ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 118       レオポルド列車砲編 10

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
車体の組み立て

さあ、巨大な車体を組み立てましょう。
でも、その前に。

先に少しばかり塗装を済ませてしまいましょう。
完成後は砲の機関部はほとんど見えませんが、それだけにすべて組み立ててからだと
塗れない部分が出てきそうです。
そこで、塗りやすいうちに塗れるところは塗ってしまいます。

少し?塗装

揺架、車体内側パーツ、ついでに前後の台車も塗ってしまいます。
使った色は、タミヤ水性アクリルジャーマングレー、そのまんまです。
モノがデカいので下手に調色して、もし途中で塗料が足りなくなったら、
まったく同じ色は作れないので、瓶の色をそのまま使ったほうが安全です。

思ったとおり一瓶では足りなくて、写真一番下のパーツは、新しい瓶の塗料で塗りました。
ところが、このパーツの色だけ、他のパーツに比べて白っぽいんだな、これが。
同じメーカーの同じ色の塗料でも、製造ロットによって多少色調の違いがあるようでして。
じゃ、意味ないじゃん。(笑)

でもウェザリングをしたら、この程度の色調の違い、全然わかんなくなるので
気にしないでこのまま行っちゃいます。

油彩フィルタリング

ウェザリングも組み立ててからではやりにくいので、先にやっておきましょう。
油彩のホワイト、ブラック、バーントアンバーを筆にとってランダムに点々と色を置いていきます。

油彩フィルタリング

きれいな筆にターペンタインを含ませて、色を延ばしてやると薄汚れたいい感じになります。
あれ?左上の小さな突起の穴からコードが出ているはずじゃなかったけ?
気がついたあなた、鋭い!
本当はキット付属の銅線を加工してコードを再現しなければいけないのですが、
意外に加工が難しく、うまく形になってくれなかったので、すっとぼけてしまいました。(笑)
まあ、いいじゃないですか。
あの山田卓司さんの作例でも省略されていたんだから。

車体内側

車体内側パーツもすべて油彩でフィルターをかけておきます。
かなり荒いですが、どうせほとんど見えなくなるので、適当でOKです。
OKじゃない?
すみません。

砲機関部

機関部を組んでいきます。
シリンダーのシャフトをシルバーに塗っておきますが、
ここなんか組み上げた後では塗りにくい部分の一つです。
もっとも、完成したらほとんど見えませんが。(笑)

塗り忘れ

だーっ!うっかりミス!
手で持ってるこのパーツ、塗り忘れてました。
これ一つ塗るために、エアブラシを使うのは(というよりエアブラシの後かたづけをするのは)
面倒なので、これだけは筆で塗りましょう。

機関部組立て

車体内側の壁面パーツで機関部を挟み込むように接着していきます。

車体前部

車体中央

車体後部

車体内側の壁面パーツはペラペラの板状なのですが、パーツを組み込んでいくにつれ
徐々に強度が上がっていきます。

組立て完了

一応組立てが終了したので、連結してみました。
デカい、というかとても長いです。
手すりやラダーといったパーツがまだ残っていますが、これらは破損しやすいので、
別に塗って最後に接着するつもりです。

組立て完了

こんなふうに見上げるような角度で撮ると、とても巨大に見えます。

さあ、あとは塗装と行きたいところですが、その前に、こいつに連結している
貨車を1両作りましょう。
おじさんが持っている資料の中に、無蓋貨車を連結している写真があったので、
それを再現しようと思います。

そういうわけで、次回からは無蓋貨車編をお送りします。

スポンサーサイト

Comments

いよいよですね(*^。^*)
ヒロナリさん!こんにちは。いよいよ列車砲の組み立てに入ったんですね!!列車砲は主人も欲しがっているのですが、かなりお高いので買ってあげていません<(_ _)>
それに大きさも半端ないので、作っても置いておく所がなさそうで・・・購入に躊躇してしまいます。
それにしてもヒロナリさんの塗装、いつみても素晴らしいですね!!
錆びた感じや色が剥げた感じなど、
すごくカッコいいです。私はまだまだそこまで行かないので、
少しでも近づけるよう頑張りたいと思います。
今はテディベアの製作をしているので一時プラモデルはお休みしているのですが、
テディベアが出来上がりましたら、88mm砲の続きを作りv-22たいと思います。ヒロナリさんのこれからの進行も楽しみにしています。
それと、台風17号が本州直撃の心配が出て来ましたね((+_+))
前回は13時間も停電してしまい本当に困ったので、
今回はしっかりと備えをしておきたいと思っております。
ヒロナリさんもお気を付けくださいね!!
では、これからもよろしくお願いいたします
値段より置き場所
おっしゃる通り、完成後の置き場所に困ります。
キットの値段については、ネットショッピングならかなり安く買えますよ。
おじさんがよく使うのは「あみあみ」というショップで、ここはたいていの商品が3割引きで買えます。
よければのぞいてみてください。
http://slist.amiami.jp/top/search/list?s_cate4=948&pagemax=100&getcnt=0&pagecnt=3
ちなみに、この列車砲は7910円でした。

でも、それより困るのは置き場所ですね。
このディオラマも完成したら恐ろしく大きなものになる予定ですが、置き場所をどうするつもりなのかいい案がありません。
困ったなあ(笑)

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。