ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも寄り道、グリレを作るぞ 6

Category: グリレH型  
ここまで来て、大事なことに気が付きました。
フェンダーをつける前に、キャタピラを作らなあかんやないの!
キャタピラは、接着組み立て式なので、
フェンダーが無いほうが作業がしやすいに決まっているんだけど、
おじさん、ベルト式と、可動組み立て式しか
作ったことがなかったので、そこまで意識が行ってませんでした。
あれほど、組み立て手順をちゃんと考えなければいけないと
言っておきながら、この始末。とほほほほほ。

まあ、今からでも、やってやれんことはないんで、
気を取り直してやってみましょう。
まずは、起動輪、誘導輪、転輪などを、
後ではずせるよう仮接着します。
接着には、工作用の糊を使ってみました。

画像 215
なぜ後ではずすかというと、ロコ組みにするからです。
知らない人のために。
ロコ組みとは、オーストリアの模型メーカー、
ロコ社の戦車模型のキャタピラのパーツ構成をまねすることです。
ロコ社の戦車は、全長7~8センチと小さいので、キャタピラと
転輪などが一体成型されたひとつのパーツになっています。
これらをひとつのかたまりとして組んで、
後ではずせるようにしておくと、塗装作業がやりやすくなります。
これは、AFVモデラーなら誰でも知ってる超有名モデラー
金子辰也さんが考えた方法です。
分かったかな、I君?
ここんとこテストに出るので、憶えとくよーに。

次に、説明書の指示どうりキャタピラのリンクを
片側96個拾い出します。

画像 213
ドラゴンのマジックトラックは、
ランナーから切り出して成型する手間が省けて、助かります。

ちなみに、キャタピラは、登録商標であり、
アメリカの会社の名前でもあります。
英語では、トラックといい、陸上競技のトラックと同じスペルで、
自動車のトラックとはスペルが違います。
おそらく、つながったベルト状のものを指すのでしょう。
ここも、テストに出るよ、I君!

スポンサーサイト

Comments

キャタピラの塗装
キャタピラとホイールを組んだまま塗るのは
レオパルドで一度やりましたが(すべて完成させてから塗装)、
その後は、外した状態でばかり塗っています。
接着組み立て式の全周を、いくつかのパーツに分割して、塗装してからはめ込むのです。
あとハメできない車輌の場合は
ロコ組みしかないようですね。
ロコ組みにも、いつか挑戦してみます!!
やはり可動式
ブログにアップしてないだけで、ロコ組みは終了してますが、やはり、これでも塗りにくそうです。転輪が4つなのがまだ救いですが、これがパンターやティーガーだったらと思うとゾッとします。
車体、ホイール、可動式キャタピラを別々に塗装し、最後に組み付けるのが、僕にとってはベストの作り方です。
段取りが手間ですが、塗装はしやすいですからね。

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。