ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 61        シュタイアー1500Aコマンドワーゲン編 3

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
組み立て完了

前回、ドアノブのディテールアップを行いましたが、
これを4枚のドアすべてに行います。

ドア
ノブ自体はキットのパーツを削って使用しましたが、
モノが小さく削りにくいので、プラバンから自作したほうが
簡単だったかもしれません。(笑)

バンパーパーツ
もうひとつ気になったのが、車幅表示ポールの太さです。
太すぎるし、破損防止のため0.5ミリの真鍮線で
作り直すことにしました。

真鍮線を曲げる
まずはキットパーツと同じ角度に、真鍮線を曲げます。
適当な位置で曲げて、長さは後で調節してカットします。

先端を削る
先端の丸い部分を接着するため、真鍮線の先をやすりで削って
少しだけ平面を作っておきます。
ここにキットの先端の丸い部分を切り取って、
瞬間接着剤で接着します。

加工後
バンパーにピンバイスで穴を開け、ポールを接着して完成。
左がキットのまま、右が加工後です。
やっぱり、変えたほうがシャープですね。

気になりだせば気になる部分は出てくるもので、
省略されているエンジンを載せることにしました。
完成すれば見えないはずですが、見る角度によっては
ボンネットのメッシュを通して内部ががらんどうなのが
わかってしまいます。
だからといって、実車のエンジンを調べて苦労して自作しても、
どうせほとんど見えなくなるので、適当な流用パーツで
ごまかします。

エンジン
手持ちのストックの中から選んだのは、アカデミーの
M113のエンジンです。
タテヨコの比率はほぼぴったりですが、背が高くボンネットに
干渉するので、下から5~6ミリ削りました。
当然実車のエンジンとは形はぜんぜん違うはずですが、
メッシュ越しにシルエットが見えるだけなので、
それらしければなんでもいいのです。(いいのか?)

あとは、尾灯など細部パーツを接着すれば組み立て終了です。

完成?
って、バラバラじゃん!
いや、ホントはできるだけ接着して塊にしたほうがいいんですが、
シートや幌、ドアの内側の塗りわけの手間を考えると、
パーツごとにバラバラに塗って、あとで組んだほうが
やりやすそうです。
というわけで、これにて組み立ては終了、
次はフォルクスワーゲンの郵便車にとりかかります。

話は変わりますが、先日の土曜日、蒲郡に遊びに行ってきました。

蒲郡竹島
お昼はちょっとリッチに、蒲郡プリンスホテルで
食事することにしました。
3800円のランチバイキングにしたのですが、
これが見事にドツボにはまりました。
ホテルだから高いのはわかっていましたが、
ぜんぜん内容がよくない!
味はまずいし、種類も少ない。
飲み物はオレンジジュースとウーロン茶のみ。
パンは、フランスパンのみ。
メインの料理にこれといったものはなく、デザートも安っぽい味。
1000円の価値もないのに3800円も取りやがって、
ふざけてるとしか言いようがない。
おじさんは怒っているんだぞ、ぷんぷん!
皆さん、蒲郡に行ってもプリンスホテルの
ランチバイキングだけには行ってはいけません。
ぼったくられますよー。(笑)

スポンサーサイト

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード