ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不定期連載ノスタルジックプラモデル 33

Category: ノスタルジックプラモデル  
いろいろイロコイス

しばらくノスタルジックプラモデルを書いてなかったので、
久しぶりに昔話を一席。

小学生の頃、同じ町内にチャボというあだ名の
仲のいい同級生がいました。
ある日チャボの家へ遊びに行くと、チャボは大きなヘリコプターの
プラモデルを見せてくれました。
それは、レベル1/32UH-1イロコイスでした。
当時ヒロナリ君はヘリコプターには格別興味はなかったのですが、
そのイロコイスのインパクトは強列でした。

まず、でかい!
戦車の2倍以上のボリュームがあり、小学生の目には
とても大きく感じました。
コックピットのドアとカーゴドアは可動で、操縦席には
二人のパイロットが乗っています。
ヒロナリ君も欲しくなりましたが、河村模型店に置いてあった物は
チャボが買ってしまったので、かわりにタミヤの
1/100を買いました。

タミヤのイロコイスは、手のひらに乗るほどかわいいものでしたが、
そのフォルムは美しく、すっかりイロコイスの魅力にはまりました。
特にヒロナリ君のお気に入りは、機首下面の風防です。
パイロットが足元から下を見るためのものですが、
当時はそんなことは分からず、ただ単純に外から機体内部が
見えるのがカッコよかったのです。

さらにイロコイス好きを決定的にしたのは、月曜ロードショウで観た
ジョンウェイン主演「グリーンベレー」でした。
現在の目で見れば、ストーリーは陳腐としか言いようがありませんが、
小学生には充分面白く、画面を飛び回るイロコイスも
とても魅力的でした。
特に印象に残っているのは、被弾したイロコイスが地上に墜落し、
残骸から乗員が脱出するまでをワンショットで撮ったシーンです。
どうやって撮ったんだろうと思うほど、迫力があったのですが、
今見るときっとチャチに見えるんだろうなあ。

しかし、「グリーンベレー」の影響で、絶対いつか
レベルのイロコイスを手に入れるぞと誓いました。
それと、M16のモデルガンも。

中学3年の頃、タミヤの1/100を再び作りました。
小学生の頃は、色も塗らずにアメリカ軍のデカールを貼りましたが、
今度はちゃんと塗装して、陸上自衛隊仕様で仕上げました。
蛍光オレンジの帯がカッコよかったです。

その後、20代の頃、エッシーの1/48を作ったときは、
キャビン内部をディテールアップし、ハセガワの飛行機キットの
パイロットをヘリパイロットに改造したりしました。

レベルの1/32も入手し、大きなところではモノグラムの
1/24も買いましたが、ずっと待っていたのは
1/35のイロコイスでした。
どこかから出ないかと待っていたら、80年代の終わり頃、
ついにフジミから1/35が出ました!
でも、残念なことにC型なんですね。
武装したガンシップもそれはそれでカッコ良いのですが、
ヒロナリ君が欲しいのはD型なのです。
開け放したキャビンからドアガナーが援護射撃する
イロコイスに向かって、負傷兵を抱えて走る兵士たち、
そんなディオラマを作りたいのです。

それからさらに10数年。
パンダモデルという聞いたことも無い中国のメーカーが、
突如D型を発売しました!
喜んで買ったのですが、ふたを開けて、
「は?」
と目が点になりました。
何だ、この大雑把なキットは!
全体のフォルムはまあまあですが、恐ろしく太いパネルライン、
恐ろしく太い細部パーツ、恐ろしく分厚いボディパーツ・・・・・
まるで昭和30年代の国産キットを見るようです。
チャボが持ってたレベル1/32のほうが、
ずっとディテールは優れています。
もうがっかり。

そして、2年ほど前。
あのドラゴンがD型を出す!
やったー!
最近の精密再現戦車キットのレベルで、イロコイスが
手に入ると思うとワクワクしました。
ところが!
ご存知のとうり、箱を開けると、中身はパンダモデルのものでした。
とほほほほほほほ・・・・・・・・

こうしてヒロナリ君はもう40年くらい1/35のUH-1Dを
待ち望んでいます。
タミヤが出してくれたら一番良いのですが、
おそらく無理でしょうから、素晴らしいブラックホークを出した
アカデミーあたりが発売してくれないかなと思う、今日この頃です。

スポンサーサイト

Comments

ヘリコプター
ヒロナリさん!こんばんは(*^。^*)
イロコイス私は知らないのですが、
私がヘリコプターをカッコいいナーと思ったのは、
昨年夏に行った総合火力演習で自衛隊の実物のヘリコプターを間近でみた事でした。
それまでは何の興味もなかったのですが、
それからは時々撮影してきた写真を眺め心弾ませています。
ヒロナリさんの欲しいヘリコプター、
タミヤから発売されるといいですね(*^。^*)
そのヘリコプターでヒロナリさん風のカッコいいジオラマが見て見たいです。
ところで先日より作っておりました、
キングタイガーのジオラマが出来がりました。
ジオラマの師匠と勝手に私はヒロナリさんの事を思っているのですが、出来上がりの具合を見ていただけたらと思います。
そしてココをこうしたらもっと良くなるなど、
ご感想をいただけたらとても嬉しいです。
今回はヒロナリさんのブラッティー・メモリーズをヒントに
負傷兵も配置してみました。
まだまだ上手ではありませんが、雰囲気だけでもヒロナリさんの作品に近づきたいと思い、頑張って作りました。
では、これからも素敵なブログ楽しみにしています(*^。^*)
実は、乗ったことがあります
友人に、中部方面航空隊の自衛官がいまして、20代のはじめ頃、大阪の八尾基地でイロコイスに体験搭乗しました。
初めて乗る軍用ヘリコプター、興奮しましたねえ。
窓から見える景色が、エレベーターに乗ってるかのように、スーッと下がっていき、それがいつの間にか、飛行機から見る景色に変わっているという感覚でした。当然、頭の中には、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」が鳴り響いていました。
いつか本当に、1/35のイロコイスが出ないかなあ。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。