ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

不定期連載ノスタルジックプラモデル 58

Category: ノスタルジックプラモデル  
タミヤ 1/35 ドイツ88mm砲Flak36/37

「おやすめんせ」の公演も終わり、もう3週間以上たちます。
本来なら、模型製作に戻っていなければいけないところなのですが、ここのところ仕事がとても忙しく、
帰ってきてもぐったり寝込んでしまい、ぜんぜん模型に手を付けていません。
ただ、ありがたいことにこの忙しさは公演終了後だったので、公演に影響はありませんでした。
忙しさのピークが1週間ずれてたら、土曜日の本番は綱渡り、最悪、穴を開けてたかもしれません。
そんなわけで、今日は久しぶりにノスタルジックプラモデルでお付き合いを。

ドイツ88ミリ砲。
もう40年も前に発売されたキットなのに、いまだにミリタリーミニチュアシリーズの中でも
ベストキットに推すモデラーがいっぱいいるという伝説の傑作キットです。
当時1000円もしましたが、6年生のヒロナリ君も買いました。

箱からしてすごいぞ。
普通の戦車キットより一回り大きく、88mmGunFlak36/37というでっかいロゴの下に
大西将美氏描く迫力満点のボックスアート。
しびれましたねえ。
メカニカルな大砲と、躍動感あふれるドイツ砲兵たちのコントラスト。
やはり絵の中心にいる指揮官が一番カッコいいですね。
ヒロナリ君は、その奥にいるハンドルを握っている丸メガネの砲兵も好きでした。
画面手前のものは陰影がクッキリと描かれているのに対して、画面奥に行くにしたがって
影が黒ではなくブルー系で描かれていて、自然な遠近感が感じられるのにヒロナリ君は目を見張りました。
「空気遠近法」という言葉は当時は知りませんでしたが、その効果と魅力は、
ヒロナリ君の心に深く刻み付けられました。

ふたを開けると青っぽいグレーのぎっしりのパーツ。
それも細かなパーツばかり。
明らかにそれまでの戦車キットとは趣が違います。
組み立て説明書も分厚く、ちゃんと作れるだろうかと少々腰が引けました。

組み立ての最初の工程は、オマケについているツェンダップオートバイからでした。
説明書によれば、このキットは細かいパーツがたくさんあるので、オートバイの組み立てから始めて、
細かいパーツに慣れましょうとありました。
そんな配慮があるあたり、タミヤはやっぱりユーザーフレンドリーですね。
たしか、小さなピンセットも付属していたと思います。

本体の組み立てに入ると、小さなパーツの連続なので、よく説明書を見て、パーツの形や向きを
しっかり確認して作業しなければなりません。
また、砲身の後座、俯仰、旋回、脚の折り畳みなど可動部分が多く、接着剤をつけすぎないよう
気をつけないと、せっかくの可動部分が動かなくなってしまいます。
しんどかったのは、移動用の台車でした。
ほぼ同じような形のものを2台作らねばなりません。
1台でもかなり面倒なのに、もう1台あると思うと少しげっそりしました。

それでも、どうにか形になりました。
あれ?案外小さいな。
というのが出来上がった印象でした。
箱の大きさや、パーツの多さから考えると、もっと大きなものになりそうな気がしていたのですが、
思ったほど大きくありませんでした。
しかし、逆に見れば、あれだけの量のパーツがこの大きさに収斂しているので、
その密度感、精密感はものすごいものがありました。

そして、もしかしたらこちらのほうが主役かもしれない9体の人形たち。
いやあすごいなあ、9体も人形が付いてるなんて。
それまでのMMシリーズの戦車キットでは、戦車兵1体に歩兵が4体付属というのが
標準的なパターンでしたが、88ミリ砲には砲兵8体、オートバイの伝令が1体という大盤振る舞い。
というか、それだけいないと砲が運用できないんですね。

で、その人形たちがみんな明確な役割を持っているんですね。
砲を操作する者、ケースから砲弾を取り出す者、信管調定する者、砲弾を装填する者、
そして、それらを指揮する班長。
全員がそれぞれの役割に応じた動きのあるポーズを取っているので、
作ることによって射撃のプロセスが自然に理解できました。

砲を中心にその周りに人形たちを配置すれば、机の上はたちまち砲兵陣地です。
想像力が膨らみ、ドイツ語の号令や耳をつんざく発砲音が聞こえるようでした。

しかしながら、そんなふうに遊んだのは、ただの1回だけでした。
砲の移動状態を再現するには、砲座と台車のパーツを引っ掛け、裏からビスで固定するのですが、
一度ビスで固定してしまうと、はずすのがなんだか億劫になってしまい、ついそのままになってしまいました。
こうしてヒロナリ君の88ミリ砲は、二度と陣地展開することも無く、机の上で埃をかぶっていきました。

ただ、砲兵たちには第二の任務が与えられました。
砲弾を抱えているポーズが気に入って、砲弾の代わりにライフルを持たせ、歩兵に改造したのです。
改造といっても、ポーズはそのまま、ただライフルを持たせただけですが、
けっこうカッコよくて気に入ってました。
また、袖をまくりあげた腕が力強くてカッコよかったので、腕に体毛を描き込んでみました。
レッドブラウンをほんの少し筆につけて、紙であらかた拭い取り、腕に軽くこすりつけると、
けっこう西洋人の毛むくじゃらな腕のようになりました。

それにしても、一人だけ役割の分からない人形がいました。
バズーカ砲のような物を両手で顔の前にささげ持ってる彼です。
あれはバズーカ砲ではなくて、目標までの距離を測る器具であることを知るのは、
何年も後のことでした。

スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード