ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 83        ソフトスキンまとめて塗装編 11

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
サイドカー完成

それではサイドカーをご覧いただきましょう。

サイドカー 1
スポークはキットのままなので、拡大写真で見ると
やはり太いですね。
肉眼で見れば、どうにか許容範囲であります。
ですが、換えられるものならエッチングに換えたほうが、
よりベターなのは言うまでもありません。

サイドカー 2
側車には機銃が搭載されるのですが、機銃パーツを載せてみると、
機銃ばかりがやたら大きく感じられたので、載せていません。
ただ、ドイツ国内とはいえ高級将校の護衛なので、
機銃は搭載したほうがいいかもしれません。
気がむいたら、後で載せます。

サイドカー 3

サイドカー 4
バイク本体と側車の接合部分は、たいへん接着面積が小さいので、
接着には気を使います。
また、側車を取り付けると、せっかく施したパイピングが
ほとんど隠れてしまいます。(泣)

サイドカー 5
実は塗装中に、ハンドルの左半分を折ってしまいました。
瞬間接着剤で補修しましたが、直径1ミリほどのハンドルなので、
接着に難儀しました。
ヘッドライトはクリアパーツは用意されていず、ライトカバーが
モールドされているのですが、実感に欠けるので、
釣りの板オモリでライトカバーを作っています。

ついでに、自転車も見ていただきます。

自転車 1
こちらは、スポークをエッチングに換えた効果が
バッチリ出ています。

自転車 2
グリーンのフレームがベンチの赤に映えてきれいで、
この写真、我ながら気に入ってます。

では、今日はここまで。
次回はフォルクスワーゲン郵便車をご紹介します。

スポンサーサイト

Comments

格好いいです!
ヒロナリさん、お邪魔しますね!!

自転車!格好えぇわぁ~!拝見していて見惚れてしまいました(笑)

サイドカーもいい雰囲気で、どう見ても感想は「格好えぇわぁ~」しか出て来ませーん。

多才で羨ましいですよ(笑)
チャンママさん ありがとうございます
ストレートに「格好えぇわぁ~」と言っていただくと、うれしいです。
自転車の写真は、ミリタリーディオラマには見えませんが、そういう方向を狙っています。完成すると軍用車両も列車砲も登場しますが、全体としては、ミリタリー物というより、美しいドイツの景色を再現した鉄道模型にしたいと思っております。
完成はまだまだ先ですが、よろしくお付き合いくださいね。
完全復帰!
こんにちは~ヒロナリさん。

本当に凄い勢いですね~こりゃリヒターに気合いを入れなくちゃ~なりませんね!おっと私にもか!・・・(笑)

自転車い~感じですね~。
特にフレームの塗装剥がれ、艶有りの塗料が割れて剥がれた感じが本物の自転車みたいです。

いや~凄い!凄い!ヒロナリさんの完全復帰だ~ッ!・・・(喜)
素晴らしい!!
自転車&ベンチの情景が良いですね~^^
又、写真が素晴らしいです。
どうやって撮影されたのですか?カメラはデジタル一眼ですか??
知りたい事だらけだ(笑)
興味はつきません・・
ハンスさんへ
自転車ですが、実はたいしたことはやってません。(笑)アクリルシンナーで溶いたパステルのサビ色を塗って、薄めたバフをエアブラシした程度です。
何しろフレームの太さが1ミリくらいなので、肉眼で見るとその効果はほとんど分からず、単にグリーン1色にしか見えません。拡大写真で見て、こんなふうになってたんだと、自分でも初めて分かった次第です。(笑)
もうひとつ、肉眼では気づかなかったのですが、チェーンの一部にシルバーがはみ出ています。黙ってりゃ分からないアラまで見せてくれる拡大写真って怖いですね。
コウさんへ
撮影に関して。
途中写真は当然作業机の上で撮影しますが、完成写真は基本的に屋外で自然光で撮っています。蛍光灯と自然光では、断然自然光のほうがリアルに撮れます。
逆に言えば、この程度の作品でも自然光で撮れば、けっこうリアルっぽく見えるもんです。(笑)
今回、たまたま撮影したのが午後3時過ぎで、かなり低い位置から太陽光を受けていて、いつもとちょっと違った雰囲気になっています。
ただ、背景に日本の日常の景色が写り込まないようにするのが大変です。僕のように田舎に住んでいても、どうしてもフレームに家の屋根や電線が入ってきちゃうんですね。
今回はすでに完成している駅舎の建物を背景にして、余計なものを隠しています。
カメラはデジタル一眼などではなく、いわゆるコンパクトカメラ、ソニーのサイバーショットです。以前使っていたカメラはあまり接写ができなかったので、今年の春、サイバーショットの最新型を買いました。モニター画面がでかくて、操作はタッチパネル式で、ハイビジョン動画も撮影できるというスグレモノ。かなり接写が効くのはいいのですが、逆に作品のアラが見えて、痛しかゆしです。(笑)
ありがとうございます
詳しく教えて下さいましてありがとうございます。
素材(作品)が大事なのは勿論ですが、撮影にしても色々工夫されているのですね。勉強になりました♪
私のデジカメもソニー・サイバーショットなんですが、とても古いので、接写はムリですね~(ヨン様のCMのヤツ)。
デジタルカメラ
サイバーショットは、これで2代目になります。
前のサイバーショットは8年位前のもので、接写もあまりできず、モニター画面が小さくて見にくかったので、買い替えを決意しました。
条件はとにかく接写能力。
ペンタックスのW90は1センチまで近づけるということで候補に上げたのですが、アウトドア系のごついデザインだったので、接写能力は少し落ちますが、スマートなサイバーショットTX7にしました。
接写能力を見るために、カメラ売り場に1/35のフィギュアを持っていき、顔がどれくらいの大きさで撮れるか試しました。
どこのメーカーにしても、現在のカメラの性能の高さにはびっくりしました。
デジタル一眼でなくても、僕には十分だと感じました。
売り場のお兄ちゃんの言葉を借りれば、8年前のカメラなんて石器時代の代物だそうです。(笑)
コウさんも、カメラ売り場をのぞいてみてはいかがですか。
きっと欲しくなりますよ。
石器時代・・・・
私のは化石か???
カメラ欲しいんですよ~。
デジタル一眼も欲しいし、コンパクトも欲しいし・・・。
怪我が治って社会復帰したら購入しようと思っています♪
コウさんへ
化石らしいです。(笑)
実際、こんな薄いボディに驚くような機能が満載されています。現在のカメラの進化の度合いを考えれば、化石と呼ばれても仕方ないかもしれません。
初めてデジカメを買ったとき、お金と手間のかかる現像とプリントから解放されただけでも、感動したもんですけどね。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード