ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラー大尉に敬礼! 14

Category: ミラー大尉  
こんばんわ。あと一歩のところまで来ました。

それでは、装備品を塗ります。

画像 247
ヘルメットとホルスターはいいとして、
水筒やエントレチングツールは、グリーンが強すぎたようです。

画像 246
取り付けてみると、グリーンが強すぎて、浮き上がってしまい
一体感がないので、思い切って塗りなおすことにします。

画像 269
基本色をオリ-ブドラブではなく、カーキで塗りなおしてみました。
写真で見ると違いがあまりわかりませんが、
こっちのほうが満足いく色です。
少なくとも、U.S.のスタンプは、こっちのほうがうまく描けました。

画像 272
でも取り付けたら、
もっと色あせた感じにすればよかったように思えます。
映画の写真集では、
上着と装備品の色は、ほとんど違いが感じられないくらいです。

画像 267
トンプソンは、まずストックを塗り、黒のリキテックスで調子をつけます。

画像 274
鉄の部分は、メタルカラーのダークアイアンを塗り、
エッジだけ綿棒でこすって光らせました。

装備品も塗り終わり、後は全体の接着だけ!

スポンサーサイト

Comments

これはもう
傑作になりますね。
スコップの柄のこすれ具合や「US」の文字の色の濃さ、ナイフの柄など超絶ポイントがたくさん見え隠れしています。

写真集では、座ったり膝をついたりする部分はホコリ付いていないんですか?
自分ではフィギュアを作らないにもかかわらず、他の人が作ったフィギュアを見ていると、歩兵の膝とかが汚れていないので「そんなことがあるだろうか?」と常々疑問に思っていたもので・・。
傑作などと言われると
とても気恥ずかしいです。(汗)
U.S.の色は、ご指摘どうり黒の原色ではなく、地のカーキを混ぜています。
ホコリに関しては、接着した後に、仕上げとしてかけるつもりです。
どう汚れるか、よく観察してみます。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。