ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 111       レオポルド列車砲編 3

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
車輪の取り付け

続きまして、車輪の組み立てです。

車軸受けパーツ

車軸を受ける部分のパーツです。
1両に付き12個あり、1つが4個のパーツで構成されています。
で、問題なのが右下の小さなパーツであります。
たぶん、グリスかオイルの注入口の蓋だと思われるのですが、2.5×3ミリくらいの小さなもので、
接着には当然ピンセットが必要です。
ピンセットでつまむとき力を入れすぎると、ピンッ!と言う音と共にどこかへ飛んでいってしまい、
たちまち行方不明になってしまいます。
机の下に這いつくばって、探すのですが、なんせモノが小さいので、捜索は困難を極めます。
探すこと30分、諦めかけたとき、どうにか発見しました。
ふうっ。
ところがっ!
以後気をつけてつまんでいたのですが、再びピンッ!
ああああああああああああっ、またかいっ!
またも床に這いつくばって30分、今度はどうにも見つからず、捜索断念。
なーにやってんだか。

車軸受け

完成すると、こうなります。
さっき捜索を諦めた小さなパーツ、作業を再開してしばらくして、何気なく床に目をやったとき、
なんと!奇跡的に発見しました。
おかげで、自作せずにすみました。

車輪

車輪を6組組み立て、両端にさっき作った車軸受けを取り付けます。

組み付け完了

そして、これを車台に取り付けると、こうなります。
いやいや、ようやく形になりました。

車輪アップ

アップで見ると、複雑な形状が良く再現されていて、うまく塗装すれば
見ごたえのあるものになりそうです。
うまく塗装できればね、ヒロナリさん。

ところで、おじさんが参加することになった劇団草演舎のお芝居「おやすめんせ」、
昨日3回目の練習がありました。
公演は1月末なのに、いまだに脚本が完成していません。
おーい、大丈夫かよ、演出?
脚本、演出はおじさんの中学時代からの友人、清よしひこですが、脚本に苦しんでいるようです。
一度は完成したものの、劇団員たちからの指摘や提案を受けて、大幅に書き替えたりしているので、
昨日の練習もオープニングのあたりだけしかできませんでした。
頼むから早く書き上げてくれい。
セリフが入れられないぞっと。

スポンサーサイト

Comments

こんばんは!お久しぶりでございます^^
パーツ見つかって良かったですね~。
それにしても、ピンっと飛んで行くと、どぉして見つからないのかな~。
異次元空間に旅立ってしまうとしか思えません。
諦めて自作したり、ジャンクパーツでカバーした後で出てきたりするんですよね(苦笑)
不思議です・・・。
迫力あるこのキットの製作楽しみにしていますヨ♪
そうなんです
どれだけ探しても見つからなくて、しかたなく自作したりすると、見つかるもんです。
昔、タミヤの人形改造コンテストに「消えたパーツを必死に探す」という作品が入賞していました。
ゼロ戦の模型を片手に、コタツの布団をめくっている少年の姿でした。
思わず、「そうそう、わかるわかる。」と苦笑しながら頷いていました。
モデラーなら誰でも、あの金子辰也さんや高石誠さんだってきっと頷くはずです。(笑)
初めまして、ヨシと申します。
凄いですね、私も一度駅舎を入れたジオラマを考えた事がありましたが、完成しても飾るスペースが無く早々に断念しました。
これから楽しみに拝見させていただきます。
追伸:多分ご存じかと思いますが、基本的にトラぺのレオポルドは付属のレールにしか載せる事が出来ません。
他のトラペの機関車、ドラゴンの貨車等との互換性が無いと言うか、レールの取付ピッチが3.5mmほど広く(完全に設計ミス)なっていますので、レオポルドの軌道上に他の貨車等を載せる場合は対策が必要です。
ようこそヨシさん
昨日はお芝居の練習に行っていて、お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
このディオラマは作り始めてもう5年ほどたっていて、今年中の完成を目指していましたが、ほぼ絶望的です。(笑)
来年こそ完成させたいのですが、できるかどうか自分でも分かりません。
どうぞ気長にお付き合いください。

ところで、レールのピッチの件、知りませんでした!
がーん!
あわてて計ったところ、おっしゃるとおりでした。
これまで機関車BR52とドラゴンの平台貨車を完成させていますが、トランペッターとドラゴンのピッチが合っていたので安心しきっていて、まさかレオポルドだけピッチが違うなんて思ってもみませんでした。
レオポルドには貨車を連結させる予定なので、困ったなあ。
貨車の足回りを細工するか、思い切ってドラゴンのレオポルドを買うか?
悩みどころです。
模型誌の作例記事にこのことに触れたものがあったかもしれませんが、見逃していました。
重要な情報を教えていただき、ありがとうございました。




« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。