ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

ミラー大尉に敬礼! 19

Category: ミラー大尉  
ベースのウェザリングです。

まずは、ガッシュのセピアとブラックを混ぜたものを、
全体にシャバシャバと塗ります。
次に、シミのような汚れを粉末のパステルでつけます。
近所の石やコンクリートの建造物を見ると、
その色は黒っぽい小豆色です。

ここで秘密兵器の登場!(何を大げさな)

画像 271
一見パステルの粉末のようですが、土です。(なーんだ)
9月の大雨のとき、おじさんの工場の近くの川の水があふれました。
幸い堤防は決壊しませんでしたが、
堤防道路の上に大量の泥が残りました。
これが乾くと硬くなり、つぶすと実に細かい粉末になります。
これ使えるんじゃないかと、ビニール袋に入れて持って帰りました。
この土を水で溶いて、全体に塗ります。
それから、グリーン系のパステルで、コケを表現します。
すると、

画像 336
これが、

画像 339
こうなりました。

画像 341
壁面のアップです。

画像 340
石畳のアップです。

画像 343
試作品と比べると、グッと良くなりました。

画像 346
さらに瓦礫を撒きます。
道端の石ころをハンマーで砕いたものです。
水溶き木工ボンドで固定。
このとき、模型誌で見たように台所洗剤を1~2滴混ぜると
表面張力が無くなり、水玉になることなく、
スッとベースになじんでくれます。
すごいな、誰が思いついたんだ、こんなこと。

画像 345
タイトルプレートは、パソコンで作り、写真用紙に印刷します。
タイトルの文字は、映画のラストに登場する大尉の墓碑銘を、
そのまま使わせていただきました。
ただし、地名は、大尉の出身地であるペンシルベニアではなく、
大尉が戦死した街ラメルとしました。
ラメルのスペルが分からなかったのですが、
ウィキペディアの英語版で調べたら、難なく判明しました。
なるほど、インターネットは便利だね。
ちなみに、ラメルは架空の街で実在しないそうです。

画像 351
タイトルプレートを貼り、その上に透明プラバンをかぶせ、
飾りに真鍮の釘で固定して、飾り台の完成です!

スポンサーサイト

Comments

うまいなー
石垣すごく良くなりましたね!
「こけ」がニクいです。
模型そのものだけではなく、周辺もうまく作れるようになって、全体としての作品の評価につながるのでしょうね。

ミラー大尉がその世界に存在する写真が楽しみだなー。
石垣
ありがとうございます。
初めて試した方法で、期待以上の仕上がりになりました。
この方法で、1/35の石造りの建物を作ってみたくなりました。
写真は、次の休みに自然光で撮るつもりです。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード