ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

M42ダスターを36年ぶりに作ってみたら、キヤコンで銀賞をいただきました 7

Category: M42ダスター  
おじさんがキヤコンに初参加したのは、2006年でした。
そのときは、フィギュアだけのビネットで、銅賞をもらっての。
初参加で賞をもらって、うれしゅうて、うれしゅうて。

翌2007年、このM42で参加したら、
なんと、今度は銀賞をもらってしもうた!
それなりに自信はあったものの、他の人の作品を見ると、
どれも自分の作品よりずっと素晴らしく見えるもんでの。
名前を呼ばれたときは、信じられんかったなあ。

画像 118
一緒に写っとるのは、もらった銀メダル。
前の年までは、賞品は喜屋ホビーさん提供のプラモデルだけ
やったんやけど、この年から記念のメダルがもらえるように
なったんやわ。

おじさんは石材会社をやっとるので、
飾り台は、大理石で作ってみました。
地面は、紙粘土をのばして、前回紹介した赤土をまきました。
タイトルは、ワードで作ったものを写真用紙に印刷して
切り抜いて、そのまま貼りました。

で、BR52のように、また外で撮影してみました。

画像 071

画像 075
やっぱ、自然光で撮るとええね。

画像 073

画像 081

画像 084
砲塔のアップ。
バックが空だけやと、結構本物っぽく見えへん?

画像 111
足回り。
転輪の土汚れ、これがアグアリングの効果です。

画像 109

画像 106
アグアリングの土汚れは、
パステルの汚れとはまた違った表情がでると思うんやけど。

画像 110

画像 114
といったところで、M42ダスター編は、おしまい。
お付き合い、ありがとうございました。



スポンサーサイト

Comments

堪能しました
メダリストの作品、拡大画像でたっぷり堪能させていただきました。
デジカメで拡大して見てこの精度ということは
肉眼ならまったくアラも見えないでしょう。
作った本人だけは、どこにアラがあるかわかってるのですごく気になるのですよね。

青空と写る画像は、スカッと気持ちが晴れ晴れします。
模型ブログは室内写真が多くなりがちで、閉塞的な世界をかもしだしますが、こういう写真を入れることで印象が異なるものになると思います。
実車も太陽の下で写ることがふつうなので
やはり模型の戦車も野外で写してあげるのがベストのように思います。

この分だと、もっと隠し球がありそうですね。
有名な賞を総なめにしていることもサプライズでしたが
もっとサプライズがあるのかなあ。

やはり自然光ですね
初めてデジカメを買ったときから、模型の写真を撮るときは、できるだけ外で撮るようにしています。
中学の頃、テレビドラマのスタジオセットがどうしても不自然に感じ、原因は光だと気がつきました。太陽光とライトの光は根本的に違うんですね。だから、自然光で撮れば、自然に本物っぽく見えるんですね。
でも、なかなかいいロケ地が無くて。僕は、田舎に住んでいますが、どうしても画面に建物や高圧線が入ってしまい、山の形も外国には見えないんですよね。
以前、よけいなものが写り込まないように、琵琶湖まで写真を撮りに行ったことがありました。また、紹介します。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード