ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラー大尉に敬礼! 番外編

Category: ミラー大尉  
行って来ました中京AFVの会。
報告遅れてすいません。昨日、一昨日眠たくて。

さて、12月14日、名古屋は鶴舞の愛知県勤労会館。

画像 396
勇んで出かけたおじさんは20分前に到着しましたが、
すでにロビーには開場を待つ多くのモデラーの皆さんが!
さっそく目に入ったのは、ロビーのソファに置かれた巨大なディオラマ。

画像 411
映画「スターリングラード」をモチーフにした市街戦と、

画像 410
谷底へ転落するシャーマンの2点の素晴らしい作品です。

さっそく、作者の高倉清彦さんに話しかけ、
おじさんもミラー大尉を披露して、
開場前から盛り上がってしまいました。

画像 398
会場は、例年よりやや多いくらいの参加者で大盛況。

画像 434
今年初めての試みとして、大日本絵画のブースが店を開き、
アーマーモデリングのバックナンバーや、
AFV関連の書籍を販売していて、おじさんも2冊買いました。

画像 419
ミラー大尉も好評で、多くの方が熱心に見ていかれ、
お褒めの言葉をいただきました。
おじさんは、用意していった名刺を交換して
たくさんの方とお話しして、お昼までの2時間は、
あっという間に過ぎました。

午後は、例年通りゲストへの質問とフリートークが行われ、
コンテストの発表がありました。

結果から言うと、おじさんは残念ながら戦果なしでした。
モデラーズ大賞は、予想通り高倉さんのスターリングラード。
これは文句なしです。本当に素晴らしい!
金賞は、水野シゲユキさんのM3リーでした。
これがまたすごい。小さなビネットですが、
打ち捨てられ朽ち果てた感じが見事でした。

AFVの会は、自慢の作品を持ち寄り、それをサカナに
見知らぬ同好の士とおしゃべりを楽しむものと考えれば、
それはそれで充分楽しい会なのですが、
コンテストがある以上、入賞したいと思うのが人情。
ここでひとつ、コンテストへの傾向と対策について考えてみます。

おじさんの今までの経験で言えば、(偉そうですんまそん)
入賞するコツを一言で言うと、
「ナンバーワンを目指さず、オンリーワンを狙え!」です。

こういう会に参加するモデラーは、一定以上の
レベルの方ばかりなので、少々工作や塗装がうまくても、
まわりの高いレベルの作品に埋没して、印象に残りません。
そういう意味では、単品作品は不利で、
ディオラマのほうが入賞しやすいです。
技術の差がほとんど無いのなら、技術のトップを目指すより、
誰もやってないことをしたほうがいいです。

DSC00047-1.jpg
おじさんが以前金賞をもらったこのディオラマは、1/16です。
とにかくデカければ、それだけでインパクトがあると考えたのです。
ただデカいだけでは、ウリがないので、
OVMの金具をすべて自作しました。

DSC00039-1.jpg

また、次の年、金賞をもらったこの作品は、
見てのとおりヘリコプターが主役です。

両方に共通しているのは、オンリーワンです。
おじさんより技術的にうまい方はいっぱいいますが、
1/16やヘリコプターを作った人はほかにいません。
いやでも目立ちます。
印象に残ります。
そこそこの技術しかなくても、題材やシチュエーションを工夫して、
いかに見る人を楽しませるかということを考えたほうが、
入賞しやすくなると思います。

そういう意味ではミラー大尉もオンリーワンでしたが、
入賞しなかったので説得力無いってか。

ま、模型は趣味ですから、そんなこと考えず、
好きなものを好きに作って、
自分が楽しければそれでいいんですがね。

でも、大尉殿、この2ヶ月間お付き合いできて
大変楽しく、光栄でありました。
ありがとうございました。
大尉殿に敬礼!


スポンサーサイト

Comments

No title
AFVの会お疲れさまでした。「ブログで拝見した作品を作った方だ」と思って声をかけさせていただきました。
今年は去年以上にたくさんの参加者と高いレベルの作品が集まっていてびっくりしました。自分もジオラマ作品を持ち込みましたが埋もれてしまって全然目立ちませんでした。「オンリーワンを狙え!」というお言葉身にしみます。
ヒロナリさんのミラー大尉は十分に入賞の可能性があると思っていましたが本当に紙一重の差という感じがします。今回はあまりお話できませんでしたが来年は会場でゆっくりお話できたらと思います。
こちらこそ
もっとお話したかったです。今年は、僕も名刺を用意していってたくさんの方とお話してきました。初めての方とも同じ話題で盛り上がれるのがこの会のいいところですね。
残念ながら、お顔を憶えていないので、来年見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね。
No title
こんばんは。
レスが遅くなってしまいましたが、
拙BBSにも書き込んでいただきありがとうございました。
コンテストで見る人の関心を引くのには
ナンバーワンよりオンリーワンというお言葉。さすがです。
趣味であるならば
作品を誰かに見てもらって「失敗してるけど、こいつはこれがやりたかったんだなー」と
思ってもらえる物をつくりたいと思います。
もちろん失敗をリカバリーしなければいけませんが。

私はAFVの会に3度目の参加したが、
早く来年の会でヒロナリさんにお会いしたくなりました。
その辺りで鬼が笑っているようですのでこの辺で。
そう言っていただければ
うれしいです。来年、また語り合いましょう。
それまでに、おじさん新作が出来ていればいいんですが。(不安)

コンテストの傾向と対策の補足。
金賞、銀賞はハナッから捨てて、ゲスト賞に絞って狙うのも手です。

AM賞の土居さんは、戦車1両にフィギュア1~2体の、ストーリ-を感じさせるビネットを選ばれる傾向があります。
山田卓司さんは、ニヤッとさせられるような一ひねりきいたもの。
鈴木邦宏さんは、当然ファインモールドの製品。
竹内繁人さんは、技術は足らなくとも、物量とか題材への愛とか、作者の情熱が感じられるもの。
といったように、選ばれる傾向があります。

100点近い作品の中のトップ4を狙うより、個性を生かしてゲストの目にとまるのを狙うのもいいかもしれません。

個人的には、おじさん、AM賞が1番欲しいです。
賞品としては、AM半年分が1番うれしいですから。(笑)
ヒロナリ作戦
入賞をねらって水面下できっちりとした作戦を立てられていたとはさすがヒロナリさんです。
なぜ急にミラー大尉のフィギュアかと思ったんですよ。
それにしても中京AFVの会はレベルが高いですね。
あちこちで見る画像では超絶作品もちらほらで、全体的なレベルが高いように思えます。
とはいえ
それがすぐ入賞に結びつかないのが、難しいところ。
入賞作品は、やはり誰が見ても納得できるものです。
事実、僕が投票した3点中2点は、トップ2になっていますから。
来年もまた、僕なりに挑戦してみます。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。