ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻井邸の制作 1

Category: 建築模型オフィスブラボーワン   Tagged: カラー模型  
カラー模型の作り方

さて、今回から建築模型、特にカラー模型の制作過程をご紹介します。
カラー模型とは文字通り建物の内装、外装ともに色付きで表現した模型で、
モデルハウスの展示物やお施主様へのプレゼントなどに使われます。

今回は作り方をご紹介するためにネットの画像検索で素敵な感じのお宅を探し、
ご本人の了解を得て模型にさせていただきました。
神奈川県にお住いの櫻井様のご自宅で、ご自分のブログで新築の過程を
ご紹介されていらっしゃいました。
櫻井様、ご協力ありがとうございました。

櫻井様のブログはこちら

では、まず図面から。
本来ならCADデータが望ましいのですが、ブログに掲載してあった図面はJPG画像でした。
これは拡大して印刷すると、線が太くなってしまい誤差が生じてやりにくいのですが、
やってやれないことはありません。
がんばって作ってみましょう。

分割線の設定

一般住宅の設計図面は普通1/50で描かれていますので、まず1/50サイズになるように
図面を印刷します。
模型は完成後1階と2階が分割できるように作るので、どこで分割するかを決め、
赤いラインを引いておきます。
また、バルコニーに隠れて見えない窓の下のラインを、平面図やブログの写真などから判断して、
図面に書き込んでおきます。

一階床の切り出し

次に1階床を作ります。
3ミリのスチレンボードにフローリングの模様を印刷した紙を貼り、さらにその上に平面図を貼り、
カッターで切り出します。
この時、平面図は後ではがせるように粘着力の弱いスプレーのりを使います。
CADデータならば寸法も角度も正確ですが、予想通り、この図面は多少ゆがみが出ていて
直角が狂っているので、直角が出るように調整しながら切り出します。

水回りの床

床は一部フローリングではない部分があります。
風呂と洗面所とトイレはそれぞれ違う素材なので、本来ならば仕様書、
今回はブログの写真を頼りに、それぞれの素材に近い色の紙を貼っておきます。

基礎の設定

床の裏側には基礎の高さ分、スチレンボードの細切りでかさ上げしておきます。
これは床面の補強にもなりますし、壁を貼るときののりしろにもなります。


2階床

同じように2階の床も作り、1階床と合わせてサイズに狂いがないか確認しておきます。
廊下の部分はフローリングの張り方向が違うので、そこだけ縦流れになるように紙を貼っておきます。

壁の切り出し

壁のパーツも弱いスプレーのりでスチレンボードに図面を貼り、窓もくりぬいておきます。
壁の図面も寸法や直角が怪しいので、床のパーツを基準にして、
現物合わせで調整しながら切り出します。

壁パーツ

外壁のパーツが大体できました。
ありがたいことに櫻井邸は外壁内壁ともに白色なので、白いスチレンボードの色が
そのまま生かせます。
これが外壁やクロスに色がついていると、それを再現するため着色した紙を貼らなくてはなりません。
今回は基礎のコンクリートと、壁の一部のテクスチュアの再現だけですみました。
下段中央のパーツは外壁の一部が内壁と繋がっているので一体で作り、
引き戸もあらかじめ接着しておきました。

洗面台と便器

白模型では家の間取りや動線を見るのが主眼なので、普通、設備は省略します。
カラー模型では最低バス、トイレ、キッチンは作りますが、ブラボーワンでは
洗面台と下足入れも作ることにしています。
これは洗面台と便器です。
鏡の部分は銀紙が貼ってあります。
こういった小さなものがちゃんと作ってあると、見ていて楽しくなりますからね。

階段パーツ

さて、家の模型で一番の難物が階段です。
材料のスチレンボードは1ミリ、2ミリ、3ミリの次は5ミリで、4ミリ厚が存在しません。
一般的な階段の一段の高さは20センチなので、1/50で4ミリ。
なので1ミリと3ミリのスチレンボードを貼り合わせて作るのですが、
実際には0.2ミリ前後厚いですし、ロットによるばらつきもあります。
今回は3ミリのスチレンボードにコピー用紙1枚貼ったくらいでいけると判断しました。
また、1階と2階の床面の高さも建物ごとに違います。
それを決められた段数で1階と2階をうまくつなぐのは大変難しいです。

そして大抵の家では、階段はL字型またはコの字型に曲がっていて、
階段下は収納かトイレになっています。
狭い範囲に階段と複雑な形をした壁が集中するので、組んだとき隙間ができないよう
パーツの精度が求められます。

階段再製作

計算上ではスチレンボードの裏にコピー紙1枚貼ったくらいでちょうどだと思ったのですが、
やってみたら大きすぎました。
ここは潔く作り直しましょう。
右が最初に作ったほう、左はコピー紙は貼らず、逆にスチレンボードにもともと貼ってある紙を
1枚めくって作り直したものです。
1段の高さの違いは0コンマ数ミリですが、同じ9段重ねるとこんなに高さに違いが出ます。

壁の組み立て

壁をすべて立ててから風呂や階段を設置するのはとてもやりにくいので、
垂直を出した壁を1枚立てて、それを基準に階段や設備を組み込みながら壁を立てていきます。
作り直した階段もホラきっちり納まってます。

では、今日はこのへんで。
次回をお楽しみに。

スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。