウォッシングはいい効果が出ますが、弊害として
可動部分がくっついて動かなくなってしまいます。
連結器の金具は、後で連結しやすいように接着しなかったのですが、
くっついてしまい、往生こきました。
(往生こく→難儀するの意)

スポンサーサイト

Comments

い~ですね~
ヒロナリさん今晩は、イ~感じで仕上がってきてますね~。
でっ木製のデッキ部分にはキャタピラで傷ついた表現なんかをこれから入れるのですか?
木製部の仕上がりが良いので傷つけるの勿体ないですよね!
あーはっはっはっはっ!
見事に忘れてましたあ!
ていうか、考えもしなかったです。
ホント言うと、チラッと意識に上がったんですが、どんなふうに傷つくのか、どういう方法で加工すればいいか分からず、自分でも知らないうちに、考えないようにしてたみたいです。
人はいやなことから目をそむけるため、無意識のうちに忘れようとするって本当ですね。
まあ、戦車を載せるとき、泥汚れでごまかすなり、なんか対策考えます(笑)
鉄粉サビ
鉄粉サビの様子が、上手く再現されてますねー!
列車の足回りを見ると錆び方に結構スゴい迫力があるんですよね。
参考にしていつかやってみます。
ところで、ヒロナリさんのジオラマの計画では
貨車は何両編成なんですか?
わたしも貨車を作って、戦車共々送るとコラボ写真を撮っていただけるのかなあ。
ハイ、喜んで!
今のところ、貨車は2両のつもりですが、3両連結したら160センチ。ベースサイズを175センチくらいにするつもりなので、ぜんぜんOKです。
実は、175センチは僕の車で運べるギリギリのサイズで、展示会などに運搬するために割り出した数字です。
でもいいんですかあ?そんな事していただいて。
宮崎さんの作品と共演するなんて、なんだか恐れ多くて恐縮します。
もし本当に作っていただけるんなら、上に載せる車両は、大戦初期、修理のため東部戦線から後送される車両ということで、車種その他設定は、お任せします。
わあ、ドキドキしてきた!
リヒターの発言
こんにちはヒロナリ師匠リヒターです。
おいらもコラボ写真を撮ってもらいたいで~す。
いまはラングを作っていますが、写真を撮ってもらえるなら大戦初期の車両も作ろうかと・・・
「こら~リヒター何をヒロナリさんにゴチャゴチャ言っとるんじゃ~まだ一台も戦車を完成させた事もないくせに!・・・んでっヒロナリさん私の作った戦車じゃ駄目かな?」(ハンス)
大歓迎!
まさか、リヒター君まで手を上げるとは思わなかったなあ!
実は今、載せる戦車の1両目を作りはじめたところで、宮崎さんが貨車まで作ってくださるならば、ちょうど2両目の貨車があいています。
この2両目の貨車の上に、リヒター君の作った戦車をぜひ載せてください。
しかし、凄いことになってきたなあ。
とても気持ちが高揚してます!

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。