ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 67        R12サイドカー編 4

Category: R12サイドカー  
コードの追加

面倒な作業を前にすると手が止まってしまい、
なかなか前へ進めません。
始めてしまえば、ノッてきて作業も苦にならないのですが、
取り掛かるまでが大変なんですね、これが。(何が大変なんだか)

バイクキットはブレーキやアクセルのコードを追加すると、
精密感がアップしますが、1/35スケールでは
とても細かな作業になりますし、実車の資料が欠かせません。
でも、資料についてはネットで画像検索すれば、
山のように資料写真は拾えますので、後は覚悟を決めるだけです。

作業開始
ずっと更新が滞っていて気が引けていたので、
覚悟を決めて作業を始めます。(笑)
一応始めからコードの追加はやるつもりでいたので、
作業のしやすさを考えて、ハンドル、フロントフォーク、
タンクはまだ接着していません。
コードは、リード線に使われている細い銅線を使うことにしました。

ハンドル
パソコンの前に座って、写真をよーく見ながら、
コードが生えている場所にピンバイスで0.3ミリの穴を開けます。
モノが細く折れやすいので、慎重にやらねばなりません。
同じように、車体側のコードが生えている場所に
穴を開けておきます。

ハンドルにコードを接着
ハンドルの穴に、5センチほどに適当に切った銅線を
瞬間で接着します。

ライトにコードを接着
ライトの下側にもコードを接着しておきます。
実車のコードは、すべて同じ太さではないので、
変化をつけるためエナメル線も使いました。

毛の生えたバイク
下ごしらえが終了したので、フロントフォークと
ハンドルを接着します。
車体のあちこちから銅線がピンと伸び、
なんだか毛が生えたようです。(笑)
実際この銅線、毛髪ほどではないにせよ、かなり細いです。

で、このコードをハンドル側と車体側で、つなげるのですが、
これが大変。
ピンセットを持つ手は震え、銅線は張りが無いので
すぐくにゃくにゃ曲がり、思うようになりません。
おまけに老眼だし。(笑)

物事、やってみないと分からないことってあるもので、
ハンドル側に先にコードを接着したのは失敗でした。
車体側は入り組んでいるので、所定の位置にコードを持っていって
接着固定するのは至難の業です。
車体側に先に接着しておいて、後からハンドル側に
もっていったほうが断然作業はしやすいです。

しかも、銅線はすぐ曲がってヘロヘロになるので、
コードらしくありません。

0.1ミリ真鍮線
そこで、思い切って、せっかく接着した銅線を引っこ抜き、
以前模型屋で見かけて、使うあても無く買っておいた
0.1ミリ真鍮線に換えることにしました。

車体右側面
真鍮線は適度な弾性があるので、銅線のようにヘロヘロにならず、
ゆるい弧を描き、実物のコードらしく見えます。
今度は車体側を先に接着し、ハンドル側へ回しました。
すべて真鍮線に交換したわけではなく、プラグコードは
作業のしやすさを優先して銅線のままにしました。

車体左側面
困ったことに、実車写真をどれだけ見ても、コードの始点と終点は
わかっても、どの始点とどの終点がつながっているのか、
今ひとつよくわかりません。

ハンドルアップ
というのは、ハンドルから延びたコードがフロントフォークに隠れて、
どこへ行ってるのかわからないからです。
でも逆に言えば、わからないのだから、どことどこが
つながっていても、たいして問題ではないということです。

ハンドルアップ
結論。
コードが生えている場所さえ正確なら、
途中がどうつながっていようが、完成後の姿はたいして
変わらないので、適当につなげばよい。
(いいのか、それで?)

まあ、とにかくこれにて作業は終了。
でも塗装はまだおいといて、次回からは、ほかにもまだ登場する
車両があるので、そちらの製作にかかります。

スポンサーサイト

Comments

やっちゃいましたね
今晩はヒロナリさん。
やっちゃいましたね~~~!面倒くさい作業を私はパスしちゃおうと思っていたのですが・・・(笑)
でも0.1mmの真鍮線良く持っていましたねっ!
私も探しているのですがなかなか見つかりませんよ~~~!
神の手
ヒロナリさん!こんにちは(#^.^#)
ヒロナリさんの作業は神業ですね!!神業ができると言う事は
ヒロナリさんの手は、神の手ですか?
そんな事言いたいくらい、本当に細かな作業の連続、私には絶対に無理ソウです。
それにしてもコードがプラスされると、本当に実車っぽくなりますね!!塗装はまだ先との事ですが、出来上がりがとても楽しみです。これからの作業も楽しみにしておりますので、
頑張ってくださいね(*^。^*)
これからも、よろしくお願いいたします。
何言ってんですか、ハンスさん
パスしようかと思ったのは僕のほうで、ハンスさんが僕の作例を参考にするなんて言うから、がんばったんじゃないですか。R75を作るときは、ぜひコードを追加してくださいねっ!(笑)
0.1ミリ真鍮線もそうですが、珍しいキットなんかも見かけたら即、買わないといけませんね。後で欲しくなっても、2度と出会えないことがよくあります。まさに一期一会ですね。
かおりさん、おおげさです(笑)
神の手なんて、恐れ多い。世の中には、本当に神業としか思えないような技術を持つモデラーが大勢います。僕なんてまだまだ凡人の域を出ていません。
今回初めてバイクのコードの追加に挑戦したのですが、いつか作るつもりの陸上自衛隊オートバイ偵察セットを作るときの、練習になりました。(いったいいつになるんやろ?)

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。