ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/35でドイツの田舎の駅を作ってみよう 4 BR52編 3

Category: BAHNHOF(バーンホフ 駅)  
まだ、このブログの機能を、把握しきっておりません。
書きかけの記事をこれで3回消してしまいました。(泣)
それと、訪問者リストで、このブログに来てくれた人のことが
分かるんですね。
さっき知りました。(笑)
また、来てくれた人のところにも行ってみたいと思います。

画像 123

では、塗装の続き。

戦車は、なかなか実車取材はできませんが、蒸気機関車は、
住んでいる場所によっては、実車を見ることができます。
おじさんは、岐阜県に住んでいますが、近くの大垣市の
スイトピアセンターにC-11が保存してあります。
機種が違えど、同じ蒸気機関車、サビや汚れは、
同じようなもののはず。
さっそく見てきました。

画像 02


画像 03


画像 01

実車写真があるからといって、そのままそれが再現できるかといえば
それはまた別の話。
まだまだ、力不足、お恥ずかしい。

サビの表現には、おじさんもパステルを使っています。
実は、高石誠氏の「超級技術指南」以前に、すでにおじさん、
パステルを使っておりました。(エッヘン)
ですが、粉末にしてこすりつけるだけで、アクリルシンナーで
溶くというのは、思いつきませんでした。

画像 083

↑この辺は、粉末をこすりつけた部分。

しかし、面相筆でハゲチョロを描きこむのは大変ですね。
いい筆を使わないと、ハゲチョロの形がボテッとしてしまうし、
意識して描いても、自然に見えるように描くのは難しいものです。

画像 082

最初、連結器周辺にサビを描き込んでみたのですが、
やはりいかにも「描きました」って感じになったので、
基本色を吹いて消してしまいました。

画像 135

で、直接パステルでサビ傷を描き込んで、

画像 136

綿棒で、垂直方向にこすると、雨でサビが流れたようになります。

画像 094

こうして、突起物の下の部分を中心に、
サビを描き込んで行きます。

実車を見て分かったのですが、ひとつの車両の中に
ツヤのある部分と無い部分があります。
錆びてる部分はツヤがなく、油染みている部分はツヤがあります。
で、足回りや、接合部分を中心にクリアを吹いてみました。

画像 095


画像 132

結構いい感じになったと思うんですが、どうでしょう。
スポンサーサイト

Comments


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。