ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初体験ジオン公国軍 2

Category: サウロペルタ  
すごいぞバンダイ!

バンダイといえばガンプラであまりに有名なメーカーですが、おじさん、ガンダムには
全く興味がなかったため、このメーカーとは今まで接点がありませんでした。
中学の時、電撃機甲師団シリーズの中のハノマーク兵員輸送車を作って以来、
何十年ぶりかのバンダイキットです。

キットの箱を開けると、何枚ものカラフルなランナーが目に飛び込んできます。
同じ色のパーツは同じランナー枠に配置され、塗装もせずただ組み立ててデカールを貼るだけで、
それなりの見栄えのする完成品になります。
その中でも特に目立つランナーがこれです。

DSC00742-1.jpg

4色のプラスチックが一つのランナー枠の中に成形されています。
いわゆる「イロプラ」ってやつですね。
他のメーカーでは見られないバンダイ独自のものです。(だと思うけど)
これはサウロペルタに付属するフィギュアのパーツですが、
頭部や手首、軍服、ブーツなどの装備ごとに色分けされていて、
そのまま組むだけでそれなりの物になります。
もちろん、塗装したほうがいいに決まってますが、塗装は年少者にとっては結構ハードルが高いので、
初めてプラモデルを手にする小学生には、とても親切です。

DSC00743.jpg

人形は顔が命とよく言いますが、このフィギュアのヘッドもなかなかいい出来です。
アニメの設定画を巧みに立体化していて、写実的な人体とはいえませんが、
その分キャラが立っていて、一目で個性の違いが分かります。

DSC00744.jpg

なかでも気に入ったのがこの人。
映画プラトーンの、ウィレム・デフォー演じるエリアス軍曹に似てると思いませんか?
このヘッドを使ってベトナム戦のディオラマを作りたくなります。

DSC00745.jpg

びっくりしたのが、このデカール。
フィギュアの中に迷彩スモックの兵士が一人いますが、筆で描くのが難しい
(というかほぼ不可能な)デジタル迷彩がデカールで用意されています。
最近、描くのが大変な迷彩を手軽に再現するための別売りデカールが発売されていますが、
キットに標準で付属していて、しかも説明図には型紙まで印刷されています。
いやいや、すごいなあ。

DSC00748-1.jpg

組立て説明書もすごいです。
裏面はカラーで印刷されていて、サウロペルタやサイクロプス隊の解説や塗装図はもちろんのこと、
アニメの設定画や塗装した完成見本、迷彩デカールの貼り方、
さらにはプロモデラー山田卓司さんによるミニディオラマの作り方のアドバイスまで載っており、
実に情報満載で、初期のタミヤMMシリーズの説明書を彷彿とさせます。
ガンダム音痴のおじさんにも、作品世界が大まかにつかめました。

それでは、さっそく組み立てましょう。
まずは足回りから。

DSC00739-1.jpg

これは前部足回り。
これだけで10パーツ使っています。かなり細かいですね。
ステアリングは可動します。
で、驚いたのが、何気なくパーツを仮組みしたら、吸い付くように組み合わさって
ちょっとやそっとで取れなくなったことです。
ああ、そういえばガンプラって基本的に接着剤を使わないはめ込み式だったんだっけ。
はめ込むだけで固定できるってことは、ダボとダボ穴のサイズが
「ジャストフィットややきつめ」になってるってことですよね。
それに、パーツ同士がきれいに隙間なく組み合わさります。
これは素晴らしい金型の精度です。
しかも、ダボとダボ穴が巧みに配置されていて、ディテールを壊しません。
また、パーティングラインやゲートは、ちゃんと完成後見えなくなる位置に
できるだけもってくるよう配慮してあります。

接着剤を使わないということは、作業のスピードアップにつながり、
うっかり接着剤をつけすぎてパーツを汚すという、初心者にありがちなミスを防げます。

このサウロペルタにしろ、モビルスーツにしろ、実物が存在するわけじゃありません。
アニメの設定画から四面図を起こし、パーツの合理的な分割を考え、
立体的に破綻しないようにパーツの形や大きさを決定する、これだけでも大変なことです。
しかも、可動部を作りながらも、アニメのフォルムを崩さないようにする。
そのうえ、初心者にも確実に組み立てられる。
いやあ、すごいプラモデルですねえ。

箱絵や組立て説明書もクオリティが高く、パッケージとしてとても魅力的な商品だと思います。
ガンプラモデラーにとっては、ごく普通の当り前のことでしょうが、
初めて作るおじさんにとっては、新鮮な驚きの連続です。
うーん、ヨンパチシリーズのハノマークとは、えらい違いだわい。

最近のAFVキットは、精密再現を追求するあまり、パーツがより細かく、数も膨大になり、
大人のホビーとしてはそれはそれでよいのでしょうが、
年少者にとっては完成させるのが難しいものになっています。
AFVモデラーを増やすためにも、バンダイさんにはこのフォーマットで
実在のAFVキットを作ってもらいたいものです。

スポンサーサイト

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。