ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/1高機動車は本物に見えるか? 1

Category: 高機動車  
以前、いつもコメントを下さる宮崎さんが、ご自身のブログ
戦車模型AFVfunで、
「新聞の報道写真のような解像度の悪い写真でも、
本物の戦車は本物に見えるのはなぜだろう、
ディテールを作りこむことに意味があるのだろうか。」
というようなことを書いていらっしゃいました。
それに対して、おじさんは、こうコメントさせていただきました。

なぜ解像度の悪い写真でも、本物は本物に見えるのか。
おじさんは、実物と1/35のサイズの
絶対的な違いにあると考えています。
もしも、Dr.スランプのデカチビ光線銃が実在して、(たとえが古い!)
本物のティーガーを1/35に縮小したら、
それは究極のスケールモデルですよね。
何しろスケールが小さいだけで、すべて本物なんですから。
じゃあ、それを写真に撮ったら本物に見えるかといったら、
やはり、よく出来た模型にしか見えないと思います。
あくまで想像ですが。
人間の目は、写真に写ったものの大きさを、
ちゃんと識別してしまうんじゃないでしょうか。
逆に言えば、実物大で作れば、プロポーションが変でも、
ディテールが間違っていようとも、本物に見えるんじゃないでしょうか。
デカチビ光線銃ティーガーと、プライベート・ライアンの
T34改造ティーガーを比べたら、形の正確さはともかく、
きっとT34改造ティーガーのほうが本物に見えると思います。
これじゃ、どうがんばってもプラモデルじゃ、
本物と見まごうものは作れないという結論になっちゃいますね。
そんなつもりはないんですが、
リアルさの追求を否定するみたいになっちゃて、すんまそん。

と、書いてからしばらくして、あることを思い出しました。
そういえば、俺も実物大の模型?に関わった事があるじゃないか!

画像 062
白いUNカラーに塗られたPKO仕様の陸上自衛隊高機動車!
こいつはいったい何者?
おじさんが作ったの?
答えは、次回の更新のココロだーっ!

スポンサーサイト

Comments

No title
ルパン三世のようなヒロナリさんと謎のクルマ。
次回更新が待ち遠しいです!!
ル、ルパン三世?
などと言われたのは、初めてです(笑)
たぶん足が細いからでしょうが、腕も恥ずかしいくらい細いです。
そのくせ腹だけ出ているので、まるで地獄草子の餓鬼じゃん!

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。