ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

ただいま修理中

Category: M113  
アカデミー 1/35 M113A1

今回も過去作品をご紹介します。

おじさんはM113が大好きです。
中学のとき、タミヤのM113を作って以来、
この車両の大ファンです。
そのときのことは、いずれノスタルジックプラモデルで書きますが、
今日はアカデミーのM113です。

M113 1
アカデミーのM113は、一見タミヤのコピーっぽいのですが、
まったくのコピーというわけではありません。
トーションバーや、ペリスコープガードが別パーツになっているし、
転輪や、エンジン、兵員シート、燃料タンクなど多くのパーツが、
より実物に近い形になっています。
もしかしたら、コピーではなく、オリジナルなのかもしれませんが、
限りなくグレーに近いですね。(笑)
また、火炎放射用の砲塔や、106ミリ無反動砲をはじめ、
豊富なアクセサリーが付属し、出来はともかく
ヴェトナム人女性を含む5体ものフィギュアがセットされて、
大変豊富な内容のキットです。

M113 2
このキットも7~8年位前に作ったものですが、AFVクラブの
M88と組み合わせて、エンジンの修理中のディオラマを作ろうと
思いたったのでした。
そのため、点検カバーを開け、エンジンや車内を
作りこむことにしました。

M113 3
操縦席付近です。
M113はアルミ製なので、錆は出ません。
赤っぽく見えるのは錆ではなく、ヴェトナムの赤土です。

M113 4
エンジンは写真を参考に、出来る限りディテールアップ
してあります。
ホコリがいっぱいついてますね。ご勘弁を。
肉眼では気づかなかったのですが、写真を拡大すると
よくわかります。(笑)

m113 5
キットはM113A1と謳っているのに、
この部分は明らかなミスで、A2の仕様になってしまっているので、
タミヤのパーツに交換しました。

M113 6
基地内のデポで修理中という設定にしたので、
武装はすべて取り外した状態としました。

M113 7
兵員用シートのクッションが省略されていたので、
エポキシパテで作りました。
また、実車写真を見ると、燃料タンクに注意書きのようなものが
ガムテープで無造作に貼ってあったので、
それらしく再現してみました。

M113 8
車内奥の点検用のパネルは、取り外した状態としました。
また、右舷側の無線機が省略されていたので、
タミヤのM151から持ってきました。

M113 9
無線機のアップです。
ラックはプラバン製。
ビニールチュ-ブやスプリングで配線してみました。

この作品は2003年の中京AFVの会に出品しました。
ディオラマは間に合わず、フィギュアもいない単品で出しました。
地味で華が無いのはわかっていたので、ぜんぜん期待してなかった
のですが、思いがけずAM賞を受賞してしまいました。
えーっ!もらった本人がびっくり!
またもアーマーモデリング1年分、ありがたく頂きました。

え?M88とのディオラマはどうしたって?
いえね、いやその、いつかまたってことで・・・・・・・・

スポンサーサイト

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード