ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 51        Ⅲ号突撃砲B型編 10

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
エッチングはめんどうだ

久々の製作記事です。
実はスコップなどの止め金具のエッチング工作がめんどうで、
ストップしていました。
特にコの字型のハンドルを取り付けるのが難しく、模型誌の作例で
大楽直正さんはあれを可動するように組んでらっしゃいますが、
そんなことおじさんにはとてもムリ!
最低でも手が3本、できれば手が4本ないとあの加工は不可能です。

で、煮詰まっちゃったので、他の部分を先に作ります。

タグロープ止め金具
タグロープの止め金具です。
左の3つのパーツを曲げ加工すると、右の完成品となります。
文字で書くと一行ですみますが、一つ作るのに15分くらい
かかります。

両面テープで仮止め
本体に押さえと蝶ネジを取り付けるのに、両面テープを貼った
プラバンに仮止めすると作業がしやすいです。

成型品
これも結構細かな作業で、4つ作るとグッタリします。
やろうと思えばこれも可動にできますが、そんなことしても、
破損や紛失するのがオチなので、接着固定してしまいます。

アルミ
続いて別形状の止め金具を作ります。
右上のパーツを曲げて、左のアルファベットのCのような
形にします。
これが大変!
エッチングパーツは極めて薄い金属板なので、本来簡単に
曲がるのですが、巾1.7ミリ、長さ5ミリの大きさになると、
がぜん曲げにくくなります。
そこで、このパーツを使うのはあきらめて、素材を変えます。
使うのは、ビールのアルミ缶。
はさみでザクザク切り開いて、平らに伸ばし、
1.7ミリの短冊状に切り出します。
プラバンを切るように、カッターで何度かスジを入れるように
すると簡単に切れます。

曲げ加工
それを5ミリに切って、真鍮線を当て、デザインナイフの先で
曲げてやります。

成型品
これなら比較的簡単にC型にできます。
缶ビールのアルミは、あまり複雑な形状は切り出すのが大変ですが、
こういう単純な形状なら簡単に切れるので、エッチングパーツの
代用として簡単なディテールアップにお勧めです。

車体への接着
これを、エンジンデッキに接着していきます。
あまりに小さなパーツは、ピンセットでもつまみにくいので、
千枚通しの先に瞬間接着剤をつけてパーツにちょんとくっつけて、
所定の場所に取り付けます。

エンジンデッキ
こうして、エンジンデッキ上がにぎやかになっていきました。
でも、まだまだエッチング作業は残っています。
ああ、めんど。
それにしても、完成はいつになるんだろう?

スポンサーサイト

Comments

私もやりたいのですが・・・
こんばんはヒロナリさん。
い~感じでエッチング作業が続いていますね~。
私はエッチングパーツは沢山持っているのですが、なかなか手を出しません。
本当に面倒くさい作業なんですよね~。
でもヒロナリさんの三突のエンジンデッキ写真を見ると何かやらなければと私も焦ります。
いえいえ
私なんぞと比べて、焦ることなどありません。
ハンスさんの作品は、エッチングなど使わなくてもスゴイ出来じゃないですか。
細部工作も塗装も、とてもまね出来ません。
しかし、エッチングも良し悪しですね。
集中力が続かず、少し作業するとグッタリ疲れます。
ああ、何も考えずタミヤのキットを素組みしたい!
ビールの空き缶
ヒロナリさん!おはようございます。
エッチング作業、お疲れ様です。細かな作業の連続でお疲れではないでしょうか?
私は大きなエッチングパーツは使った事があるのですが、
細かな物は無理そうなので手を出した事がありません。
ただビールの空き缶をエッチングに利用できる事をはじめて知ったので、今度使ってみたい場所が出来ましたら
使用してみたいと思いました。
まだまだエッチング作業は続くと思いますので、
頑張ってくださいね(*^。^*)
私は今日からシャーマンのジオラマ製作、再開です。
では、これからもよろしくお願いいたします。
ハイ、お疲れです
もう老眼がひどいというのに、エッチング作業は恐ろしく細かな作業を強いてきます。こんなカタチ、どうやって曲げろっていうようなことを、説明書は平気で要求してきます。
もう、目はもうろう、指先プルプル、TVチャンピオン手先が器用選手権状態です。(笑)
ビールの空き缶ですが、何しろ材料費がタダなのが、ポイント高いです。例えば手始めに、1ミリくらいに細く切り出したもので、ドイツ戦車兵のヘッドフォンのアームを作ってみたらどうでしょう。
わりと簡単に出来ると思いますよ。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。