ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 133        レオポルド列車砲編 12

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)   Tagged: レオポルド列車砲  
レオポルド列車砲ついに完成しました その2

完成編第2弾をすぐにご紹介するつもりだったのに、こんなに遅くなってしまいました。
すいませんねえ。
では、続きをご覧ください。

DSC01542.jpg

こうやって下からあおると、大きさを感じますね。

DSC01498_20140222104250466.jpg

存在感があっていいのですが、デカールのシルバリングが気になります。
やだなあ。

DSC01518.jpg

逆光だとアラがあまりわからず、実物っぽく見えます。

DSC01510.jpg

サビ具合は、ややオーバースケールかと思われます。

DSC01533.jpg

巨大な砲弾を運ぶ台車のサビ具合は、我ながらいい感じ。

DSC01509.jpg

足回りもいい感じに錆びてます。

DSC01530.jpg

このラッタルが壊れやすいので、扱いには注意がいります。

DSC01529.jpg

こちらは車体側面のラッタル。
キットには伸ばした状態と折りたたんだ状態の2種類のパーツが入っています。

DSC01560.jpg

この角度から見るレオポルドは、とてもメカニカルでいいですね。

DSC01546.jpg

トラベリングロックは長さが足りず閉じきらないのです。
明らかにメーカーのミスですが、自作が難しかったので、無視しています。

DSC01555.jpg

以上でおしまいです。
2年以上かかって、やっと完成したレオポルド列車砲
おじさんにとっては久々の完成品です。
しかし、だからと言ってディオラマ自体はまだまだ完成しません。
やらねばならぬことはいっぱいあります。
次回からは、ヨーロッパの鉄道らしさを盛り上げる腕木式信号機を自作していきます。
それではまた!

スポンサーサイト

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。