ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラー大尉に敬礼! 9

Category: ミラー大尉  
続きまして、手を仕上げます。

画像 206
やはり薄めたリキテックスで、水彩画を描くように、
色を塗り重ねていきます。
1/35だと、明暗とせいぜい静脈を描き込むくらいですが、
さすがに1/9となると、爪の白い部分(健康のバロメーター)や、
指関節のしわを、描き込んだり出来ます。

さあ、お次は、服の塗装です。
今回は、実物の色よりも、色あせたフィルムのような映画の
あの色を再現することを目指します。
1/35だと、服は筆で塗っていますが、
これだけ大きいので、エアブラシでいきます。

M1941フィールドジャケットは、バフとデッキタンを半々に
混ぜたくらいの色で塗ります。
細かい描き込みをするのに、バラバラのほうが
作業がしやすいと判断し、接着はしません。

画像 209
手首は、マスキングし、レギンスも同じ色で塗ります。

次に、ヘルメットなど装備品を塗ります。
オリーブドラブに、たっぷりのデッキタンを混ぜます。

画像 211
写真で見ると、グレーにしか見えませんが、実物は、
白っぽくくすんだオリーブドラブといった感じです。

今日はここまで。
続きは、また来週!


スポンサーサイト

Comments

原型師
つくづくフィギュアの原型を作る人ってすごいなと思います。
どうやってつくるんでしょ?
ヒロナリさんのすごいなでなくってすみません!

話かわって
九州AFVの会に行ってきました。
ヒロナリさんみたいに賞がとれるかと、かすかに期待していきましたが、とれませんでしたー!
そうですよねえ
どんな素晴らしいフィギュアモデルの完成品も、その素晴らしさの半分以上は原型師の力によるものですもんね。
ま、それを言えば、プラモデル全般がそうですけどね。
どんな素晴らしい完成品も、メーカーあってのことですから。
逆に言えば、誰でもある一定のレベルのスタートラインに立てるのが、プラモデルのいいところですね。ありがたいことです。

九州AFVの会は残念でした。
でも、ほかの人の作品を見るのはとてもいい刺激になりますし、知らない人と会話が弾んで、その人が有名モデラーだったりとか、ああいう会はとても楽しいですね。
そうかあ、宮崎さんは九州方面の方だったのか。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。