ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 73        ソフトスキンまとめて塗装編 1

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
シトロエンを塗ってみよう

ディオラマに登場する全てのソフトスキンの組み立てが
終わったので、さあ、一気に塗装に入りましょう。
まずはシトロエン!

車内を塗る
まずはシートと車内に、タミヤアクリルデッキタンを吹きます。

塗装準備
次に、ボディを塗るための下準備。
車内に塗料が吹き込まないように、内側からマスキングします。
ボディを塗装するときは、持つところがなくなるので、
持ち手をつけます。
1/24ならビールの空き缶を使いますが、1/35では
空き缶では大きすぎるので、フィルムケースを2つつないで、
天井内側に両面テープで貼り付けます。

ボディカラーはジャーマングレーにすれば簡単なのですが、
ここは塗装例Dのライトブルーとブラックのツートンカラーに
することにしました。
正直言って、グロス塗装は苦手です。
カーモデルをピカピカに仕上げるには、
本当に細心の注意が必要です。
カーモデラーは尊敬に値します。
それでも登場する車両が全部ジャーマングレーでは少々地味なので、
1台くらいアクセントとして華のある色合いが欲しかったので、
面倒ですが、あえて挑戦することにしました。

車体吹き
ボディ全体にラッカー系のライトブルーを吹きます。
おじさんは、基本塗装はいつもタミヤの水性アクリルで行いますが、
車や飛行機を塗るときは、ラッカー系を使います。
タミヤアクリルはフラット系はいいのですが、グロス系は乾きが遅く、
よほど乾いたと思っても、うっかり触ると指紋がついたりするので、
カーモデルの基本色はラッカー系にしています。

マスキング
さあ、最大の関門、ツートンカラーの塗り分けです。
この塗装例は、ボディがライトブルー、フェンダーがブラックです。
フロントフェンダーは別パーツなので、問題ありませんが、
リアフェンダーはマスキングして塗り分けねばなりません。

戦車模型ではマスキングゾルなんてめったに使うことはないので、
久々にマスキングゾルを使おうとしたら、ろくに使ってないのに
劣化して使い物にならなくなっていたので、新しく買ってきました。

塗り分け部分にマスキングゾルを塗って、乾いたところで、
塗り分けラインに慎重にデザインナイフを入れます。
ここが肝心です。
ラインがぶれたりしないよう、息を止めて一発で
決めねばなりません。
あまり力を入れすぎると、塗膜に深い傷をつけますし、
力を抜きすぎるとマスキングゾルが切れてなかったりします。
思ったとおり、カットラインがぶれたり
めくれたりしてしまいました。
出来る限り修正したのですが、うまく塗り分けられるか心配です。
どうなることやら、では次回。

スポンサーサイト

Comments

言ってた矢先に
ヒロナリさんこんばんは。
シトロエンかっこいいっすなぁ。この形すごく好きです。

この前スプリングのはなしをしていました矢先の事ですが、今作っている戦闘機コルセアの牽引フックなんです…

とても小さな部品で筆塗りをしようと思いメガネクリップに挟み机に置いたところ「パチン」という音とともに何処かに飛んでいってしまいました(汗)



やはり見つかりません…(涙)


出来るかどうかわかりませんがプラバンと金属線とパテで技術向上も含めて自作してみます。

ヒロナリさんのように上手く出来ればいいのですが。
また、よろしくお願いいたします。

塗装
ヒロナリさん!こんばんは(*^^)v
シトロエンの塗装、拝見いたしました。
車のモデルは塗装が難しいことは知っていたのですが、
ココまで綺麗にマスキングが必要な事はわかっていませんでした。またツートンカラーにされるとの事、難しさも倍増だと思います。ヒロナリさんのテクニックならキット素敵に仕上がると思いますので、頑張ってくださいね(*^。^*)
話は変わりますが、先日私のジオラマの構想をお考え下さりありがとうございました。
ヒロナリさんのおっしゃっていた情景が頭に浮かび、
早速採用させていただきました。
本日何とか家も完成しましたので、他のジオラマパーツの製作に入りたいと思っております。
近日中に家の完成品も紹介予定でいますので、
また見ていただけたらと思います。
(ブログに載せましたら、報告に参ります)
では、これからの作業も楽しみに拝見させて戴きたいと思います。
はまちゃんへ
やりましたか。やるんですよね、必ず。
プラモデルを作っていく以上、これからも起こることです。避けては通れません。(笑)
避けて通れないなら、対処法を身につけるしかありません。自作するとか、見なかったフリするとか。(笑)
その点、AFVは有利です。なくしたパーツのあたりにダメージ表現を施すとか、シートや荷物で隠すとか、けっこう誤魔化せます。

ところで、コルセアはレシプロですか、ジェットですか?
僕はどちらも大好きです。
レシプロなら、昔1/72をネイビーブルー一色で作りましたが、三色迷彩のほうが好きですね。ガルウィングとあいまって、海鳥を思わせます。
ジェットは、タミヤの1/100とハセガワの1/48を作りました。こちらはカラフルなマーキングと、フルに爆装した姿が魅力的です。
またいつか作ってみたいです。
かおりさんへ
難航しています。恐れてたとおり、マスキングに失敗して一部見苦しい部分が出来てしまいました。何とかリカバリーできたのですが、クリアーをかけるところで作業がストップしています。
湿気の多い日にグロス塗装をすると、空気中の水分の影響で、塗膜が曇ってしまうらしいのです。ここ最近雨が続いているので、お天気待ちの状態です。
そうですか、家、完成しましたか。おめでとうございます。
まだ作業は残っているので、がんばってくださいね。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード