ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

流血の記憶 4

Category: ブラッディメモリーズ  
「ブラッディメモリーズ」、今回は自然光で撮った写真を
お見せします。

ブラッディメモリーズ 7
上陸当日の悪天候を意識して、曇りの朝に撮影しました。

ブラッディメモリーズ 8
前回紹介した写真より、この方が映画の雰囲気に近いと
思うのですが、どうでしょう。
衛生兵は、ドラゴンのサポートウェポンチームの迫撃砲の助手で、
装備は板オモリで作りました。

ブラッディメモリーズ 9
腹を撃たれた兵士は、
タミヤのアメリカ歩兵攻撃セットからの改造です。
いったんヘルメットを接着し、削って頭の上半分を作り、
パテで頭髪を作りました。
はじめから顔をゆがめたフィギュアなので、血を塗っていると、
本当に痛そうで気の毒でした。

ブラッディメモリーズ 10
一番左の少尉は、攻撃セットからの無改造です。
足や下半身を砂まみれにしたのですが、
ちょっとオーバースケールですね。

ブラッディメモリーズ 11
魚はエポキシパテで作ったのですが、手元に何も資料が
無かったので、近所のスーパーの鮮魚売り場で青魚をじっと
目に焼き付けて、忘れないうちに家に帰り一気に作りました。(笑)

ブラッディメモリーズ 12
銃剣は普通腰のベルトに吊るしますが、別の資料写真では
背嚢に付けていたのでそうしました。

ブラッディメモリーズ 13
満潮になると障害物は海面下になるので、凹部に砂がたまります。

ブラッディメモリーズ 14
アップで見ないで下さい。
主役が変な顔してます。(笑)

オマハビーチ
フィギュアの構成は、この写真がイメージソースです。

12センチ×17センチの小さなベースですが、撮る角度によって
表情を変えるので、実際以上に広い空間のように感じます。
「プライベートライアン」の上陸戦闘の雰囲気を、
少しでも感じていただけたら幸いです。

この作品は、2006年、初めて参加したキヤコンで
銅賞を受賞して、思い出深い作品になりました。

スポンサーサイト

Comments

Real間がSUGOIと思います
ヒロナリさん!おはようございます。
ブラッディメモリーズ、見れば見るほど凄い作品だと思います。
自然光の写真で見ると、本当に実写のようで・・・
ちょっと負傷兵を見た時、ドキッとしてしまいました(#^.^#)
そのくらいヒロナリさんのジオラマは人を感動させる力と、訴える力が備わっているのだと思います。
バンドオブブラザースの戦闘シーンがそのままこのブログの写真の中に再現されている!すごいことです(*^。^*)
主人はアメリカ兵のヘルメットの
ネットまで再現してある事に、ビックリしていました!
銅賞をとられたと書かれていましたが、
もっと良い賞でも良かったのではなんて思いました。
では、これからも素敵な作品を見せてくださいね(*^。^*)
お忙しいでしょうが、素晴らしい暮れの一日をお過ごし下さい!
動きが自然です
なんという臨場感!
ほんとうに小さなビネットが広く感じます。
見る角度によってこれだけ多彩な表情を見られるのもすばらしい。しかも、どの場面も様になっていますし。
小さなところまで意匠を凝らされた結果でしょう。
ジオラマの神様の面目躍如ですね。
おまけに
おまけにキヤコンで銅賞だなんて!
熾烈な競争なのにすごいことです。
おくればせながら、おめでとうございます。

コラボ作品は、38(t)戦車を提出させていただく予定です。
よろしくお願いいたします。
それではよいお年を!
キヤコン
大変なお褒めの言葉、ありがとうございます。
もっと良い賞でもとのことですが、キヤコンのレベルはめちゃめちゃ高いので、銅賞でも充分です。作品を持っていったときは、それなりに自信があったのですが、他の人の作品を見ると、どれもこれもみんな自分のより素晴らしく見え、入賞は無理だなあと思いました。
それが思いがけず入賞したので、とてもうれしかったです。
でも、今年は出品できるかなあ。
・・・!!!
おはようございますヒロナリさん。
4年前の作品でこのレベル凄いですね~。
またヒロナリさんの凄いところは一作にかける集中力と言うか力の出し惜しみがないところでしょうか。
私は途中でいつも手抜きになります。・・・(汗)
今年も残すところ後僅か、私のブログに初コメントを入れて下さったヒロナリさんのお陰で素晴らしいモデラーの仲間が増え幸せな一年でした。
来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎え下さい。
集中力
実は、集中力というか、持続力が途切れることがあるんですよねえ。
この12月もそうですが、一度作業が中断すると、1ヶ月くらい全く手が動かなくなるんです。自堕落な自分が嫌になるのですが、どうにもなりません。
ようやく今、回復してきたところなので、がんばってⅢ号突撃砲、進めます。
でもディオラマ全体の完成まで、もう何回かこんな停滞期が来そうな予感が・・・・・(笑)
良いお年を!
ヒロナリさん!こんばんは(#^.^#)
今年も大晦日になってしまいましたね!
私にとってこの一年は、あっという間に過ぎてしまった一年のように感じました。
今年に入ってブログを始めたこともあるのですが、
戦車9台とジオラマ、未完成戦車4台と
ハイペースで模型作りをやってきました。
ヒロナリさんにコメントをいただけるようになり、
凄く嬉しかったです。
来年も私なりの戦車模型を作って行きたいと思っておりますので、また色々教えてくださいね(*^。^*)
では、来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を!
すごいです!!
だいぶ前の記事にコメントしちゃってすみません。
いやぁ! とてもすごいですね!
僕はいまこんなジオラマを作ろうとおもっているんです。
僕はまだまだ初心者です。
水の表現がとても難しいですよね。
これは、ボンドを使って表現しているのですか?
とてもリアルな水ですね。波の感じとか・・・。
これからもがんばって良い模型を作ってください!(´o`)
タッカーさんありがとうございます
以前の記事にコメントしてくださって、とてもうれしいです。
水の表現ですが、津川洋行というメーカーの水の素プロという素材を使ってます。
これは透明なゼリーのようなかたまりを、鍋で熱して溶かし、ベースに流し込むというものです。波の凹凸は半田ゴテで溶かしてつけます。半田ゴテで溶かした直後は、本当に濡れたような質感が素晴らしいのですが、何年も経つと透明感がなくなり、また全体に収縮してしまいます。ここがネックですね。
波打ち際の泡立った水は、Gボンドクリアをよく練ると、小さな気泡を含んでそれらしくなります。ただ、これも経年劣化し溶けてしまいます。
作ったときすでに、経年劣化を心配したのですが、初めて使う素材なので、やってみなければわからないと、とにかく試してみました。結局経年劣化してしまいましたが、まあ、仕方ないとあきらめています。
タッカーさんも、がんばっていい作品を作ってくださいね。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード