ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

M42ダスターを36年ぶりに作ってみると 5

Category: M42ダスター  
前回、超簡単な転輪のゴム塗りの方法を紹介しましたが、
その応用編、超簡単なタイヤのゴム塗りの方法を
紹介しましょう。

転輪のゴムは、ホイールより一段へこんでいるので、
テンプレートをあてがえますが、
ソフトスキンのタイヤは、ホイールより膨らんでいるので、
テンプレートを当てると隙間が出来て、
この方法が使えません。

そこで、まず先に、ホイールに車体色を吹いてしまいます。
次に、0.3ミリプラバンをホイールと同じ径に丸く切り出し、
マスキングシートとします。
そのままでは持ちにくいので、
中心に5センチほどのランナーを接着します。
ホイールにプラバンを当て、ランナーの先端を親指で押さえて、
ゴム色を、エアブラシで吹きます。

指は汚れますが、1個1個筆で塗り分ける手間と比べたら、
あきれるほどカンタンです。
車輪の多いトラックなんかには、ホントオススメですぜ。

さて、ダスターの塗装に戻ります。

画像 020
ドライバーズハッチ脇の吊り下げフックは、
エッチングパーツでは薄すぎるので、
真鍮線で作りました。
その脇のLIFT HEREのマーキングは、
アカデミーのM113の余ったデカールを使いました。
アカデミーのデカールは、ニスが薄く、
わざわざニスをカットしなくても、フラットクリアを吹けば、
ほとんど分からなくなるので、お気に入りです。

画像 018
ちなみに、前面のスターマークもM113のものです。

画像 017
工具類は、ODで塗られていたものが、
ペンキがはげて地肌が出た状態としました。

画像 021
フットマンループの根元に、爪楊枝で瞬間接着剤を
ちょんちょんと盛り、溶接跡としました。
ボケボケのM60機銃は、ドラゴン製です。
次回は、ウェザリング!


スポンサーサイト

Comments

うへぇ~
ヒロナリさんの工作力ってすごかったんですね。
おみそれしました。
いや、それほどでも
すぐ、妥協するし、見えないところは手を抜くし、何より手が遅いのが致命的。
でもほめられると、ちょっと増長するぞ。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード