ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日本ハウス様 住宅構造模型の制作 2

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
重量鉄骨の制作

本日、2度目の更新です。
できる時、やっとかないとね。

重量鉄骨の骨組みを作るわけですが、材料はプラストラクトのプラ材を使います。
これはプラモデル用の接着剤や塗料が使える使い慣れた素材です。

パーツの切り出し

クライアント様より簡単な平面図はいただきましたが、立面図は無いので、
自分で平面図より立面図を起こしました。
図面に従ってプラ材を切り出していきます。
ここで重要なのは、大量のパーツを同じ寸法、同じ角度で切り出すことです。
ただひたすらカットして、ヤスリで削って誤差を0.2ミリ以内にしていきます。
単調な作業が続くので、眠くなってきます。

柱端部

柱に使う6.4ミリ角のプラ材はパイプ状になっているので、
先端部を四角く切った0.3ミリのプラバンでフタをしておきます。

接合部

実物の鉄骨の接合部は、プレートを当ててボルトで留めていますので、
0.3ミリプラバンでそれを再現します。
完成品を見ると、プレートはそんなにあるようには見えませんが、
計算すると136枚必要になります。
うへえ、めんどくさい。
ボルトはプレート1枚に6本あるとすると、実に816本!
そんなことやってられないので、ボルトはあっさり省略します。

パーツ組立て 1

さ、下準備が出来たら形にしていきましょう。
接着はクレオスの接着剤で仮止めして、位置が決まったらタミヤの流し込み接着剤で固定します。
接着面積は小さいのですが、思ったよりガッチリ接着してくれます。
ここでも重要なのは、4組とも全く同じ大きさ、同じ形にすることです。
そうでないと完成品がゆがんでしまいます。
そのためにも、一つ一つのパーツを同じ大きさに切り出すことが大切になります。

パーツ組立て 2

組み立てる順序も、合理的な順序を考えねばなりません。
8本の柱を平面上に隙間無く接地させるために、
まず4本の柱がきちんと接地するブロックを2組作ります。

パーツ組立て 3

それを6本の梁でつなぎます。

パーツ組立て 4

すると、こうなります。
基礎や2階3階の床は、スチレンボードで作ります。
手前の柱4本は基礎の上に載ってくるので、あらかじめ奥の4本より3ミリ短くしておきます。
8本とも見事きちんと接地しました。

完成

仕上げに、見本と同じように赤で塗装します。
実物のサビ止めペイントはもっとくすんだ赤ですが、見本どおりでいいとのことなので、
鮮やかな赤にしました。
これで重量鉄骨は完成。
次は2×4いきましょう!

スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。