ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 71        自転車編 2

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
細部のディテールアップ

前回書き忘れたのですが、仕事のためカメラの画像サイズの設定を
小さくして、元に戻すのを忘れていたので、この自転車の
製作途中写真は、拡大すると画像の粒子が粗いものが一部あります。
お詫びしときますね。

スポークをエッチングに置き換えただけで、作業の大半は
済んだようなものですが、やるべきことはまだ残っております。

チェーンパーツ
まずは、チェーン。
4つパーツがありますが、これは2台分でして、チェーンだけの
パーツをギアのついたチェーンのパーツに、貼り合わせます。

キットパーツとの比較
キットのパーツと比べると、そのリアルさにうっとりするほどです。

ボールペン加工
スポークと一緒に切り取ったフレームも、エッチングパーツに
置き換えます。
そのままではペラペラで立体感が無いので、裏側の溝を
ボールペンで押して半円状に加工します。
このときランナーから切り離すと、かえって作業がしにくく
変形しやすいので、ランナーについたままで加工します。

加工後
一番上のものが、加工したものです。
実物みたいにパイプ状にはなりませんが、
まあこれで良しとしましょう。

チェーンを組み込む
取り付けると、こうなります。

本当は、ライトは無加工のつもりだったのですが、
足回りがこれだけリアルになったので、釣り合いを取るためにも
クリアパーツでレンズを入れることにしました。
ウェーブのHアイズを使おうかと思いましたが、
一番小さいものでも直径3ミリ。
キットのライトレンズは直径2ミリ。
仕方ないので自作することにします。

レンズの製作
別のキットのクリアパーツのランナーをライターであぶって伸ばし、
直径2ミリのあたりでカットして、少し削って切断面を
凸レンズ状にします。
磨かなくても流し込み接着剤をひと塗りすると、
きれいな透明になります。
この先端を厚さ1ミリくらいにカットして、レンズとします。

ライトの加工
キットのライトをリューターで彫り込み、
内部をクロームシルバーで塗っておきます。

ライト完成
レンズを接着して、完成です。
塗装するときはレンズの部分だけマスキングすることになります。

これで終わりかと思いきや、次回、まだ細かな作業をしますよ~。

スポンサーサイト

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。