ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不定期連載ノスタルジックプラモデル 56

Category: ノスタルジックプラモデル  
タミヤ 1/35 Ⅲ号突撃砲G型

このキットも箱絵がいいですねえ。
突撃砲自体はもとより、手前の降下猟兵達がカッコいい!
キューポラから顔を出した突撃砲搭乗員が、丸いメガネをしていたのも印象的でした。

Ⅲ号戦車もⅣ号戦車もパンサーもタイガーも、回転砲塔を装備した普通の戦車タイプと、
同じ車体を利用した固定砲塔の突撃砲タイプが存在するということが、
タミヤのプラモデルをとうして、ヒロナリ君もなんとなく認識しはじめていました。
こういう豊富なバリエーションが、ドイツ戦車の魅力のひとつですね。
ヒロナリ君は、回転砲塔より固定砲塔のほうがよりカッコいいと感じていました。
ただ、突撃砲と襲撃砲はどこがどう違うのか分かりませんでした。
今でも分かりませんが。(笑)

キットは実車と同じく、車体下部がⅢ号戦車と共通です。
主砲は75ミリと105ミリのどちらかが選べます。
低く構えたシルエットから突き出した主砲、それがこの車両の魅力だと思うので、
太短い105ミリ砲より、細くスマートな75ミリ砲を選択しました。

また、好みによってシュルツェンを装備することもできます。
防御力を増やすために車体側面に取り付ける装甲板のことを、
ドイツ語でシュルツェンということもプラモデルをとうして知りました。
こうして、日常生活や学校の勉強には何の役にも立たない無駄な知識が、
少しづつ増えていきました。
ただ、シュルツェンをつけると、せっかくの細部が隠れのっぺりとした印象になるので、
取り付けませんでしたが。

この頃、赤い背表紙のサンケイ第2次世界大戦ブックスという本が、シリーズで何十冊も
本屋に並んでいました。
戦史にも興味を持ち始めたヒロナリ君は、まず1冊買ってみることにしました。
選んだのは、「スターリングラード」。
戦史におけるスターリングラードの戦いの意味など何も知らないまま、
なんとなく手に取ったのでした。
写真がいっぱい載っているのはいいんですが、内容は専門的過ぎて
小学生にはあまり面白くありませんでした。
小説と違って登場人物のセリフも心理描写もなく、戦闘の描写もあっさりしていて、
お話として入り込めなかったのです。

その本の中にⅢ号突撃砲らしき写真があったのですが、
タミヤのキットとはちょっと形が違いました。
これはいったい何だろうなあと、思ったものです。
後で分かったのですが、これは同じⅢ号突撃砲でもB型だったんですね。
ドイツに限らず、兵器というのは戦訓を取り入れ、どんどんマイナーチェンジを繰り返し、
進化していくものであるということも、なんとなく分かってきました。

キットには、搭乗員1体と降下猟兵4体のフィギュアが付属していました。
降下猟兵のほうは、すでに「ドイツパラシューターセット」として発売されていて、
ヒロナリ君は入手済みでした。
パラシューターということで、開いたパラシュートもパーツとして
入っているんじゃないかと、ヒロナリ君は勝手に思い込み、キットを手にして
ややがっかりしたことを憶えています。(笑)

このフィギュアセットには見慣れない銃が付属してました。
MP44とFG42です。
ドイツ軍の銃といえば、Kar98KとMP40、そしてMG34
(つまり、その時点でタミヤが模型化していたもの)しか知らなかったので、
その新鮮なスタイリングに目を奪われました。
FG42は、銃の左側面からマガジンを装着するのが面白く、
グリップの角度が極端に上を向いているのが特徴的です。
そしてMP44!
まるでSF兵器のようなスタイリッシュなカッコよさ。
ヒロナリ君はすっかりMP44のファンになってしまいました。
マガジンがバナナのように弓なりになっていて、トンプソンなんかより
洗練された美しさがあります。
また、指揮官の右手にはワルサーP38が握られていて、
このキットは付属の銃がとても魅力的でした。

しかし、不満が2ヶ所。
ひとつは、そのMP44を箱絵のように膝撃ちの兵士に持たせようとしても、
銃床がフィギュアの体と干渉してしまい、持たせることができません。
もうひとつは、箱絵では4体とも戦闘中のポーズですが、
実際には1体は立ちポーズだったのです。
ここは箱絵のように、腕まくりをして腰をかがめて走っているポーズに
して欲しかったですね。

スポンサーサイト

Comments


« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。