FC2ブログ

ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

フェイバリットブックス3

Category: 読書  
デビル500応答せず スティーブン・クーンツ  冴木淳 訳
講談社文庫

 
久々のフェイバリットブックス、おじさんのお気に入りの本の紹介です。

デビル500応答せず 

デビル500(ファイブ・オー・オー)応答せず
原題 FLIGHT OF THE INTRUDER

この小説が出版されたのは87年、もう30年以上前なので本屋では流通していませんが、
古本ならアマゾンで100円くらいで買えます。
もっとも、送料が250円かかりますが。(笑)

この本はその後、「イントルーダー 怒りの翼」というタイトルで映画化されましたが、
2時間程度に収めねばならない映画の宿命、原作の素晴らしさは表現し切れていない
といった印象でした。
また、小説のほうはシリーズ化され、主人公ジェイク・グラフトンが活躍する本が
何冊も出版されましたが、おじさんは第一作のこの本が一番好きです。

さてこの物語、何がいいと言って、まずは圧倒的な面白さ。
出だしから緊張感あふれる爆撃任務の描写にぐいぐい引き込まれ、気がつけば
読んでいる自分も空母航空団の一員になったような錯覚がしてきます。
もう一つは軍事的興味を満足させてくれる点です。
何しろ作者クーンツは、ベトナム戦争にも参加した元海軍のイントルーダー乗り。
自身の経験を基に書いているので、コックピット内の描写、飛行隊の運用、軍事用語や
スラングなど、想像や取材だけでは書けない具体性があり、
「へえ、そんなふうになってるんだ。」
と思わせる空母航空団の仕組みや日常が綿密に描かれ、アメリカ海軍機ファンは必読です。

ベトナム戦争が泥沼化していた1972年。
A-6イントルーダーのパイロット、ジェイク・グラフトンは、無意味とも思える任務の最中
被弾し、相棒の爆撃航法士モーガンを喪う。
親友の戦死によって、彼の心に以前からわだかまっていた疑問が大きく膨らむ。
北ベトナムにはもっと重要な軍事目標があるのに、なぜ俺たちは無意味な目標を
破壊するために命を賭けねばならないのか?
やがてジェイクは新しい相棒コールと共に、命令を無視して密かに単独でハノイへ空爆に向かう。

とこう書くと、ハリウッド映画によく出てくる、好戦的でスタンドプレーの好きな
マッチョマンが活躍するお気楽アクション小説のように聞こえますが、
そんなことは全然ありません。

がんじがらめの軍隊という組織の一員として、矛盾に満ちた戦争を戦い、
任務のために人を殺す自己嫌悪にさいなまれ、仲間を失う苦痛に耐え、
傷つき打ちのめされ、それでも自分の中で筋を通そうとする主人公に、
とても共感してしまいます。

というのも、主人公ジェイクが単独攻撃に向かうまでの過程が
とても丁寧に描かれているからです。
映画なんかでの空母への着艦シーンは、とても格好良く描かれていますが、
実際は神経をギリギリまですり減らす過酷なことであることが、読んでみるとよく分かります。
また、戦闘を行なうわけでもない通常の空中給油の任務も、実は常に死と隣り合わせである
ことなど、実際に経験した者でなければ書けない迫真性があります。
そんな厳しい日常の中で、時に見せるアメリカ人らしい悪ふざけに大笑いしたりしている内に、
ジェイクや飛行隊の仲間たちに感情移入してしまいます。
そのため普通に考えれば、はねっ返りのスタンドプレーにしか見えない
ハノイへの単独攻撃も、
「オレだって、その気持ち分かるよ。」
と言いたくなってしまいます。

おじさんは個人的には、ベトナム戦争においてアメリカに正義は無かったと思っています。
だからといって、北ベトナムが100%正しいとも思いません。
戦争は人間の業のようなものだし、正義なんて見る角度によってオセロのように
変わってしまいます。
ただあの時代、海軍パイロットだった一人のアメリカ人が懸命に、
そして自らに誠実に生きようとした姿に、おじさんは共感します。
彼の信念が正しいかどうかなど、命を賭けてもいない後世の部外者であるおじさんには
どうこう言う資格はありません。

物語の最後、ジャングルから立上る霧のベールに神々しささえ感じます。
ぜひ、ご一読を。


スポンサーサイト




Comments


« »

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード