ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

にわか家具職人 3

Category: 建築模型オフィスブラボーワン   Tagged: 家具模型  
できました!

さあ、上部のパーツができたので、組み立てていきます。

組立て

まずは背板と側板をきちんと直角を出して接着して、これを基準に棚板を接着していきます。

組立て

だいたい形ができました。
全部接着してしまうと内部の塗装がしにくいので、天板とフェイスフレームはまだ接着しません。
この時点で最後に残ったガラス扉のパーツを切り出し、一緒に塗装してしまいます。

扉枠パーツ

これがガラス扉のパーツです。
枠を先に接着して、ガラスを表現するための塩ビ板を切り出しておきます。
桟は細長いパーツを何本も切り出して、先に塗装して裏に両面テープを貼ります。

桟の接着

塩ビ板が動かないようカッティングボードにテープで留めて、両面テープを貼った桟を接着します。

桟のカット

桟はあらかじめカットするのではなく、貼ってから塩ビ板に合わせてカットしたほうが作業もしやすく
大きさも正確に切り出せます。

扉

そしてガラスを枠に接着します。
塩ビ板に接着剤がはみ出すと汚れが目立つので、桟の部分にほんのちょっと接着剤をつけます。

蝶番

困ったのが蝶番です。
動くように自作するのはあまりに難しいので、ドールハウスのパーツを利用することにしました。
4組で520円。8組使うので1040円。
高いといえば高いのですが、大量に売れる商品ではありませんし、
これだけ細かな加工がしてあるので、逆に安いのかもしれません。
それよりネットショップで買ったので送料と代引き手数料が1000円以上かかってしまい、
本体の材料費より高くついてしまいました。

蝶番

見てください、この小ささ。
小さいほうの釘は長さ3ミリ、太さ0.5~0.6ミリってとこでしょうか。
さらに抜けにくくするためにネジが切ってあります。
すごいなあ、どうやって加工するんだろ、こんなの。

ネットショップのHPの説明では、二つの蝶番のパーツを組合わせて長いほうの釘を差し込んで、
はみ出た部分をニッパーでカットするとありましたが、初めから細い真鍮線が通してありました。
ところがパーツが小さすぎてキツキツで、可動しません。
オイルをさしてみましたが、まったく効果が無いので、仕方なく扉の可動はあきらめて、
接着固定としました。

最終組み立て

フェイスフレームにガラス扉を接着して、蝶番を取り付けます。
動かすことはできませんが精密感は出ました。
これを本体に接着して先に作っておいた下半分と接着すると、いよいよ完成です。

カップボード完成

カップボード完成

カップボード完成

いかがでしょう、本物に見えませんか。
もっと多くの完成写真を建築模型オフィスブラボーワンのHPに掲載していますので、
こちらもご覧ください。

http://bravo-1.wix.com/home#!gallery/c1kj8

これで家具模型を作る自信が持てました。
でも、椅子のような3次曲面があるものはどう作ったらいいんだろう。
まあいいや、その時また考えましょう。

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド    ジャンル : 趣味・実用

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード