ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不定期連載ノスタルジックプラモデル 34

Category: ノスタルジックプラモデル  
静岡模型組合共同企画 1/700ウォーターラインシリーズ

小学校高学年になった頃、ヒロナリ君の模型の好みは
戦車に向かっていましたが、飛行機も車も気に入ったものは
まだ何でも買っていました。
もちろん軍艦も大好きでした。
そんな1971年、ウォーターラインシリーズがスタートしました。

これはとても画期的なシリーズでした。
ひとつのメーカーが単独で出すのではなく、
タミヤ、ハセガワ、アオシマ、フジミの4社が共同で、
連合艦隊を統一スケールで再現するという壮大な企画です。
また、当時は船の模型は、ゴム動力なり、モーターなりで
水上航行するのが当たり前でしたが、このシリーズは、
ウォーターライン、つまり喫水線以下を省略して、
机上に並べて飾る純粋なディスプレイモデルでした。

すでにミリタリーミニュチュアシリーズもスタートしていましたが、
走らない戦車、走らない船を商品化するのは、
当時かなりの冒険だったと思います。
1958年、マルサンから国産初のプラモデルが発売されてから、
わずか10数年で、国産プラモデルは急速に発展し、
黎明期の子供向けのチープなオモチャキットから
大人の鑑賞に堪えるホビーへと移行していきました。
そんな時代に少年期を過せたのは、
とても幸せなことだと思っています。

さて、ウォーターラインシリーズですが、
初めて手にしたのはアオシマの高雄でした。
それまでの艦船キットと違い、喫水線から下が無いので完成させて、
机の上に置くと、そのまま洋上に浮かぶ姿が楽しめました。
それは、実際に水に浮かべるより、違ったリアルさがあることを
ヒロナリ君に教えてくれました。

また、模型の組み立て説明書は、当然ながら各社それぞれに
デザインが違うのですが、ウォータラインは共同企画ということで、
4社とも説明書のデザインが統一されていました。
当時、どこのメーカーよりもタミヤの説明書のほうが、見やすく、
センスも良かったせいか、ウォーターラインシリーズの説明書は、
タミヤ風に統一されていました。

その後、毎月のように新製品が発売され、最上、武蔵、熊野、吹雪と
ヒロナリ君の艦隊は徐々に規模を拡大していきました。
船体に塗装はせず、甲板をレッドブラウン、煙突の先端を
黒で塗るくらいでしたが、それで充分満足でした。

しかしながら、他にも飛行機も戦車も作るので、無節操に軍備を
拡大していくと国防費がかかりすぎるので、ヒロナリ艦隊は
10隻ほど揃った段階で、新型艦の建造に終止符を打ちました。

ヒロナリ艦隊はそれ以上増えませんでしたが、
ウォーターラインシリ-ズは、その後外国艦もラインナップに加え、
さらに、国内外の後発メーカーも1/700に参入し、現在では
その種類は膨大なもので、おじさんは艦船モデラーではないので、
一体どれくらいのキットが世に出ているか、見当も付きません。

ところで、ウォーターライン初期の頃、
箱の中にアンケートはがきが入っていました。
今後出して欲しい製品という質問があり、回答例として、
ミッドウェー海戦セットとあったので、
ヒロナリ君はサンゴ海海戦セットと書きました。
書いたものの、本当を言うと、サンゴ海海戦に参加した
艦艇の名前などひとつも知りませんでした。
当時、「決断」という太平洋戦争をテーマにしたアニメーションを
毎週観ており、サンゴ海海戦という言葉だけは知っていたので、
よく知りもしないくせに、通ぶって書いてしまったのです。
えーん、ごめんなさい。
知ったかぶりしてしまいました。

このことは、今まで誰にも言ったことはありません。
初めて、ここに告白します。
しかし、いやな小学生やのう。

スポンサーサイト

Comments


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。