ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初体験ジオン公国軍 9

Category: サウロペルタ  
フィギュアの顔を塗ろう

今年もゴールデンウィークを迎えました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
前回の更新からまた間が開いてしまいましたが、作業はどうにか進んでいますよ。

フィギュアの製作で一番楽しく難しい、顔の塗装に入りましょう。

まずはその前に、腕と胴体の接着ラインが気になっていたので、ここを埋めてしまいます。
以前はタミヤパテを使っていましたが、硬化に時間がかかるので、
最近は小さな傷やラインを埋めるのなら、瞬間接着剤で代用してます。
瞬間接着剤を適当なビニール袋の上へ1滴出し、千枚通しですくって腕の接着ラインに盛ってやります。
硬化したら、ペーパーでやすってやります。
とっても簡単、手間なしです。

DSC00902.jpg

では、塗りに入る前にサーフェイサーを吹きます。
使ったのはタミヤの白いサーフェイサー。
たまたま手元にあって、白のほうが発色がいいかと思ったのですが、
グレーのほうが何となく好みです。
(白でも別に何の問題もありませんが)

DSC00905.jpg

続きまして、肌色の基本色を吹きます。
タミヤのフラットフレッシュはオレンジ系が強すぎると感じたので、デッキタンを半分くらい混ぜます。
左端のフィギュアは首が取れてますが、壊れたわけではありません。
このヒト、カップで水を飲んでるポーズでカップが邪魔をして顔が塗りにくいので、
いったん首を外しました。
それを想定して、あらかじめ接着剤はほんの少ししかつけてありません。

DSC00934.jpg

この基本色の上から、リキテックスを使って、陰影を描き込んでいきます。
顔の描き方は人それぞれいろんな方法があるでしょうが、おじさんは今のところ、
リキテックスが一番性に合ってます。
リキテックスは水溶性のアクリル絵の具で、普通の水彩絵の具のように扱いが簡単で、
昔から使っているのでなじみがあります。
使い方としては、水で薄く溶いた絵の具を面相筆で少しずつ何層にも重ねていきます。

眼窩のくぼみや、鼻の両脇、鼻の下、唇の下、あごの下など、陰になる部分をセピアで強調して、
チタニウムホワイトとバーントシェンナを混ぜた色で、肌の赤みを出します。
頬や唇はもっと赤みが欲しいので、さらにピュアレッドをほんの少し混ぜます。
あくまでほんの少しね。
混ぜすぎるとピエロみたいになっちゃうから。(笑)

そして、目を描き入れるのですが、これが一番難しい。
模型誌に登場する達人は、虹彩と瞳孔まで描き分けたりしますが、
凡才のおじさんは白目と黒目の描き分けが限界です。
なにしろ1/35のフィギュアは頭頂からあごの下まで約7ミリ、黒目の直径は0.2~0.3ミリです。
描き込むのも難しいのですが、それ以前におじさん老眼が進んでいるので
フィギュアの顔に焦点が合いません。(笑)
久しぶりにフィギュアを塗ったので、こんなに目が悪くなってるのかと愕然としました。
西洋人なので青い目にしますが、ブルーそのままではきつすぎてオモチャっぽくなるので、
セピアを加えてトーンを落とします。
写真をクリックして拡大すると、右目の瞳が少しはみ出してますね。(笑)
実物を肉眼で見てもほとんどわかりませんが、ここまで拡大するとアラがよく見えます。
耳の下に糸くずついてるし。(笑)
両方ともあとで直しときます。

DSC00933.jpg

昔読んだ模型誌の記事に、白目は少し肌色を混ぜたほうがリアルだとありました。
たしかに本物の眼球の白目は純白じゃありませんが、
このサイズだとかえってホワイトそのものでもいいかと思います。
絵の具も薄めに溶いて塗るので、下地の肌色が透け気味にもなりますし。

このフィギュアも上のフィギュアも顔を左にひねっているので、黒目を左寄りに描き込み、
左方向を見ていることを強調しました。

顔のハイライトを入れます。
チタニウムホワイトにほんの少しバーントシェンナを混ぜた色を、額の両脇、頬骨の上、
鼻筋、ほうれい線の上、鼻の下、あごの先端などに置いていきます。
これで、一気に顔にメリハリがつきます。

DSC00936.jpg

まるでさらし首みたいですが(笑)、ヘッドだけを塗るときは首の下に穴をあけて、
爪楊枝を刺して持ち手にすると作業しやすいです。

DSC00937.jpg

このヒトも写真を拡大すると、鼻の下にヘンなシミができてますね。(笑)
肉眼で見てもわかんないんだな、これが。
写真に撮ってパソコンで拡大して、初めてわかります。
逆に言えば、この程度の失敗、肉眼で見ている分には気にならないってことです。←開き直り

それより、黒目がはみ出しているのが気になりますね。
これは後で修正しますが、黒目のような濃い色の上に肌色を重ねても、
色が透けてなかなか修正しにくいので、ナイフで慎重にコリコリと削ってやったほうが
確実だったりします。

まあ、そんなこんなで4人分顔が塗れました。
こんなに目が悪くなっているのに、これだけ塗れれば、まあ良しとしようと、
自分を納得させています。(笑)

スポンサーサイト

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。