ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不定期連載ノスタルジックプラモデル 54

Category: ノスタルジックプラモデル  
マルイ 1/35 メルセデスベンツG4

マルイ、正確には東京マルイは現在ではガスガンや電動ガンで
有名ですが、昔はプラモデルも生産していました。
今、ウィキペディアで調べたら、昔、河村模型店の
ショウウィンドーにあった「歩く生首」というゲテモノキットも
マルイの製品でした。
いや、びっくり!

懐かしいなあ、「歩く生首」。
あなた、知ってます?
落ち武者のようなザンバラ髪で、青緑色をした恐ろしげな生首が
ゼンマイ仕掛けでジージー走り回るんです。
グロテスクでいながら、どこか滑稽なプラモデルでした。

いや、そんな話をしてるんじゃないんです。
メルセデスベンツです。
70年代前半、タミヤのミリタリーミニチュアシリーズが
ヒットして、模型業界にミリタリーブームが巻き起こりました。
たくさんのメーカーがミリタリー系のキットを発売しました。
そんな中、マルイから発売されたのが、ドイツ軍用大型乗用車
コンバーチブル メルセデスベンツG4です。

メルセデスベンツG4箱絵
箱のデザインはタミヤのホワイトパッケージを意識したのか、
すっきりスマートなデザインです。
しかし、すごいですね。
アドルフヒトラーご本人とハーケンクロイツが
堂々と描かれています。
このタッチは高荷義之さんだと思われますが、今では考えられない
アブナイ箱絵です。
ナチを連想させるものはすべてタブーの欧米では
絶対発売できない商品です。
でも、箱のサイドには英文の解説が印刷されているので、
やっぱり輸出してたのかなあ?
当時はそれほどうるさくなかったのかなあ?

キット内容
フタを開けるとこんな感じです。
定価800円だけあって、ボディやギアボックスがきれいに
パッケージングされてます。

組み立て説明書
組み立て説明書です。
タミヤほど要領よくまとめられてないので、
小学生にはちょっと難しいかな。

ボディパーツ
ボディは2色のパーツで構成されているので、塗装が楽そうです。

パーツ
また、フロントグリルやライトは、メッキパーツが
用意されているので、小学生が塗装しないで組み立てても
それなりに完成するはずです。

フィギュアパーツ
フィギュアは6体も付属しています。
ただし、4人のナチの高官たちは、クローンのように
まったく同じポーズです。
なんだかタミヤのシュビムワーゲンのフィギュアの襟を改造して、
コピーしたように見えます。
しかし、特筆すべきはヒトラーのフィギュアです。

ヒトラーフィギュア
出来がどうとか、似てる似てないとかは置いておいて、
ヒトラーのフィギュアであるという事実が貴重です。
世紀の大悪人、ファシズムのシンボルであるヒトラーを
商品にすること自体がすごいことで、それこそ
現在のヨーロッパでは絶対に販売できません。
おじさんもこれ以外のヒトラーフィギュアなんて、模型誌に
載っていたガレージキットを1点知ってるだけです。

さて、当時のヒロナリ君はこのキットには
あまり興味を持ちませんでした。
だって、軍用とはいえキャタピラも大砲も付いてないもん。
戦車に比べたら地味すぎたんですね。
そんなわけでこのキットは買いませんでした。

これを買ったのは今から20年ほど前、奈良県明日香村ででした。
え?何で明日香村?

小学校6年の国語の教科書に載っていた前登志夫氏のエッセイ
「春を待つ心」を読んで以来、明日香村や山の辺の道は
ヒロナリ君の憧れの場所でした。
30歳ごろ、初めて明日香村を歩きました。
気ままな一人旅です。
のどかな集落を歩いていると、普通の民家のプレハブのガレージに
「なつかし屋」という看板がかかっていました。
のぞいてみると、狭いガレージいっぱいに昔のオモチャや
日用品やホウロウの看板などがありました。
店主のおじさんに聞いてみると、これは自分のコレクションで、
いらなくなった物を土日だけガレ-ジで売っているとのことでした。
何か掘り出し物はないかと探してみると、出てきたのが
このメルセデスベンツG4でした。

おおっ!これはすごい!
いいもの見つけた!
これは貴重だぞ。

はやる気持ちを抑えて、あまり興味のなさそうな口調で
おじさんに聞きました。
「ねえ、これいくら?」
「うーん、それは2000円。」
安っ!
たぶんマニアの間じゃ5000円以上はするはず。
「えーっ、高いなあ。」
「だって、それはもうメーカーも作ってないしねえ。」
「そりゃそうだろうけど、もうちょっとまけてよ。」
「うーん、じゃあ、1500円でどう?」
「そう?じゃそれならいいや。」
ラッキー!
値切り成功!

こうして、子供の頃、目にしただけで買うことのなかった
キットを手に入れたのでした。
いつ作るか分かりませんが、こういうキットは変に
ディテールアップなぞ考えず、素直にストレート組み
するべきですね。

いつか作るつもりですが、入手してすでに
20年ほど経っています。
ほんとに作れるんだろうか?(笑)

スポンサーサイト

Comments


« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。