ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

砂漠の鷹 2

Category: UH‐60ブラックホーク  
アカデミー 1/35 ハンビ-カーゴキャリア

全景
それでは今回は、ディオラマ正面側を見ていただきます。
設定としては、フライト前、歩兵指揮官とパイロットが打ち合わせをし、
部下たちがカーゴキャリアから装備を降ろしているところです。
(見れば分かるって!)

カーゴキャリア
カーゴキャリアは、アカデミーの製品。
ドアは、とっ外してあります。
アカデミーといえば、初期の頃はタミヤのコピー製品を出していて
問題にされていましたが、オリジナルの製品も出していて、
レベルは高いです。

カーゴキャリア
このカーゴキャリアも同社オリジナルで、出来は良いです。
ただ、タイヤのトレッドパターンがおとなしいので、
レジン製のものに変えてあります。
トレッドパターンが深くなったのはいいのですが、
グッドイヤーのロゴが、ちょっとオーバーすぎるかな。

荷下ろし
装備を降ろしているお二人さん、マイクとスコットです。
(今、思いついて命名しました)
このときのフィギュアは、基本的にドラゴンの現用歩兵のボディに、
ホーネットのヘッドの組み合わせです。

荷下ろし
いわゆるチョコチップ迷彩のカモフラージュスーツは、
描くのが大変です。
今は、デカールが出ていますが、
当時は当然手描きするしかありません。
装備品のUSのスタンプは、筆で描くのは大変なので、
0.1ミリのピグマというサインペンで描きました。
でも、今見ると、もっとていねいに描けばよかったですね。

黒人兵
もう一人黒人兵。
ごめんね、この写真ちょっとピンボケ。
黒人の肌の色は、あまり黒くすると黒くつぶれてしまうので、
レッドブラウンに少し黒を混ぜる程度がいいと思います。
また、手のひらと足の裏は肌色なので、そこを忘れないように
塗っておきます。

ブラックホーククルーたち
機体上部のIRジャマーは、熱線追尾式ミサイルを
撹乱させるためのものです。
実物は見る角度によって色が変わって見えるので、それを狙って、
まず黒く塗っておいてから、タミヤ1/24セリカのウインドウに貼る
オーロラステッカーを貼ってみました。
本当はワインレッドのような色なのですが、これはグリーン系なので、
実物とは違うのですが、見る角度によって色が変わるので、
気に入っています。

クルーたち
パイロットのヘルメットは、ドラゴンのUSヘリコプタークルーの
ヘッドの顔の部分をくりぬいたものです。
サバイバルベストは、パテでどうにかそれらしくでっち上げました。

クルーたち上方より
2001年の中京AFVの会前日、徹夜してどうにか完成させましたが、
ベースにドフィックスを流したのは夜中の3時頃。
会場に持ち込んだときは、まだ地面は湿った状態で、
午後になって乾いてきて、ようやく砂漠らしくなりました。(笑)

このときは、変に狙ったわけではなく、ただヘリコプターが
作りたくて作ったのですが、やはり会場では目立っていて、
ディオラマ部門金賞をいただきました。
コンテストで賞をとるには、テクニックも大事ですが、それ以上に
題材や見せ方の工夫が重要だと思います。
上手い人ばかりの集まりなんだから、
まずは印象に残る見せ方を考えましょう。

追伸
可動キャタピラ、まだ終りません。(笑)

スポンサーサイト

Comments

乾燥した空気感
青空とマッチしていて映画のシーンのようです。
かっこいいですね。
いまさらですが、金賞おめでとうございます。
見せ方のセンス、それがヒロナリさんの強みですね。
自分の作品にばかり近視眼的にのめり込むのではなく
まずは、周囲を見渡して客観的にポジション(アピール可能な題材、プレゼンの仕方)を決めて
それから、作品に取りかかるという
まさに社長業的マネジメント能力で、受賞を続けていらっしゃるんですよね。

それにしても、あらためて砂漠の色と雰囲気がすばらしいです。
乾燥した空気を感じますね。
砂漠の小石
ありがとうございます。
砂漠には、何の着色もしていません。
以前、東急ハンズでゼオライトという素材を入手しました。何に使うものか分からなかったのですが、その後同じものが園芸店でも売られていたので、鉢植え用の土のようなものかと思います。
土というより、ベージュ系の細かな小石で、見た瞬間、これ砂漠に使える!と思いました。
砂漠は細かな砂の砂丘だけでなく、小石が転がり、潅木が茂っているところもあるので、そんな場所を作るには、ぴったりの素材です。塗装などしなくても、そのまま撒くだけで、いい感じの砂漠になってくれます。
僕は、地面はできるだけ塗装しないようにしています。
着色された地面は、人の手による作為が感じられ、どうにも作り物っぽく見えるからです。
第一、塗装なんかしないほうがラクですし。(笑)
なるほど~
塗らないというのは卓見かもしれませんね!
砂漠
こんにちはヒロナリさん。
やはり金賞受賞作品、見れば見るほど凄いな~と感じます。
フィギュアの出来も配置も完璧に演出されていますね。
笑顔の隊員と警備する黒人兵の顔つきの違いが見る者にストーリー性を感じさせると言うか・・・
青空の下での撮影はどう見ても本物にしか見えませんね。

私も次回テーマは砂漠と考えていましたので参考になります。
ヒロナリさん宮崎さん受賞者お二人とのコラボがあるので東部戦線の車輌になりそうですが・・・(冷汗)

超~!カッコいいです(*^。^*)
ヒロナリさん!こんにちは!
ジオラマの正面からの写真を拝見いたしました。
凄い!凄すぎます!!
フィギュアの会話が聞こえてきそうなくらい、本当に全て物が
完璧に出来上がっていて、
それだけでなく目をつぶると砂漠を吹き抜ける風の音までも
聞こえてきそうなそんな雰囲気です。
軍服の迷彩も、本当に超~!カッコいいです。
ヒロナリさんのようなジオラマが作れるよう、
私もこれからもっと努力をせねばデス。
素敵な写真を、ありがとうございました。
皆さん、過分なお褒めの言葉、ありがとうございます
もう8年も前の作品ですから、現在の目で見るとアラも見えます。
迷彩服など、もっと細かく塗れよと思いますが、じゃあ8年のうちに技術が向上したかというと、今は老眼も入ってきて、もっと下手だったりして(笑)
でも、この時点では、間違いなく最高傑作でした。
チャップリンではありませんが、常に自分の最高傑作は、ネクストワンでありたいです。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード